代替品 2021.02.05 [fri]

人工肉でできた焼肉が話題!アメリカ進出も果たした「ネクストミーツ」とは

いま世界では大豆ミートをはじめとした代替え肉が話題になっています。代替え肉を牽引する企業としては、バーガーキングで実際に大豆ミートハンバーガーを売っているインポッシブルミートが有名ですが、日本の企業も負けてはいません。

その企業は「地球を終わらせない」をコンセプトにした「ネクストミーツ」です。こちらで商品開発された代替え肉の牛丼やハンバーガーは、実際に楽天やアマゾンで購入することも可能です。今日はメガベンチャーとしての期待も高まるネクストミーツについて詳しく紹介します。

社会問題解決型フードテックベンチャー

NEXT MEATS | 代替肉開発スタートアップ【ネクストミーツ株式会社】人工肉・代替肉・植物肉
https://nextmeats.co.jp/

ネクストミーツは、2020年6月に創業した代替え肉を開発している企業です。「地球を終わらせない」をコンセプトに、社会問題解決型フードテックベンチャーとして活躍しています。

地球環境の悪化と人口爆発による食糧危機への対策として

我々ができることは、食肉を減らすということ。

ネクストミーツ株式会社は、地球の未来をより良くするため

「代替肉・植物肉・人工肉」に着目し、その研究開発を行なっています。

ネクストミーツでは主に大豆を主原料とした大豆ミートを中心に、焼き肉用のフェイクミートや、代替え肉のハンバーガーを商品化しています。ネットから手軽に購入できることや、実際に焼肉店舗を展開することにより、徐々にその知名度は徐々に上がっています。

2021年1月、アメリカに進出

ネクストミーツは会社が設立されてから1年も経たないうちに、アメリカの新興市場へ上場して世間を驚かせました。これはいったん社名を変えて親会社との関係を持つ、といったからくりがあったのですが、いずれは世界進出を狙ったうえでの行動です。

そもそもネクストミーツはロサンゼルスに研究所があり、さまざまな商品開発が進められています。最終的には日本で開発した商品をアメリカで加工し、商品化することが目標です。今後ネクストミーツがさらに成長するかどうかは、アメリカ市場進出が成功するかどうかがカギでしょう。

地球環境を救う企業としても注目されている

ネクストミーツが注目されているのは、地球環境にやさしい食材を提供している、という点です。例えばネクストミーツでは「NEXTバーガー」という植物由来食品のみを使ったハンバーガーがあります。これを作ったのは、肉で作るハンバーガーよりも地球環境にやさしいからです。

肉で作るハンバーガー 地球環境におけるデメリット

・一個作るのには牛を育てる背景があり、約3,000リットルの水が必要

・パティ1個あたり、ガソリン車が約18km走るのに匹敵する温室効果ガスを排出している

・ハンバーガーのために多くの熱帯雨林が消失されている

NEXTバーガーは大豆やひよこ豆をベースにして作られた、植物由来の代替肉商品であり、ヴィーガンでも食べることができます。肉を使わず植物性の食材へ置き換えることにより、大量の節水と90%以上の温室効果ガス削減に貢献できるといわれています。SDGsなど地球環境に多くの関心が寄せられている現在では、ネクストミーツのような環境にやさしい企業が注目されています。

焼肉ライクで人工肉の焼肉が楽しめる

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13225231/dtlphotolst/4/smp2/

都内を中心に展開する「焼肉ライク」は、一人で気軽に入れる焼肉店であり、注目されているのは「大豆を使用した人工肉で焼肉が楽しめる」というところです。

焼肉ライクではネクストミーツが手がける「NEXTカルビ」と「NEXTハラミ」がメニューに用意されています。実際に食べた人の声は「肉として違和感がない」「感激した」とかなり好評です。日本ではまだまだ珍しい人工肉を提供している焼肉店、お店に行った際はぜひ本物の肉と人工肉を食べ比べてください。

ネクストミーツが手がける代替肉商品

ここからは ネクストミーツから出されている商品を紹介します。 NEXT ミーツの商品は基本的に植物由来のみの食材でできています。またパームオイルや、牛骨炭を用いた白砂糖も使用しておらず、工場の生産ラインでも動物性の原料は扱っていません。そのためヴィーガンの人も安心して食べることができます。

ネクストハンバーグ1.0

NEXT ハンバーグ 1.0https://www.makuake.com/project/nextmeats2/

ネクストハンバーグ1.0は、大豆、エンドウ、ひよこ豆から作られた大豆ミートのハンバーグです。大豆ミートのハンバーグは他社製品も色々あるのですが、大豆のみで作ると肉らしい食感はなかなか出すことができません。

しかしこちらの NEXT ハンバーグ1.0は、えんどう豆とひよこ豆をバランスよく取り入れることにより、肉の質感をより近いものに成功させています。低脂肪かつコレステロールゼロのハンバーグなので、健康志向の人からも支持されています。

NEXTバーガー2.0

本気で美味しい代替肉 『ネクストバーガー2.0』https://shop.nextmeats.jp/products/burger

ハンバーガーは食べたいけれど、カロリーや糖質が気になって食べられない、という人も多いのではないでしょうか。

そんな悩みを解決してくれるのはこちらのネクストバーガー2.0です。パンに挟まれているパティは、エンドウ豆と大豆たんぱくを絶妙に組み合わせて作った代替肉です。一般的な大豆ミートとは違い、パティには程よい弾力がついて、リアルな肉の触感を感じることができます。付属品のオリジナルソースがさらにうまみをアップさせています。見た目もオシャレなので、ベジタリアンやヴィーガンの人にプレゼントするのもおすすめですよ。

NEXT牛丼1.2

ビックリする旨さ! 『ネクスト牛丼1.2』https://shop.nextmeats.jp/products/gyudon?variant=36200252473501

ネクストミーツでは世界で初めて牛丼用のフェイクミートを商品化しました。日本ではもはやお馴染みとなっている牛丼ですが、食べ過ぎるとカロリーや脂質が気になりますよね。

しかしこちらのネクスト牛丼1.2なら、プラントベースでできているためカロリーは低く、夜食で食べても罪悪感はありません。しかもレトルト食品なので、湯煎で5分ほど温めてごはんのうえにかければ、あっという間に美味しい牛丼が完成します。代替え肉を使っているものの、味は本物の牛丼と変わらないと好評です。

焼き肉用フェイクミート カルビ 1.1 ハラミ 1.1

世界初となる焼肉用フェイクミート 『カルビ1.1』&『ハラミ1.1』https://shop.nextmeats.jp/products/nextyakinikukalbi?variant=35960030003357

ネクストミーツでは 「NEXT 焼肉」というシリーズを展開しています。これまで カルビ 1.1とハラミ 1.1が販売されており、見た目も味も本物の焼肉と変わらない、と好評です。

これらの肉は上記で紹介した「焼肉ライク」の店舗で楽しめるほか、通販で購入することも可能です。味は本物の肉とほとんど変わらないのに、一般的な焼肉に比べ脂質は半分以下、タンパク質は約2倍とうれしい栄養価があります。そのためダイエット中の人はもちろん、タンパク質をしっかりと取りたい子供やアスリートの方にも人気です。

まとめ ヴィーガンでも焼肉が食べられる時代がやってきた

「肉だけのBBQ」の写真

ネクストミーツは、アメリカのビヨンドミートやインポッシブルフーズと比べるとまだまだ時価総額規模は小さく、知名度も低いかもしれません。しかし日本で初めてプラントベースとの焼肉や牛丼を開発し、その美味しさもあって多くのメディアでも取り上げられています。

とくに大豆ミートでできた焼肉は好評であり、ヴィーガンでも食べられと話題です。興味のある方はぜひネクストミーツの通販や焼肉ライクでその味を確かめ、これまでにない人工肉を生活に取り入れてみてはどうでしょうか。