代替品 2021.01.08 [fri]

大豆ミートの定番レシピ!ヘルシーで美味しい唐揚げを作ろう!

大豆ミートで作ることができるレシピはたくさんありますが、なかでも代表的な料理が「唐揚げ」です。もはや国民的人気料理といえる唐揚げですが、それを大豆ミートでも美味しく作ることができます。

しかし、大豆ミートでつくる唐揚げは、しっかりとコツを踏まえて作らないと失敗することもあり、注意が必要です。今日は大豆ミートで作る唐揚げのレシピやそのメリット、作るうえでのポイントなどについて詳しく紹介します。

大豆ミートで作る唐揚げのメリット

ビジネス, ヒヨコマメ, 倫理的な買い物, 再利用可能の無料の写真素材

大豆ミートで作る唐揚げにはメリットがたくさんあります。それを紹介するまえに、まずは、一般的な鶏肉で作る唐揚げについて見てみましょう。

鶏肉で作る唐揚げのデメリット

  • カロリーが高い
  • 市販品はとくに値段が高い
  • 油分や塩分が多い
  • 食べ過ぎると胃がもたれることも

しかし、大豆ミートで作る唐揚げなら、こうした一般的な唐揚げのデメリットをカバーすることができます。大豆ミートならカロリーも低く、余計な塩分や油分も鶏肉に比べると少ないです。それはどういうことなのか、詳しく見ていきましょう。

カロリーが低い!

大豆ミートで作る唐揚げは、動物性食品ではないため余計な油分が含まれず、カロリーが低いです。以下は一般的な唐揚げ100gと、大豆ミートで作る唐揚げのカロリーを比べたものです。

鶏のから揚げ 100g(約3個)大豆ミートの唐揚げ100g(約3個)
237㎉110㎉

調理方法や味付けにもよるものの、大豆でできた唐揚げは一般的なものよりもおよそ半分のカロリーしかありません。

また鶏肉よりも火が通りやすいため、短時間でカラッと揚げることができます。火が通りやすいということは、少量の油でも調理できるため、カロリーも控えめに作ることができます。脂質の取り過ぎや食べ過ぎに気を使う人にとって、大豆ミートからできた唐揚げはありがたい料理といえそうです。

上手に作ればほとんど肉と変わらない!

そして大豆ミートで作る唐揚げが注目されたのは「鶏肉で作る唐揚げと美味しさが変わらない」ということです。作り方を失敗しなければ、どっちが本物の肉か分からないという声もあります。そうした意見はメディアでも多く取り上げられ、実際に本物の鶏肉と大豆ミートで作った唐揚げを食べ比べた結果、見分けがつかなった人もいました。

もちろん、作り方や材料によって味には違いがあります。例えば豆腐から作る唐揚げは大豆の味がしっかりと味わえるため、肉とは違う美味しさが楽しめます。そして肉に近い大豆ミートはどんどん研究開発が進んでおり、肉とほぼ変わらない味が楽しめると話題になっているのです。

栄養価が高い

大豆ミートにはたくさんの栄養が含まれています。

  • コレステロール値ゼロ
  • 食物繊維が豊富
  • 大豆イソフラボンが多く女性ホルモンを安定させる
  • カルシウム、カリウム、鉄分などのミネラルが豊富
  • ビタミンB群が豊富

一般的な鶏のから揚げでも、タンパク質や炭水化物といった栄養は取れます。しかし、含まれている脂質は多く、たくさん食べることでコレステロール値を上げる原因にもなるでしょう。

それに比べ、大豆ミートで作る唐揚げはコレステロールがゼロであり、そのうえ食物繊維や各種ミネラル、ビタミンが豊富に含まれています。もちろん揚げ物なので食べ過ぎるとカロリー過多になりますが、それでも鶏のから揚げよりは脂質が低く、安心して食べることができます。

大豆ミートで作る唐揚げのレシピ

Plate of Karaage fried chicken seen at Rooster Grill bar and Restaurant in Kiev.

さっそくここからは、大豆ミートで作る唐揚げのレシピについて見ていきましょう。ちなみに鶏肉の代替として作る場合は、市販の大豆ミートを使うほかにも、豆腐を利用して作る方法があります。どちらのレシピも美味しいので、両方の作り方について紹介します。

市販の大豆ミートで作る 唐揚げレシピ

  • 乾燥大豆ミート ブロックタイプ 70g
  •                適量
  • 合わせ調味料
  • しょうゆ     大さじ3
  • 料理酒      大さじ1
  • みりん      大さじ1
  • すりおろし生姜  小さじ1
  • すりおろしニンニク小さじ1
  • 薄力粉  50g
  • 揚げ油  適量
  • パセリ  適量

作り方

  1. ボウルに大豆ミートを入れ水を注ぎ、柔らかくなるまで20分ほどひたしておく
  2. 流水で大豆ミートを洗い、水気を軽く絞る。
  3. ボウルに☆の調味料を入れ混ぜ合わせておく
  4. 2を調味料のボールに加え、よく和えたら、ラップをかけ、10分ほど漬け込んでおく。
  5. 汁気を切らずに、薄力粉を入れ、馴染むまで和える。
  6. 鍋底から5cm程の高さまで揚げ油を注ぎ、170℃に温めたら、5をきつね色になるまで揚げて、油切りをする。
  7. パセリを乗せた皿に盛り付けて完成。

市販の大豆ミートは戻し方がポイント

大豆ミートの戻し方は商品によって異なります。ただ基本的には水にひたし、その後よく洗って水けを絞ることが大切です。どの商品も戻し方についてはパッケージに表示されているので、その手順を踏むようにしましょう。

乾燥大豆ミートの戻し方 ポイント

  • 中心に芯が残らないよう、指定時間をかけてしっかりと吸水させる
  • 吸水後はよく洗い、大豆の臭みを取る
  • 水けをしっかりと絞る

また、大豆ミートを唐揚げにするときは、しっかりと下味をつけることも重要です。すりおろしにんにくとショウガは大豆ミートの臭みを消してくれる役割もあるので、ぜひ利用しましょう。

豆腐から作る 唐揚げレシピ

代替肉として唐揚げを作る際は、豆腐を利用するのもおススメです。

材料 2人分

  • 絹ごし豆腐      1丁(350g)
  • 合わせ調味料
  • ☆醤油        大さじ1
  • ☆酒         大さじ1
  • ☆ごま油       小さじ1
  • ☆ショウガすりおろし 小さじ1/2
  • 片栗粉        大さじ3

作り方

  1. 豆腐は冷凍庫に入れて凍らせておく 
  2. 豆腐に熱湯をかけて半解凍させる
  3. 豆腐お好みの大きさにちぎり手で軽く絞っておく
  4. ☆の合わせ調味料を混ぜ、3の豆腐にあえる 
  5. ビニール袋に片栗粉を入れ4を入れてよく揉み込む 
  6. 油できつね色になるまで揚げて完成 

豆腐から作ればコスパも最強!

豆腐で作る唐揚げは包丁で切るよりちぎったほうが、見た目もより唐揚げらしくなります。豆腐を冷凍して半解凍させることにより簡易的な大豆ミートとして使えるので、ぜひお試しください。下味をつける際はスポンジにタレを吸収させるつもりで、しっかりタレを吸収させましょう。

また豆腐を利用した方が値段は安くなります。大豆ミートを利用した唐揚げは、鶏肉を使ったものとあまり値段が変わらないのですが、豆腐の場合はもっと安く利用できるでしょう。豆腐から作る唐揚げは、鶏肉とは違い、大豆のうまみそのものが味わえます。カロリーの低い揚げ物なので、ダイエット中の人にもおススメですよ。

まとめ 大豆ミートで唐揚げを作ろう

Fried shrimp prepared with bok choy, squid ink rice noodles and pureed tofu at Rebel Restaurant on Wednesday, March 21, 2018.

大豆ミートを使った唐揚げには次のようなメリットがあります。

  • 鶏肉よりも栄養が豊富
  • カロリーが控えめ
  • 豆腐を使えばコストパフォーマンスも良い

大豆ミートは多めに戻しておき、下味を付けた状態で冷凍保存もできます。お弁当用にちょっとだけ唐揚げを準備したい、そんなときも冷凍した大豆ミートがあれば簡単に唐揚げが作れますよ。体にやさしい大豆ミートを使い、ぜひ唐揚げづくりに挑戦してみてくださいね。



会員の方だけにお届けする限定レシピ

会員限定レシピをご覧いただくには無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら