ファスティング 2022.05.28 [sat]

酵素ドリンクは代用できる!?ファスティングに便利な代用ドリンクを紹介

ファスティングを実践するとき、あると便利なのが酵素ドリンクです。

酵素ドリンクはファスティング中でも飲めるドリンクであり、断食中で栄養が取れない体に最低限の栄養を補給する役割があります。

酵素ドリンクは市販品で多く売られていますが、手作りで代用することもできます。今日は酵素ドリンクを代用するメリットや、手作りで代用できるレシピをいくつかご紹介します。

市販の酵素ドリンクにはメリットとデメリットがある

Free 黒のスパゲッティストラップトップと飲み物をすすりながら身に着けている女性 Stock Photo

酵素ドリンクはネット通販を中心に多様な種類があります。値段は1000円程度で買えるものから2万円ほどするものまで幅広く、初心者にとっては何を基準に選んでよいのか分からないでしょう。そんな市販の酵素ドリンクには、次のようなメリットと、デメリットがあります。

作る手間がない、栄養価も高い

市販の酵素ドリンクには次のようなメリットがあります。

  • 使われている野菜が50種類以上など、多くの栄養がとれる
  • 美味しいものが多く、味の種類も豊富
  • 手作りで発酵させるのは難しいが、購入すると手軽に発酵ドリンクが飲める
  • 健康効果だけでなく美容効果にも期待できる

酵素ドリンクの多くは野菜や果物を発酵・熟成させたドリンクであり、なかなか手作りすることは難しいです。しかも市販品の多くは50種類以上もの材料が使われており、ビタミンやミネラル、鉄分や乳酸菌など、さまざまな栄養をとることができます。作る手間がなく、すぐに飲めるのも、市販の酵素ドリンクのメリットと言えるでしょう。

効き目はない?どれを選べば良いか分からない

しかしその一方で、市販の酵素ドリンクには次のようなデメリットもあります。

  • 飲んでも絶対的な効果があるわけではない
  •  種類が豊富で何を選んで良いのか分からない
  • 砂糖や添加物が加えられている商品もある

実は酵素ドリンクは化学的に証明されたものではなく、飲んだからといって野菜や果物の酵素が確実に取れるわけではありません。そのため、酵素ドリンクさえ飲んでいれば絶対に健康になれる、というわけではないので注意しましょう。

また、とくに値段が手頃な酵素ドリンクには、果糖ブドウ糖液糖といった甘さが加えられているものもあります。これは砂糖よりも血糖値が上昇しやすい糖分なので、ファスティング中に飲むのは控えたいドリンクです。市販の酵素ドリンクを選ぶ際には、原材料に注意して商品を選ぶ必要があります。

酵素ドリンクを代用するメリット

Free ストロベリーシェイク Stock Photo

酵素ドリンクは購入するだけでなく、手作りのスープなどで代用できます。理由に関してはのちに詳しく紹介しますが、酵素ドリンクは普段飲んでいるみそ汁でも代用することができます。ここからは、酵素ドリンクを手作りするメリットについて見ていきましょう。

手作りのほうが安心できる

酵素ドリンクは手作りをした方が、自分に合った原材料を選ぶことができます

 市販の酵素ドリンクには多くの野菜や果物が使われていますが、飲む人のなかには種類によって果物アレルギーを持つ人もいるでしょう。安心安全な酵素ドリンクを選ぶには、自分の体に合う材料を選んで手作りしたほうが良いとも言えます。

そして、多種多様な材料が含まれている酵素ドリンクは、その原材料がどこの国のものなのか、遺伝子組み換えなのか、分からないことも多いです。

酵素ドリンクの中にはしっかりと原産国名が明記されている商品もありますが、使用されている原料が多ければ多いほど、すべての原材料が安心食材なのかは分かりません。ならば自分の目で確かめて食材を購入して作ったほうが安心といえるでしょう。

そもそも酵素ドリンクは科学的根拠がない

酵素ドリンクに関しては昔から多くの議論がありました。結論から言うと、酵素は口から飲むと体内で分解されるわけであり、その酵素の効能が得られるというわけではありません。

それなのに、酵素ドリンクの多くは「飲むことで健康になれる」「アンチエイジング効果が高い」といった表記がされています。酵素ドリンクに関しては安易にこれらの宣伝を信じることはせず、あくまでファスティング中の栄養補給として飲む、と考えたほうが良いでしょう。

基本的に酵素ドリンクは、劇的な健康効果や美容効果には期待できません。そう考えると、手作りのみそ汁やスープで代用しながら、ファスティングを続けるのもおすすめです。

酵素ドリンクの代用になる3種類を紹介

Free 2つの透明なガラスの瓶の横にある青リンゴ Stock Photo

ここからは、市販の酵素ドリンクを代用できる、栄養たっぷりのドリンクを紹介します。酵素ドリンクを代用する方法は、手作りのスムージーを作るほか、普段のお味噌汁や野菜スープで代用することも可能です。 

手作りスムージーを作る

まずは市販品にも負けない、野菜や果物たっぷりのスムージーがおすすめです。生野菜とフルーツを使ってジューサーにかけるだけで、ビタミンたっぷりの酵素ドリンクが完成します。

リンゴと人参の酵素ジュース

材料

  • リンゴ     1個
  • にんじん    1/2本
  • レモン     1/2個

リンゴと人参の酵素ジュース

このほかにも、簡単に手作りできる酵素ドリンクは以下のページでたくさん紹介しています。基本的に好きな野菜と果物をジューサーにかければ完成するので、自分好みの酵素ドリンクを作ってみましょう。

酵素ドリンクの作り方を紹介!安心安全なファスティングを始めよう

みそ汁で代用する

酵素ドリンクはみそ汁でも代用できます。日本人に馴染みの深い味噌汁には栄養がたっぷり含まれており、ファスティング中の体に必要なビタミンやミネラルを届けてくれます。

ファスティングの酵素ドリンクに使う場合は、汁だけを飲みましょう。そして、ファスティングを終えたあとの回復食で食べる場合は、野菜をたっぷり入れたみそ汁を作り、しっかり噛んでゆっくりと食べます。味噌は発酵食品で胃腸にもやさしいので、汁だけを飲めば酵素ドリンクの代用にもなります。

味噌さえあればできる!無理をしない味噌汁ファスティングのやり方

野菜スープでも代用できる

具材が野菜のみのスープなら、酵素ドリンクの代用が可能です。肉や魚などを使ったスープは胃腸に負担が掛かるためNGですが、野菜だけのミネストローネや、ワカメの和風スープのようなものなら、酵素ドリンクや回復食にも大活躍です。

ファスティング中の酵素ドリンクとして飲む場合は、みそ汁同様にスープだけを飲みましょう。ただ、糖質やカロリーの高い油を使った中華スープや、コーンポタージュスープは避けてください。詳しくは以下の記事を参考にしてくださいね。

スープはファスティングの味方!満足感の高いスープレシピを紹介

まとめ

Free シェイクとストローのメイソンジャー Stock Photo

酵素ドリンクは市販品を購入しても良いのですが、値段が高い、どれを選べばよいか分からない、といった場合は、みそ汁やスープなどで代用しても構いません。また、野菜や果物からビタミンをたっぷり摂りたい場合は、手作りのスムージーを準備するとよいでしょう。

一定期間の空腹時間を作るファスティングでは、空腹対策と水分補給が重要になります。ぜひ今日ご紹介した酵素ドリンクの代用レシピを参考にして、無理のないファスティングを続けていきましょう。

会員の方だけにお届けする限定レシピ

会員限定レシピをご覧いただくには無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら