レシピ特集 2021.06.04 [fri]

お酒のあてにピッタリ!ヴィーガンおススメ、おつまみレシピ特集

ヴィーガンはお酒を飲まない?いいえ、そんなことはありません。食事には制限のあるヴィーガンですが、アルコールを飲んで食事を楽しんでいる人も多いです。

その証拠に多くのヴィーガンレストランでも、アルコールが提供されています。今日はお酒が好きなヴィーガンのために、お酒にピッタリなおつまみレシピを紹介します。ビールやワインなど、アルコールに合わせたレシピを紹介するので、ぜひお酒にあった料理を作ってみてくださいね。

ヴィーガンでもお酒を飲む人は多い

アルコール, インドア, オクトーバーフェストの無料の写真素材

健康的な食生活であるヴィーガンですが、食事とは別にお酒をたしなむヴィーガンは多いです。そもそもお酒が好きなことから生活習慣病に悩む人は多く、せめて食事を見直してお酒を適度に楽しみたいと考え、ヴィーガンを実践する人も多いのです。まずは、ヴィーガンが好んで飲む人気のお酒について見ていきましょう。

ビールはほぼ植物性でできている

ヴィーガンのなかでもビールを好む人は多いです。特に日本で発売されているビールの多くは、原材料を見る限り動物性のものが使われていることはほとんどありません。主な原料は麦芽とホップと水であるため、ビールはヴィーガンでも安心して飲めるお酒の代表といえます。

ワインならヴィーガン向け商品も多い

ワインの基本的な原料はぶどうです。ただ一般的なワインの場合、動物性物質が不純物を取り除くコラージュとして使われているので、ワインを飲む際はヴィーガン商品を選ぶと良いでしょう。

ワインはお酒の中でもヴィーガン対応商品が多く、一般的なワインと変わらない美味しさが楽しめます。なかにはノンアルコール対応のヴィーガンワインというのもあるので、アルコールに弱い人でも楽しむことができます。

ヴィーガンはワインが飲めない?特別製法のヴィーガンワインを6つ紹介

日本酒も人気

日本酒の主な原料は、米、米麹、水です。そのためヴィーガンでも日本酒は楽しむことができますが、ワイン同様動物由来のゼラチンが使われる場合もあり、種類によっては注意しなくてはなりません。

日本酒は近年海外においても人気があります。そのため日本の酒造メーカーも、ヴィーガン認証を取得した日本酒開発に乗り出していることころです。

焼酎を好むヴィーガンも増えている

数々の種類がある焼酎、その原料は米、麦、芋、黒糖などさまざまです。基本的に植物性の原料しか使われることはないのですが、やはりお酒をろ過する際に動物性食品が使われることもあります。原材料にそれが記載されていることは少ないので判断は難しいのですが、ヴィーガン認証を取得した焼酎も徐々に増えています。

ビールに合うおつまみを紹介

さっそくここからは、お酒に合うヴィーガンのおつまみレシピを紹介します。

まずは定番のビールから。ビールは太る原因として考えられることが多いですが、一緒に食べるおつまみが植物性のヴィーガンレシピなら、極端な肥満につながることはまずありません。健康的にビールを飲むためにも、ここに紹介するレシピを参考にしてください。

お野菜だけでも大満足な味♪ヴィーガン野菜餃子

ビールといえば餃子、という人も多いのではないでしょうか。こちらはニラ・白菜・長ネギをたっぷり入れたヴィーガン対応の餃子です。肉は不使用なのでもちろんヘルシー。そのうえ生姜やにんにくがたっぷりと効いているので、満足感の高い1品です。ビールのおつまみにはもちろん、ごはんのおかずにもピッタリなので、家族みんなで包んで楽しんでください。

材料

  • ニラ    1輪
  • 白菜    1/8個
  • 長ネギ   1本
  • 生姜    20g
  • にんにく  1片
  • ☆塩    1つまみ
  • ☆醤油   小さじ2
  • ☆胡麻油  大さじ1
  • 餃子の皮  30枚
  • 胡麻油   適量

<その他>※2回に分けて使う

  • 小麦粉   大さじ1
  • 水     300cc
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/chinese/42809/

ローズマリー香る・そら豆と新玉ねぎのヒーリングガーリックソテー

そら豆は野菜の中でもビールに合うおつまみとして人気です。こちらは旬のそら豆と新玉ねぎをソテーにした、見た目もオシャレな1品。そら豆と新玉ねぎは一緒に食べることで高血圧や動脈硬化の予防にもなるので、アルコールを摂取するときにおすすめです。にんにくとローズマリーの香りが食欲をそそるイタリアンメニュー。ビールだけでなく、ワインにも合うおすすめの1品ですよ。

材料

  • そら豆      100g
  • 新玉ねぎ     1/2個
  • にんにく     2片
  • ローズマリー(フレッシュ)適量
  • オリーブオイル  適量
  • 輪切り赤唐辛子  少々
  • 粗塩       1つまみ
  • 黒胡椒      少々
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/italian/16755/

揚げない!のり塩ポテト

ビールのお供といえばフライドポテト。しかし一般的なフライドポテトは動物性食用油が使われていることも多く、カロリーも高いことからなかなか食べられません。

しかしこちらのレシピならジャガイモを揚げずに蒸し焼きにしてあるため、余計な添加物やカロリーも含んでいません。ヘルシーかつ、ついつい手が伸びてしまうのり塩味のポテトです。おつまみにはもちろん、お子さまのおやつにしても喜ばれますよ。

材料

  • じゃがいも  2個
  • 薄力粉    大さじ2
  • 菜種油    大さじ2

<トッピング>

  • 青のり    大さじ1
  • 塩      小さじ1/2
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/western-food/83847/

ピリ辛☆大豆ミートを使った具だくさん麻婆豆腐

ビールにはパンチの利いたボリュームのあるおかずが合います。麻婆豆腐はまさにそれを叶えてくれる主食メニュー。豆腐がメインでタンパク質がたっぷり取れる他、にんじん・しめじ・ピーマンなどのお野菜がたっぷり入っているので健康にも良いですよ。

大豆ミートはひき肉にとても似ていて麻婆豆腐に入れても違和感がありません。主食のおかずにはもちろん、ついついビールが進んでしまう1品です。

材料

  • 綿豆腐     1丁
  • 大豆ミート   80g
  • 長ねぎ     10cm位
  • にんにく    1片
  • 人参      3cm分位
  • ピーマン    1個
  • しめじ     1/4株
  • 小松菜     2~3枚
  • 水       200cc
  • 顆粒昆布だし  4g
  • ☆豆板醤    大さじ1
  • ☆味噌     大さじ1/2
  • ☆日本酒    大さじ1
  • ☆きび砂糖   大さじ1
  • 胡麻油     適量
  • 片栗粉     大さじ1
  • 水       大さじ1
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/chinese/23082/

ワインに合うおつまみを紹介

次にワインに合うおつまみレシピを紹介します。ヴィーガンのなかでも好んで飲まれることが多いワインは、やはりイタリアンレシピが似合います。今回紹介するレシピはいずれも簡単に作れるものが多いので、ワインを飲む際にサッと準備ができるのも魅力です。

豆腐のカプレーゼ

ワインに合う前菜といえばカプレーゼ。通常はモッツァレラチーズとトマトがメインになりますが、こちらは豆腐をチーズに見立てて作った、健康的なカプレーゼです。

一般的なチーズよりも塩分やカロリーが少なく、あっさりした味わいはワインのおつまみにピッタリです。塩麴などで漬けた塩豆腐を使っても良いですが、こちらは水分を切った豆腐で作るので、すぐその場で作ることができます。

材料

  • 絹ごし豆腐    150g
  • トマト      1/2個
  • バジル      7枚
  • オリーブスライス 7枚

<ソース>

  • バジルの素    小さじ1
  • オリーブオイル  大さじ3
  • 塩コショウ    適量
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/italian/73922/

かぼちゃとなすのバルサミコソテー

バルサミコ酢があれば簡単におつまみになるメニューの紹介です。

かぼちゃの甘さと茄子のさっぱりとした果肉、そしてバルサミコ酢がよく合う副菜レシピです。時短レシピとしても活用できるので、サッとワインのお供を作りたいときにも便利です。たくさん作ってお酒のあてにするほか、余った分はお弁当などにも活用できますよ。

材料

  • かぼちゃ     70g
  • なす       1本
  • オリーブオイル  大さじ3
  • にんにく     1片

<A>

  • バルサミコ酢   大さじ1
  • 酒        大さじ3
  • 塩        小さじ1/2
  • 砂糖       大さじ1
  • ブラックペッパー 少々
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/western-food/84050/

マッシュルームのパン粉焼き

マッシュルームに、たっぷりオリーブオイルをしみ込ませたパン粉をふりかけて焼いたトースター料理です。ハーブとガーリックが香る簡単イタリアン料理で、ワインのおつまみによく合います。凝縮されたマッシュルームの旨味が感じられる絶品レシピです。もう少しボリュームを出したいときはマッシュルームだけでなく、しめじやエリンギなど他のキノコを加えてもOKです。

材料

  • マッシュルーム   8個
  • パン粉       大さじ1
  • オリーブオイル   大さじ1/2
  • 塩         少々
  • おろしにんにく   少々
  • お好みの乾燥ハーブ 適量
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/western-food/66448/

豆腐キッシュ

フランスを代表する家庭料理にキッシュがあります。トマトをたっぷりと使ったキッシュはワインとの相性が良く、本場フランスでも多くのレストランで提供されています。今回は豆腐でアパレイルの具材を作り、皮つきのじゃがいもで食べ応えのあるキッシュにしました。

ミニトマトを加熱することで旨味成分も広がり、ワインとの相性も抜群です。野菜の美味しさが味わえるキッシュ、パーティーメニューとしてもぜひ活用してください。

材料

<タルト生地>

  • 薄力粉       100g
  • 塩         小さじ1/2
  • オリーブオイル   20g
  • 水         90㏄

<アパレイユ>

  • 豆腐        150g
  • じゃがいも     30g
  • しめじ       30g
  • 小松菜       10g
  • スライスオリーブ  10g
  • 塩         小さじ1/2
  • 粒マスタード    小さじ1
  • オリーブオイル   大さじ1
  • ミニトマト     10個
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/western-food/84160/

焼酎に合うおつまみを紹介

いろいろな味が楽しめる焼酎は、他のお酒に比べて合うおつまみも多いといわれています。そのた自分好みのおつまみを用意しても良いのですが、以下の2品は特に焼酎の相性が良く、ついつい飲む量が増えてしまうかもしれません。

アボカドカップの和風和え

アボカドはどのお酒にもマッチする使い勝手の良い果肉です。今回はアボカドに、茗荷、梅干し、大葉を合わせて和風に仕上げました。ごま油の風味と醤油の香りが相まって、焼酎をはじめとしたお酒のおつまみによく合います。アボカドと各種薬味があれば手軽に作れる便利な1品です。

材料

  • アボカド   1/2個
  • 茗荷     1本
  • 梅干し    1個
  • 大葉     1枚

<調味料>

  • ごま油    小さじ1
  • 醤油     小さじ1
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/japanese/81575/

小松菜と油揚げのサッと炒め

小松菜と油揚げは相性の良い素材として有名です。小松菜の豊富な鉄分は、タンパク質が豊富な油揚げと一緒に取ることでしっかりと摂取できます。また両方ともカルシウムを多く含んでいるので、骨粗しょう症予防にも役立ちます。

今回は中華味のしっかりとした味付けにしたので、焼酎をはじめとしたお酒のおつまみに合います。βカロテン、ビタミンC、E、カルシウム、鉄分といった栄養もたっぷり取れる、健康的なおつまみです。

材料

  • 小松菜      1袋
  • 油揚げ      2枚
  • ごま油      大さじ1
  • ☆中華だし    小さじ1/2
  • ☆昆布めんつゆ  小さじ1
  • 白すりごま    大さじ1
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/japanese/44995/

日本酒に合うおつまみを紹介

日本酒は日本古来の製法で作られた世界的にも人気のあるお酒です。基本的には和食と相性が良いですが、ややしっかめの味付けがされた洋食と楽しんでも美味しいでしょう。

レンジで簡単!揚出し豆腐のさっぱりうま煮

揚げだし豆腐は昔から日本酒やビールにもあうおつまみとして人気です。市販の揚げ出し豆腐を使えばレンジ調理で簡単に作れます。昆布の旨味がしっかり染みているため、日本酒との相性も抜群です。温めても冷めても美味しく、野菜も手軽に摂れる一品なので、ぜひ家飲みのおつまみに活用してくださいね。

材料

  • 揚出し豆腐  240g
  • 大根     100g
  • 塩昆布    5g
  • ねぎ     5g
  • ポン酢    小さじ1
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/japanese/83840/

~焼き鳥風~野菜と厚揚げの串焼き

最後はどのお酒にも相性が良い、焼き鳥風の串焼きを紹介します。メインの焼き鳥の代わりになるのが厚揚げです。通常の鶏肉よりも脂質や糖質はかなり低いので、カロリーを気にすることなくお酒のおつまみとして楽しめます。ネギやスタミナ満点のニンニクの香りが食欲をそそる1品です。香ばしく焼いて、甘辛ダレをかけてお召し上がりください。

材料

  • ネギ      1本
  • しし唐(又はミニピーマン)小1パック
  • にんにく    6片
  • 厚揚げ(小)   1枚
  • 塩       少々
  • サラダ油    適量

<タレ>

  • 醤油      大さじ2
  • きび砂糖    小さじ2
  • みりん     小さじ1
  • 水       小さじ1
  • 片栗粉     1つまみ
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/japanese/11951/

まとめ

レストランでグラスに赤ワインを注ぐ作物の男

ヴィーガンでもお酒を好む人は多いです。今回紹介したレシピの多くはどのお酒とも相性が良く、手軽に作れるものばかりです。また脂質や糖質が控えめなメニューが多いので、ヴィーガンを実践していないお酒好きな人にもおススメです。健康的なおつまみを手作りし、毎日の晩酌にぜひ活用してくださいね。



会員の方だけにお届けする限定レシピ

会員限定レシピをご覧いただくには無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら