焼きたてのパンを楽しもう ヴィーガンでもOK!おすすめホットサンドレシピ6選

アレルギーに対応したパンは増えており、それにより乳や卵不使用の食パンもスーパーで買えるようになりました。このようなパンはヴィーガンの主食としても活用できて、とても便利ですね。

ただ、毎日焼いて食べるだけでは飽きてしまいます。そこでおススメしたいのが、多くの具を挟んで焼けるホットサンドです。今日は基本的なホットサンドの作り方や、ヴィーガンでも楽しめるホットサンドのレシピについて紹介します。

あると便利なホットサンドメーカー その種類とは

ホットサンドを作る上であると便利なのが、ホットサンドメーカーです。 ホットサンドメーカーは様々な種類がありますが、手軽なものだと1000円台で購入できるので、1台あるととても便利ですよ。まずはこのホットサンドメーカーの種類について見ていきましょう。 

定番の電気式

電気式のホットサンドメーカーはプレートを発熱させるタイプのホットサンドメーカーです。2つのパンを同時に焼けるタイプが多く、電源を入れることですぐ温まるので、昔から定番商品として人気があります。

また電気式の多くはタイマーが付いているので焦げる心配もありません。ガスを使わないぶん安心できるので、子供でも操作しやすいというメリットがあります。

コンパクトな直火式

その一方近年注目されているのが、ガスやIHをあてて使うタイプのホットサンドメーカーです。こちらは1つのパンしか焼けないタイプが多いのですが、軽量でコンパクトなので一人暮らしの人にはぴったりです。電気式のタイプは重くて場所を取りやすいのですが、こちらなら軽く、丸洗いもできるというメリットがあります。コスパを重視したい場合も、直火式の方が良いでしょう。 

ホットサンドの基本的な作り方

ホットサンドメーカーの簡単な使い方は次のようになります。ここでは電気式を例に見ていきましょう。

  1. ホットサンドメーカーのスイッチを入れて温める
  2. 食パンをセットし具材を中心に置き、そのうえからまたパンを乗せる
  3. 蓋を閉めて焼く 
  4. 5分ほど経つと自動的に電源が切れて完成

直火式の場合は、片面ずつ弱火で2分ほど焼きます。具材によって時間を調整した方が良い場合もあるので、30秒を目安に調整しましょう。こんがりと焼きあがったホットサンドは、もちろん焼きたてを食べるのがおススメです。

フライパンでも焼けます!

ホットサンドは、実はホットサンドメーカーがなくてもフライパンがあれば作ることができます。ここでは、ハムとチーズのホットサンドを例に作り方を紹介します。

フライパンで作るホットサンド

材料

  • 8枚切りの食パン    2枚
  • ヴィーガン用ハム   1枚
  • ヴィーガン用チーズ  1枚
  • 豆乳バター      大さじ1
  • ヴィーガンマヨネーズ 大さじ2分の1
  • 黒胡椒お好みで    少々 
  • アルミホイル     適量
  • 重石用のヤカン

作り方

  1. 食パンそれぞれの片面にビーガンマヨネーズ、コショウ、を塗り、ハムとチーズを置いてもう片方の食パンと挟む
  2.  フライパンに豆乳バターを少々溶かし、パンをのせてアルミホイルを被せる
  3. 水を少々入れたヤカンを上にのせ弱火でパンを焼く(フライ返しで押しながら焼いても良い)
  4. パンを裏返して残り半量のバターを加え、同じように焼いて完成

フライパンでホットサンドを作る場合、フライ返しでうえから押し付けたり、ヤカンなどを乗せたりする必要があります。そのため中に入れる具材の量を詰め過ぎないようにしましょう。

焼き立てパンで楽しもう!ヴィーガンOKのホットサンド6選

お待たせしました!ここからはヴィーガンでも楽しめるホットサンドのレシピを6選紹介します。どのホットサンドもボリューム満点で栄養があるので、ぜひ朝食やランチに活用してくださいね。

ビーガンエッグサンド

ホットサンドの代表的な具材といえば卵です。通常ヴィーガンは卵を食べることができませんが、絹ごし豆腐をうまく使うことでヴィーガンでも食べられるビーガンエッグができます。卵の色合いを出すためにカレー粉を使用していますが、このカレー粉がまたサンドイッチにぴったりとマッチするんです!ヴィーガンはもちろん、卵にアレルギーのある人でも安心して食べられるレシピですよ。

材料

  • 食パン(8 枚切り) 4枚
  • トマト       1/2個
  • きゅうり      1/4本 
  • ホールコーン    20g
  • 豆乳マヨネーズ   大さじ3 
  • 豆乳チーズ     適量

<ビーガンエッグ>

  • 絹ごし豆腐    1丁
  • 玉ねぎ      1/4個 
  • 小麦粉      50g 
  • カレー粉     大さじ1 
  • 味噌       小さじ2 
  • 小さじ塩     小さじ1/2     

<その他>

  • 植物油      適量 
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/western-food/50067/

残りカレーでカレーパン風ホットサンド

こちらもホットサンドを代表する定番の具材、余ったカレーで作るホットサンドのレシピです。ヴィーガン用のカレーレシピはここべジネスでもたくさん紹介しています。メイン料理としてたくさん作ったあとは、ぜひホットサンドにリメイクして食べてくださいね。どのカレーレシピでも作ることができますが、水分が多い場合は小麦粉やパン粉を混ぜて水分量を調節してください。 

材料

  • 食パン(8 枚切り)     4枚
  • 残ったカレー      100g
  • 豆乳マヨネーズ     大さじ1
  • 豆乳チーズ       10g
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/western-food/48362/

人参とフムスのホットサンド

フムスとは、ひよこ豆をベースにして作られた中東を代表する高たんぱくな料理です。たくさん作っておけばホットサンドの具材だけでなく、ディップソースやサラダなどにも活用できますよ。高タンパクなうえ、低脂肪なひよこ豆をたっぷりと使っているので、食べ応えはあるのにカロリーは控えめになっています。 

材料

  • 食パン(8枚切り)   4枚

<フムス>

  • ひよこ豆(水煮)   150g
  • 昆布だし+茹で汁   大さじ3
  • にんにく       1/2片
  • レモン汁       大さじ2
  • オリーブオイル    大さじ1
  • 豆乳マーガリン    大さじ1

<にんじんラペ>

  • にんじん       50g
  • 味噌         大さじ1/2
  • 梅肉         大さじ1/2  
  • 粒マスタード     大さじ1/2
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/western-food/48620/

ハンバーグホットサンド

ガッツリとしたサンドイッチを食べたい時に、一番おススメできるのはこちらのハンバーグホットサンドです。パンの間にハンバーグを挟んだボリュームたっぷりの一品。しかしヴィーガン用の豆腐ハンバーグが使われているので、カロリーを気にする方もヘルシーに食べられますよ。今回はホットサンド用にハンバーグを手作りしていますが、夕食で豆腐ハンバーグを作ったときにあまったものがあれば、それを挟んでも美味しいでしょう。

材料

  • 食パン(8 枚切り)  4枚
  • キャベツ       2枚
  • 豆乳マーガリン    15g
  • 粒マスタード     5g
  • 豆乳マヨネーズ    適量

<ハンバーグ>

  • 木綿豆腐       1丁
  • 大豆ミート      50g
  • ☆米粉        大さじ3
  • ☆片栗粉       大さじ1
  • ☆塩         1つまみ
  • ☆こしょう      適量
  • ☆顆粒昆布だし    3g
  • オリーブオイル    適量
  • ケチャップ      大さじ2
  • ソース(動物性不使用)大さじ1
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/western-food/50062/

納豆とチーズのホットサンド

もっと手軽にホットサンドが食べたい!そんな時に時間のかからないレシピとしておススメできるのが、こちらの納豆とチーズのホットサンドです。パンと納豆の組み合わせは一見合わないようにも見えますが、チーズと納豆を組み合わせて焼き上げると濃厚な味わいとなり、ビックリするほど美味しく仕上がります。高たんぱくなレシピなので、体を鍛えたい人にもピッタリのレシピです。

材料

  • 食パン(8 枚切り)     2枚
  • 納豆          1パック
  • しょうゆ        小さじ1
  • 豆乳チーズ       30g
  • 豆乳マヨネーズ     大さじ1
  • 豆乳マーガリン     大さじ1
  • 辛子          適量
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/western-food/48368/

アップルパイ風ホットサンド

ホットサンドは朝食などの主食として食べられることが多いですが、たまにはおやつとして甘いホットサンドもおススメです。

りんごを丸ごと1個使い、きび砂糖を振りかけることで甘いアップルパイのような仕上がりになりました。パイ生地よりもカロリーの低い食パンを使っているので、ダイエット中の人も安心して食べられますよ。リンゴが安く手に入ったら、たくさんフィリングを作って毎日の朝食にも活用してください。

材料

  • 食パン(8 枚切り)     4枚
  • りんご         1個
  • シナモンシュガー    大さじ1
  • きび糖         大さじ1 
  • レモン汁        小さじ1
  • 豆乳バター       20g

<飾り用>※ブレンダーで細かく粉砕する

  • きび糖         大さじ1
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/western-food/48356/

具材に活用!ドライトマトとレーズンのキャロットラペ

ホットサンドに使う中の具材は、基本的には何でも構いません。ただこちらのキャロットラペを多めに作っておけば、毎日のホットサンドに入れる具材を悩むこともありませんよ。これだけ入れても良いですし、大豆ミートなどと一緒に入れてボリュームアップさせるのもおススメです。もちろんこのキャロットラぺ、料理の副菜としてそのまま食べても美味しい1品です。

 材料

  • 人参         1本  
  • ドライトマト     20g  
  • レーズン       20g  
  • ☆白ワインビネガー  大さじ3 
  • ☆きび砂糖      大さじ1 
  • ☆粗塩        1つまみ 
  • ☆EXVオリーブオイル 大さじ1 
詳しい作り方はこちら▼
https://vegeness.com/recipe/tokina/17406/

まとめ

ヴィーガンメニューといえば、やや和食のイメージが強かもしれません。しかし日々のメニューにホットサンドを取り入れられたら、それだけで洋食1のヴィーガンメニューが完成します。

はさむ具材はお好みで何でもアレンジすることが可能です。フライパンがあればホットサンドメーカーがなくても作れるので、朝食やランチにぜひホットサンドを作ってみてくださいね。

関連記事