代替品 2021.02.17 [wed]

取り扱い店が急増!スーパーで買える大豆ミートのお惣菜グルメを紹介

ハンバーグやソーセージなど、大豆ミートでできた商品が人気を集めています。有名スーパーでは大豆でできたお肉などを沢山取り扱っており、肉の代わりに大豆ミートを選ぶ人も徐々に増えてきました。

そこで今回注目したのが、大豆ミートでできたお惣菜です。普段何気なく食べているお弁当やサラダでも、大豆ミートで作られている商品が徐々に増えています。今日は、そんな大豆ミートでできた話題のお惣菜を、スーパーを中心とした店舗別に紹介します!

スーパーで開発されている数々の大豆ミート食品

インドア, おいしい, お肉の無料の写真素材

世界で議論されている食糧危機の問題や、日本人の健康志向も相まって、いま肉の代わりに大豆ミートを食べる人が増えています。各スーパーでも独自の大豆ミート開発が進められており、代替え肉の商品化が人気となっています。

各スーパーで進む代替肉商品の一例

  • イオン     植物性の原材料にこだわった「ベジティブ」が誕生
  • イトーヨーカドー 一部店舗で精肉売り場に大豆ミートを販売
  • 無印良品    大豆ミートシリーズのネット販売を開始

各スーパーには大豆ミートでできた加工品が売られているのはもちろん、最近ではお弁当などの惣菜も人気です。昔はヴィーガンやベジタリアンなどの肉を食べない人しか需要がありませんでしたが、最近ではライフスタイルに関係なく、多くの人が代替肉を楽しむようになっています。

なぜ大豆ミートが人気なのか

もともと大豆ミートなどの代替え肉は、欧米で地球温暖化に対するプラントベースフードとして広まりました。このまま人口が増えると畜肉の生産は追いつかなくなり、環境破壊を防ぐために肉よりも大豆を食べよう、という動きが広まったのです。

しかし日本の場合、大豆ミートが普及してきたのは以下のような理由があります。

  • 肉よりもカロリーが少なく、健康に良さそう
  • 技術開発が進み、大豆ミートも肉と同じくらい美味しくなった

もともと健康志向の高い日本人にとって、代替え肉は肉よりも体に良さそうといったイメージが定着しつつあります。昔はヴィーガンなど食にこだわりのある人しか必要とされなかった大豆ミートですが、いまでは多くの人が興味を持ち、その結果スーパーのお惣菜売り場でも商品化されるようになったのです。

スーパーを中心に販売されている大豆ミートのお惣菜

さっそくここからは、スーパーなどで売られている大豆ミートのお惣菜を7選紹介します。どのお惣菜も肉でできたものより、カロリーやコレステロールは控えめです。

ただ商品によっては乳化剤や卵が使われていることもあるので、ヴィーガンの方が購入する際には表示をしっかりチェックしてください。また、紹介している商品は期間限定で売られているものもあり、店舗によってはないこともご了承ください。

イオン 大豆ミートと彩り野菜のサラダ


https://shop.aeon.com/netsuper/01050000031080/010500000310804986858229403.html

イオンのネットスーパーで購入できる大豆ミートのサラダです。

イオンはトップバリュシリーズのなかにベジティブ」というブランドがあり、もともと植物性の原材料にこだわった食材に力をいれてきました。

こちらのサラダはひき肉にみえるものが大豆ミートでできており、植物性たんぱく質をしっかりと取ることができます。またサラダには小サイズもあるので、まずは大豆ミートの味を試してみたい人には小さなサイズから試しみるのもおススメです。

西友「畑で採れたベジバーグ」

FullSizeRender
http://news-act.com/archives/55431011.html

西友では2019年6月にヘルシーをテーマにした総菜を商品化しました。こちらは 「畑で採れたベジバーグ」という、大豆ミートのハンバーグが主食となる1品です。

ブロッコリーをはじめとした付け合わせの野菜もしっかりはいっているため、これ1品でしっかりと栄養が取れます。ごはんはついていないので、おかずとしての惣菜になりますが、自分で主食の量を調節すればダイエットにも役立ちそうですね。西友の惣菜売り場は総菜大改革」を掲げ、2019年から大豆ミートをはじめとする数々のヘルシーなお惣菜の商品開発が進んでいます。

イトーヨーカドー 大豆ミートバーグとチキンの雑穀ご飯弁当


https://mognavi.jp/product/445471

イトーヨーカドーの惣菜売り場には、ハンバーグをはじめとした大豆ミートのお惣菜がいくつかあります。こちらはメインの大豆ミートハンバーグをはじめ、ブロッコリーや人参、赤ピーマン、小松菜などの野菜をふんだんに使い、1/2日分の緑黄色野菜が取れるお弁当になっています。これだけ入ってカロリーは500kcal以下なので、体重が気になる方にもおススメです。

コストコ ヴィーガンボロネーゼ

彩りが良くて食欲をそそる
https://ultimate-setsuko.com/costco-vegan-bolognese/

コストコには動物性食材が一切使われていないヴィーガンボロネーゼが販売されています。一見するとショートパスタにミートソースを絡めた商品に見えますが、肉・魚・卵・乳製品などの動物性食材は一切使われておらず、名前の通りヴィーガンの人でも安心して食べることができます

しかも量はたっぷり1キロ以上入っているので、大人数で分けることもできます。コストコはおからパウダーや乾燥大豆ミートなどの取り扱いも多いので、店舗に行った際はぜひチェックしてみてくださいね。

成城石井 食塩3g以下 大豆ミートのベジタリアンカレー(十六穀米)

https://seijoishiiblog.com/11056/

こちらは大豆ミートを使ったカレープレートのお惣菜です。ごはんには十六穀米を使い、オクラやかぼちゃ、ひよこ豆などたっぷりトッピングされています。そのうえ食塩は3g以下で作られているので、血圧に気を使う人も安心して食べることができますね。

成城石井ではこのほかにも「大豆ミートと塩昆布の焼うどん」や「大豆ミートのメキシカンサラダ」 といった大豆ミートのお惣菜が充実しています。

無印良品 大豆ミートシリーズ

https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/section/S10811

生活雑貨だけでなく、数々のレトルト食品なども手がけている無印良品。そんな無印良品でも、2020年3月から大豆ミートシリーズを販売しています。

レトルト食品として販売されているのは、ハンバーグ、ミートボール、ひき肉タイプ、薄切りタイプの4種類です。ネット販売のほか、一部店舗で店舗で購入可能です。ハンバーグやミートボールは温めるだけですぐに食べられ、ひき肉と薄切りタイプも水戻し不要なので便利です。いずれも常温保存できるので、非常食としてストックしておくのもおススメです。

IKEA プラントボール

イケアのHUVUDROLL/フヴドロル プラントボールの袋が、グリーンの木製の台に置かれている。袋の周囲にはさまざまな食材がある。
https://www.ikea.com/jp/ja/this-is-ikea/sustainable-everyday/the-meatless-meatball-pub879b8290

IKEAは家具だけでなく、レストランで提供されるミートボールが有名です。あの美味しいミートボールに、植物性由来のプラントボールが加入しました。

プラントボールは、エンドウ豆のタンパク質、オート麦、ジャガイモ、リンゴをベースに作られています。動物由来の原材料は一切含まれていないため、ヴィーガンの人も安心して食べることができます。こちらの商品はIKEAのカフェで実際に注文できるほか、テイクアウトや冷凍品もあります。筆者も実際に食べてみましたが、本物のミートボールとの差はほとんど感じず、とても美味しかったです。

まとめ

白いセラミックプレートに野菜とハンバーガー

今日紹介したように、大豆ミートでできたお惣菜はスーパーを中心に増えています。少し前まではハンバーグが中心でしたが、いまではミートボールやカレーなど、美味しそうな種類もどんどん増えています。地球にやさしく体にも良い大豆ミートののお惣菜、お店で見かけた際はぜひその味を確かめてみてくださいね。

こちらの記事も併せてチェック▼

そのまま食べられて健康にも良い!大豆ミートの人気加工品を8選紹介!



会員の方だけにお届けする限定レシピ

会員限定レシピをご覧いただくには無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら