ヴィーガンとは?ヴィーガンについて分かりやすく解説します!

 

ヴィーガンという言葉を耳にしたことがないでしょうか?ヴィーガン料理を提供しているレストランやカフェがここ数年で増えてきたように思います。中にはヴィーガンパンケーキやヴィーガンスイーツまで登場。海外のセレブや女優、モデルたちがヴィーガンを生活に取り入れていることがSNSなどで広まり、日本でも美容や健康意識の高い人たちを中心にその独特の食事法が注目されています。今回は、ヴィーガンとは何なのか、ヴィーガンはベジタリアンとは何が違うのか分かりやすく解説していきます。

ヴィーガンという言葉の由来

ヴィーガンとは、1944年イギリスで“The Vegan Society”、すなわち「ヴィーガン協会」が設立されたときに命名されたそうです。Vegetarian(ベジタリアン)の最初の3文字“Veg”と最後の2文字“an”を取った短縮形で、ベジタリアン主義の終わりと新たな主義の始まりという意味を込めて作られた言葉といわれています。

 

ヴィーガンとは?

 

ベジタリアンが菜食主義者であることはご存じかと思います。ではヴィーガンとベジタリアンは何が違うのでしょうか?「どちらも野菜しか食べないなら、同じでしょ?」と思われるかもしれませんが、明確な違いがあります。それは、ヴィーガンは動物性食品すべてを摂らないことです。つまり、お肉やお魚だけでなく、卵やチーズ、バターなどの乳製品、はちみつ、ゼリーなども一切食べません。なぜなら、それらを生み出しているのが鶏や牛などの生き物だからです。ピュア・ベジタリアンとも呼ばれるワケはそこにあるようです。一方、ベジタリアンは同じ菜食主義者でも卵や乳製品は食べています。

■ヴィーガンの食事

それにしても動物性のものを全く口にしないヴィーガンの人たちはどんなものを毎日の食生活で摂っているのでしょうか?まず、穀物はOKなので、主食は米、パン、パスタを食べています。ただし、卵など動物由来の物を含まないもののみです。

お肉の代わりとしては大豆ミート、お豆腐などの大豆製品を摂り、牛乳の代わりとして豆乳やココナッツミルクを飲んでいます。ヴィーガンスイーツなどの植物性デザートなら食べてOKです。白砂糖は骨炭という動物の骨が使われているのでNGとなっており、黒砂糖やメープルシロップなどを使っています。動物性食品の代替え品がいろいろあるので、食べるものに困ることはないようです。

 

ヴィーガンの種類

お肉、お魚、乳製品、はちみつなどを一切口にしない人は基本的に全員がヴィーガンです。ただし、考え方の相違から、いくつかのジャンルに分けることができます。以下は、主な3つの種類です。

1.エシカル・ビーガン(Ethical vegan

食生活だけに限らず、着るものから住まいまで、衣食住のすべてにおいて、動物由来のものを排除するタイプです。Ethicalは「倫理的な・道徳的な」という意味。動物愛護の視点に立ち、動物の命を尊重するので、革の靴やバッグは持たず、毛皮はもちろん、ウールやシルクの衣服などの動物由来のものを避けています。動物性コラーゲンを含む化粧品も使いません、

 

2.ダイエタリー・ビーガン(Dietary vegan)

植物性の食品だけを食べますが、衣類などでは動物性のものについて制限していません。Dietaryが「食の」という意味のように、純粋に食事面だけを実践しているので、革製品や衣服などは動物性のものを使うことに抵抗がないことが特徴です。一般的にいうヴィーガンはこちらのタイプを指します。

 

3.エンバイロメンタル・ビーガン(Environmental vegan

Environmentalは「環境の」という意味ですが、こちらのヴィーガンは畜産業が環境に及ぼす影響を憂慮し、環境保護の立場から動物性食品を避けているタイプです。畜産の中でも、特に牛から排出されるガスも地球温暖化の要因になっていることを問題視しています。

 

ヴィーガンはお肉やお魚をはじめ、動物由来の食品を一切食べないと聞くと、栄養不足の食事法と思いますが、身体に必要な栄養素を植物性のものできちんとバランスよく摂っている姿勢には、飽食気味の現代人は学ぶべきものがあるのではないでしょうか。

 

関連記事