レシピ特集 2021.04.23 [fri]

ヴィーガンも安心できる甘味料 メープルシロップを使ったおすすめレシピ

基本的にヴィーガンは、白砂糖やハチミツを食べることはできません。しかし自然植物由来のメープルシロップなら、ヴィーガンでも安心して食べることができます。

今日はそんなメープルシロップを使った美味しい料理やデザートレシピを紹介します。また、市販のメープルシロップは砂糖が加えられていることもあるので要注意。ここでは安心できるメープルシロップの紹介や、その栄養や美容効果なども紹介します。

メープルシロップとは

メープルシロップ

メープルシロップは、サトウカエデなどの木の樹液を濃縮した甘味料です。主な原産国はカナダであり、国旗のマークにも用いられています。

シロップを抽出するには、樹齢30〜40年くらいの樹木に採取口を取り付けます。メープルの樹木は、夏の間に蓄えたでんぷんを糖分に変え、冬の厳しい寒さに耐えたあと、雪解けの時期だけに糖分をわずかに含んだメープルウォーターを排出します。メープルシロップはその樹液を煮詰めて作った甘味料、まさに自然が作り出す天然の甘さなのです。

メープルシロップの種類

メープルシロップは、採取時期によって種類が分けられています。

メープルシロップの種類特徴
ゴールデン最も色が薄く繊細な味 高級品としても知られる
アンバー琥珀色で、一番スタンダードな商品、お土産にも人気
ダーク濃い琥珀色、やや甘さは控えめ
ベリーダークもっとも風味が芳醇で、甘みは少ない肉・魚料理に向いている

日本で売られているメープルシロップの多くは、琥珀色をしたアンバータイプです。色が濃くなるほど甘味は落ち着くので、使う用途に合わせて購入しましょう。

また主な生産国であるカナダと米国では、メープルシロップの基準を統一させるため、グレードの新基準が2016年より適用されています。これにより現地ではグレードAのみの商品が店頭で販売されています。

実は栄養も豊富

メープルシロップに含まれる栄養は次のようになります。

  • 63種類にもおよぶポリフェノール
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • カリウム
  • マンガン

また、白砂糖やハチミツに比べるとカロリーが1~2割低いのも嬉しいポイント。そのうえで甘味料としては珍しくカルシウムが豊富に含まれています。また、マンガンは白砂糖やハチミツには含まれていない栄養です。これは子供の成長期をサポートする栄養なので、子供が甘いものを欲しがったときはメープルシロップで補うのが良いでしょう。

美容効果も高い

またメープルシロップには女性が喜ぶ美容効果がたくさん含まれています。

アンチエイジング効果豊富なポリフェノールと50種類以上の抗酸化作用により、美肌効果が高い
むくみを改善するカリウムが多いため、体内のナトリウムを排出しむくみ改善をサポートする
ダイエット効果砂糖に比べカロリーが低い。ポリフェノールが多いため炭水化物を糖に変える酵素を阻止する役目もある

メープルシロップは、小腹が空いたときに一口食べるのもおすすめです。カロリーが控えめでありながら満足感が大きく、ミネラルやポリフェノールをしっかりと取れるので、ダイエットや美肌をサポートしてくれます

メープルシロップおすすめ商品は?

日本で売られているメープルシロップは、残念ながら類似品として砂糖が含まれているものが多いです。原材料に「コーンシロップ」と記載されているのは純正ではありません。

反対に「カエデ樹液」「楓糖液」「メープルシロップ」と表記されているのはピュアなメープルシロップです。ヴィーガンはこうした商品を選びましょう。

ちなみにカナダでも人気のある商品は、こちらのオーガニックメープルシロップです。


https://item.rakuten.co.jp/yuukiya0097/767480/

値段も比較的手頃なうえ、芳醇な本物のメープルシロップの味と香りが楽しめます。また公認オーガニック商品を選べば、サトウカエデの原生林の維持管理にも貢献できますよ。

やさしい甘さ メープルシロップを使ったレシピを紹介

ここからは、メープルシロップを使った人気メニューを9選紹介します。メープルシロップといえばデザートメニューを思い浮かべるかもしれませんが、実は甘みを出したいときに料理で使うのもおススメです。

動物性不使用!ヴィーガンプリン

卵も乳製品も使わない、豆乳とメープルシロップを使ったやさしいヴィーガンプリンです。メープルシロップを使うことで、一般的なプリンよりもミネラルやポリフェノールも取ることができます。

また葛粉を入れることで、口当たりの良いとろりとした食感が楽しめます。今回は豆乳ベースですが、にココナッツミルクやアーモンドミルクでも作れるので、お好みのヴィーガンミルクでいろいろアレンジしてみてください。

材料【プリン型5個分】

  • ☆豆乳       250g
  • ☆メープルシロップ 大さじ3
  • ☆粉寒天      小さじ1
  • ☆葛粉       大さじ1
  • ☆水        大さじ1
  • 豆乳(追加用)   250ml

<カラメルソース>

  • ★きび砂糖    50g
  • ★水       大さじ1.5
  • 水(追加用)   大さじ1.5
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/sweets/70722/

揚げない!スイートポテト春巻き

美味しいお芋が手に入ったら、こちらの揚げないスイートポテト春巻きはいかがでしょうか。普通のスイートポテトよりサクサクとした食感が楽しめ、スティック型で食べやすいのでおやつにもぴったりです。メープルシロップを加えることで、おいもの甘みがさらにアップし、つい食べ続けてしまう絶品レシピです。

材料

<スティック春巻き8本分>

  • 春巻きの皮4枚
  • さつまいも     200g
  • ☆シナモンパウダー 適量
  • ☆ピーナッツバター(無糖)大さじ1
  • ☆豆乳       大さじ3
  • ☆メープルシロップ 小さじ2
  • ☆塩        1つまみ

<水溶き小麦粉>

  • 小麦粉     大さじ1
  • 水       大さじ1
  • <仕上げ用>
  • 菜種油     適量
  • 黒いりごま   適量
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/sweets/67438/

もちもち♡南瓜みたらし団子

メープルシロップは和菓子に使うのにもぴったりです。こちらは茹でてつぶしたかぼちゃをベースにして作った、美味しいみたらし団子の紹介です。かぼちゃをベースに作られているので、ビタミン E やカロチンがしっかり取れます。メープルシロップで味付けされた甘さが優しく、おやつにはもちろん、赤ちゃんの離乳食にも活用できますよ。好きなサイズに丸め、お弁当のデザートにしても喜ばれるでしょう。 

材料

  • かぼちゃ  1/4カット

<調味料>

  • 水     大さじ4
  • 砂糖    大さじ1
  • 片栗粉   大さじ3
  • 醤油    大さじ1
  • メープルシロップ 大さじ1
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/sweets/73880/

グラノーラ

こちらは朝食にもおやつにも活用できるグラノーラのレシピです。オートミールをベースにナッツやドライフルーツを加え、栄養たっぷりに仕上がっています。

メープルシロップと、きび砂糖で甘さを加えているので、誰でも食べやすい甘さになっています。オートミールには食物繊維やタンパク質、ミネラルが豊富に含まれているため、血糖値の上昇が穏やかになり成人病予防にも効果的ですよ。朝食にもピッタリなので、普段の食事に飽きている人にもぜひ作ってほしいメニューです。

材料

  • オートミール  200g
  • 植物油     大さじ3
  • きび砂糖    大さじ2
  • メープルシロップ大さじ1
  • 塩       少々
  • ナッツ      60g
  • ドライフルーツ 60g
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/tokina/67398/

おから入り米粉メープルスコーン

こちらはティータイムのお供にもおすすめのスコーンです。メープルシロップをたっぷりと使うことで、口に入れた時に香りと甘さが広がる1品です。

生おからと米粉を使いグルテンフリーに仕上げたこちらのレシピは小麦アレルギーの方や小麦を避けておられる方でも安心してお召し上がり頂けますよ。

材料

  • 生おから       60g
  • 米粉         50g
  • 片栗粉        30g
  • ベーキングパウダー  10g
  • 塩          ひとつまみ
  • オリーブオイル    大さじ3
  • メープルシロップ   45g
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/sweets/14792/

人参のメープル・マスタード和え

ここからはメープルシロップを加えて作れるおかずのレシピを紹介します。

まずは常備菜の定番と言える、キャロットラペ風の人参メニューをご紹介。人参をメープルシロップとマスタードで和え、甘さと辛さが調和した美味しいラペ風に仕上げました。人参は薄くスライスすることで、生のまま食べられます。ビタミンとカロテンがたっぷりのメニュー、副菜や常備菜としてたくさん作ってください。

材料

  • 人参       200g
  • マスタード    小さじ2
  • メープルシロップ 小さじ1/2
  • オリーブオイル  小さじ2
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/tokina/52020/

さつまいもとほうれん草の甘辛煮

甘いおかずとして定番のさつまいもですが、メープルシロップを加えると、さらに食べやすい甘さに変身します。こちらはさつまいもとほうれん草を、メープルシロップと醤油で甘辛く味付けした一品です。コクのあるメープルシロップを使うことにより、冷めてもしっかりとした甘みが感じられます。彩りも豊かになるなので、ぜひお弁当のおかずにも活用してください 。

材料

  • さつまいも    200g
  • ほうれん草    100g
  • オリーブオイル  小さじ2
  • 醤油       小さじ3
  • メープルシロップ 小さじ2
  • 酒        大さじ1/2
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/japanese/62035/

かぼちゃとしめじの甘酢炒め

かぼちゃも甘辛いメニューによく使われる野菜です 。こちらもメープルシロップとしょうゆで味付けをした、程よい甘さが美味しい一皿です。

しっかり味がしみ込んでいるので、これだけでもご飯が何杯も進みますよ。かぼちゃとしめじさえあれば手軽にできる1品なので、おかずにあともう一皿欲しいと言った時にもぴったりです。白いりごまをふりかけることで、風味豊かに仕上がっています。

材料

  • かぼちゃ   260g
  • しめじ    70g
  • 油      大さじ1
  • 水      大さじ1
  • 酢       大さじ1
  • 醤油     大さじ1
  • 酒      大さじ1
  • メープルシロップ小さじ2
  • 白いりごま   小さじ1
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/japanese/63828/

ミニトマトのメープルシロップマリネ

最後はメープルシロップを使って漬け込んだ、程よい甘さのマリネの紹介です。主な材料はミニトマトだけなので、冷蔵庫にミニトマトがあった時に簡単に作ることができます。

メープルシロップと塩、オリーブオイルで漬け込むことで、ちょうど良いあまさとしょっぱさが楽しめるマリネができます。お酢を加えることで傷みにくくもなるので、お弁当にも最適ですよ。 

材料

  • ミニトマト   10個
  • 酢       大さじ1
  • メープルシロップ大さじ1
  • 塩       少々
  • オリーブオイル 小さじ2
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/tokina/52202/

まとめ

インドア, おとこ, お茶の無料の写真素材

メープルシロップはビーガンにとって、ホッとする甘さを与えてくれる甘味料です。デザートで使うイメージが多いですが、実は多くの料理にも使うことができます。

普段の料理にちょっと甘さを加えたい時、てんさい糖でも良いのですが、たまにはメープルシロップも活用してみてください。ミネラル豊富なメープルシロップの甘さは多くの料理にマッチし、素材のうまみも引き上げてくれるでしょう。



会員の方だけにお届けする限定レシピ

会員限定レシピをご覧いただくには無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら