ファスティングは意味ないダイエット!?効果がでないその理由を徹底解説

ダイエット目的で始める人が多いファスティング 。しかし実際にやってみると「思ったより体重が落ちなかった」「リバウンドしてしまった」といった声もあるようです。

またファスティングをネット上で検索してみると「全く意味のない健康方法」といった意見まであります。果たしてファスティングは本当に意味のないものなのでしょうか。今回は、ファスティングによる効果が出ない理由や、正しいファスティングの方法について紹介します。 

ファスティングは「意味ない」という声もある

ファスティングは一時的に食事をとらないという断食方法です。一定期間食事を取らないことにより、胃腸の機能が改善され、腸内環境を整える効果があります。また、断食をすることにより体重の増加を抑えることができ、ダイエットにも役立つでしょう。

しかし、このダイエットに関しては特に「ファスティングは意味ない」といわれることも多いのです。それはなぜなのか、詳しく見ていきましょう。

なかなか体重が落ちない

ファスティングでよくいわれるのが「思ったほど体重が落ちない」といったケースです。例えば3日にも及ぶファスティングの場合、その間固形物を食べることは基本的にないため、さぞや体重が落ちているようにも見えるでしょう。

しかし、ファスティングでは「1日最低でも2リットルの水分を摂る」というルールがあります。しっかりと水分を摂ることにより体内の毒素を排出できるので、痩せたいのなら水分をたくさん摂った方が良いのです。これにより体内の水分量はキープされ、体重自体はあまり減りません。3日間ファスティングをしても、減る体重は人によって違いはありますが、せいぜい1~2キロ程度です。そのため、ファスティングでダイエットをしても、劇的に体重が落ちることは基本的にありません。

リバウンドで太ってしまう

ファスティングは意味がないといわれるもう1つの理由に「リバウンド」があります。断食をした直後は少し痩せるものの、ファスティング期間が終わった後にはまた太ってしまうというケースです。

これはファスティング自体の問題ではなく、断食を終えた後の回復食に問題があります。例えば、断食が終わったからといって肉類、揚げ物類、どんぶりといったハイカロリーなものを食べてしまうとどうなるでしょうか。飢餓状態にある体はそれらの栄養をしっかりと取り込み、ファスティング前よりも太りやすくなってしまうのです。

リバウンドを行さないためには、煮物やサラダ、そばを中心とした主食など、ヴィーガン食を参考にしたレシピを食べることが大切です。

とろろ桜漬けそば

ほのかに桜が香るそばつゆと、長芋のとろろが優しいお蕎麦です。ネバネバ成分ムチンで免疫力アップです。

作り方はこちら→https://vegeness.com/recipe/japanese/17723/

筋肉が減り貧相な体に

そしてファスティングでかなり体重を減らすことができても、筋肉が落ちて貧相な体つきになってしまうこともあります。これは、ファスティング中にたんぱく質を摂らず、筋トレをしなかった結果、体の筋肉が落ちてしまうためです。貧相な体つきにしないためには

  • 肥満体でない場合は、ひと月に2キロまでの減量を目安とする
  • スクワットを中心とした軽い筋トレを行う
  • ファスティング中も豆乳やプロテインでたんぱく質を補う

ということが大切です。貧相な体つきになってしまっては、ファスティングの意味がありません。その大きな原因は過度な断食であることも多く、健康体の人がひと月で5キロも痩せてしまうと、筋肉が削げ落ち、貧相な印象になってしまいます。減量はひと月に2キロまでを目安として、軽い筋トレをして体の筋肉を落とさないようにしましょう。

正しく行い意味のあるファスティングにするには

意味のないファスティングというのは、とにかく食べなければ良いという無謀かつ自己流で行うものです。正しいやり方や食べて良いものを把握して実践しない限り、ファスティングはやっても意味がありません。

せっかくファスティングをするのなら、成果のあるものにしていきましょう。ここからは、正しいファスティングのポイントについて紹介します。

絶食とファスティングは違う

間違ったファスティングをする人の多くは、断食に近いやり方で行っています。ファスティングと断食の違いは次のようになります。

ファスティング 断食
断食中飲んで良いもの 水やお茶

酵素ジュースや豆乳もOK

水のみ
断食中に食べて良いもの 少量のフルーツやナッツ類 なし
断食中に行って良いもの 筋トレ 好きなように過ごす 瞑想や写経など

基本的に運動はしない

断食にもいろいろな方法がありますが、今回はお寺で行われている修行僧のスケジュールを参考にしてみました。

修行での断食はダイエット目的ではなく、精神面を鍛えるために行うことが多いです。それを真似してやっても、途中で挫折してしまうことが多く、結局意味のないファスティングになってしまうでしょう。無理せずファスティングを続けるには、酵素ジュースやナッツ類などを口にし、空腹対策をとることも必要です。

適度に筋トレと運動を取り入れる

ファスティングは運動をしなくても良い健康方法ともいえますが、全く体を動かさないのも問題です。基本的に人が健康でいるためにはせめて歩くことが大切です。理想は1日8000歩ですが、少なくとも5000歩を目指して毎日歩きましょう。歩くことで下半身の筋肉が鍛えられ、貧相な体つきを防ぐことができます。

そして「スクワット」や「踏み台昇降」もおススメです。人の筋肉の7割は下半身についており、これらの運動を取り入れることで基礎代謝が向上し、脂肪がつきにくい体になります。スクワットは1日20回、踏み台昇降なら1日30回でも良いので、積極的に取り入れていきましょう。

ファスティングに「意味ない」は嘘

フィットネス, ジャンプ, 健康, 女性, 女の子, 適合, 陽気です

ファスティングは正しく行うことにより、多くの健康効果を得ることができます。正しく行えば、ひと月に1~2キロのペースで体重を減らすことができるでしょう。

そのため、ダイエットに関しては「短期間に劇的にやせる」というのは少々難しいかもしれません。しかし、これはどのダイエット方法にもいえることです。そもそも「1週間で5キロ以上痩せた」というケースは、もとの体重がよほどある人が多いでしょう。体に無理なく、健康的にダイエットをするためには、ファスティングにおいても無理のない範囲で行うことが大切なのです。

ファスティングには驚くような健康効果がある

ヨガ, 運動, フィットネス, 女性, 健康, 強度, 体, 緩和, スポーツ

そもそもファスティングはダイエット効果より、体を健康的にすることが目的とされています。体重自体が落ちることは少ないとも、体の中では次のような健康効果がもたらされているのです。

  • 免疫力が上がるため病気になりにくい
  • 深い睡眠になる
  • 脳内もデトックスが進むため頭が冴える 
  • 疲れにくくなる
  • 肌がキレイになる
  • お通じが改善される
  • デトックス効果により持病が改善されることも

たった1日のファスティングでこれらを実感することは難しいですが、半日ファスティングでも継続して行うことにより、体が軽くなるのを実感したり、便秘改善につながったりします。続けているうちに「あれ、なんだか調子が良い」というのを実感できるでしょう。また、断食をすることで食費が浮き、料理が楽チンになるのもファスティングのメリットです 。

まとめ

スムージー, ブルーベリー, バナナ, グラナディージャ, チーア種子

ファスティングに意味がないという人は、たいていの場合たった一回のファスティングで終わらしてしまったケースが多いです。

「一度やってみたけれど大して痩せなかった」

「断食は辛いのに思ったほど効果がなかった」など。

1回のファスティングで終わらせてしまっては、確かに効果は少ないでしょう。ファスティングは、無理をせずに継続することで成果が出ます。ダイエット目的で行う人は、まず目先の体重にとらわれることなく、ファスティングによる健康効果を実感することが大切です。無理のない範囲でファスティングを継続することにより、少しずつ体重も減り、意味のあるファスティングに変わっていくはずです。

関連記事