代替品

【厳選6種】マルコメの大豆ミートは美味しい?マルコメ大豆ミートを徹底紹介!

大豆ミートの種類は様々ありますが、国産大豆ミートを代表するメーカーの1つにマルコメがあります。

マルコメといえば味噌のイメージがありますが、大豆に特化したメーカーだけあって、大豆ミートにおける商品開発技術も優れています。今回はマルコメの大豆ミートにおける商品を紹介し、そのメリットや特徴などについても解説します。

マルコメの大豆ミートとは

マルコメからは「大豆ラボ」というシリーズで各種大豆ミート商品が販売されています。

マルコメの大豆ミートは大豆の油分を搾油して加熱加圧・高温乾燥させたものです。まずはマルコメとはどのような会社なのか、大豆ラボシリーズとはどのような商品なのか、詳しく見ていきましょう。

味噌、醤油醸造で有名な会社

ヨドバシ.com - マルコメ マルコメ マルコメ君 合わせみそ 750g [だし入り] 通販【全品無料配達】

マルコメは長野県長野市安茂里に本社のある、味噌を中心とする食品メーカーです。創業は1854年、安政元年から味噌や醤油の製造を開始し、現在に至ります。

いまでは当たり前になっている「出汁入り味噌」や「フリーズドライみそ汁」などを開発したのもマルコメです。現在ではロサンゼルスにも工場を作り、国内外において味噌の販売開発にあたっています。

ちなみにマルコメといえば、坊主頭の子供が出ていたCMが有名です。通称マルコメ君CMは昭和52年からはじまり、平成2年の14代目まで続きました。現在ではもう放送されていないのがちょっと残念ですね。

2015年に大豆ミートを販売

マルコメは2015年3月より、新ブランドである「ダイズラボ」を開設しました。飽食になった現代において、脂質や糖質、カロリーや栄養バランスに問題を抱える方は多いです。それに伴い、マルコメはお肉の代用品として大豆ラボシリーズを商品化しました。大豆ラボはいわゆる大豆ミートのことであり、肉と比較するとカロリーやコレステロールが低いうえ、食物繊維を含み高たんぱくという特徴があります。

マルコメ大豆ラボシリーズとは

マルコメの大豆ラボシリーズは大きく分けて3種類あります。

大豆のお肉シリーズ:いわゆる大豆ミート。水戻し不要タイプなどもある

大豆のお肉でヘルシー:マーボー豆腐や回鍋肉など、野菜と混ぜるだけで完成する総菜タイプ

大豆粉:大豆を丸ごと粉末にした大豆粉。グルテンフリーで小麦粉の代わりに使える

基本的に大豆ラボシリーズは、定番の乾燥タイプや、調理に使いやすいレトルトパックもあります。大豆ミートの多くは水で戻す必要がありますが、レトルトパックの大豆ラボなら、湯戻しや下味の手間がない商品もあります。自分好みの味付けをしたい場合は乾燥タイプを、水で戻すのが面倒な方は、レトルトタイプを選びましょう。

マルコメの大豆ミート 種類と口コミを紹介

ここからは、マルコメが販売している大豆ミートの種類と、実際に購入した方の口コミを紹介します。ヘルシーに調理したいときは「大豆ミート」、急いで調理したいときは「野菜と炒めるだけシリーズ」を選ぶなど、シーンに合わせて使い分けていくと良いでしょう。

マルコメ ダイズラボ 大豆のお肉 【大豆ミート】 乾燥ミンチ 100g


マルコメ ダイズラボ 大豆のお肉 【大豆ミート】 乾燥ミンチ 100g

こちらは乾燥ミンチタイプの大豆ミートです。水戻し不要のレトルトタイプもありますが、こちらのミンチタイプは乾燥大豆ミートで水分を加える必要があります。

ただ、細かいタイプなので汁気を吸いやすく、ほぼ戻す手間はありません。大豆ラボのなかでも売れ行きが高く、口コミはおおむね好評化が目立ちます。

購入者の口コミ

  • これを知らされずに食べると、キーマカレーも、麻婆豆腐も、当然ミンチを使っているかのように違和感なく食べることができます。
  • この大豆のお肉を買って料理したところ、まるでお肉でした。大豆のお肉ダイエットで成功したので、リピート購入してます。
  • デミグラスソースで煮込んだら味と食感が思っていた以上にハンバーグそのものでびっくりしました。
  • 食感は粗挽きのハンバーグといった感じでかなり食べごたえがあり、満足感が高いです。

マルコメ ダイズラボ 大豆のお肉 【大豆ミート】 乾燥ブロック 90g


マルコメ ダイズラボ 大豆のお肉 【大豆ミート】 乾燥ブロック 90g

肉料理の定番メニューで使えるのが、こちらのブロックタイプです。から揚げ・酢豚・カレーなど、1袋あればいろいろな料理に使えるのでとっても便利です。口コミでは味に関して賛否があるようですが、ダイエットの観点や、健康面を考慮した方からは、高評価を得ています。

購入者の口コミ

  • お湯で戻す時にポークエキスやチキンコンソメを加えると、ホントにお肉らしい味になるのでおススメです。
  • 歯ごたえと見た目は肉に近いかも知れませんが、味と香りがちょっと残念かなあ。
  • カレーにさり気なく入れたら、それを食べた家族が、この鶏肉美味しい!って言って食べてました。しかし私個人の感想は独特な後味がすると思います。

マルコメ ダイズラボ 大豆のお肉レトルト フィレ


マルコメ ダイズラボ 大豆のお肉レトルト フィレ

見た目もお肉そっくりで、湯戻しや水切りなしでそのまま使えるレトルトタイプです。湯戻しの手間を掛けたくない方にはおススメの商品です。食べやすい大きさになっているので、炒め物にサッと加えることもできます。

こちらも、美味しいという意見と、大豆の香りが強いといった意見に分かれています。ただ、ハマっている人も多く、リピーターとして購入している方が多数いらっしゃいました。

購入者の口コミ

  • 気軽に タンパク質が、取れます。味は、お好みの味付けで。レパートリーも、広がります。常備品として購入しています。
  • 歯ざわり・舌触りはかなり頑張っているとは思いますが、香りや味は完全に大豆です。
  • これは肉です。言われても全然わかりません。
created by Rinker
マルコメ
¥660 (2022/12/09 18:56:11時点 Amazon調べ-詳細)

マルコメ ダイズラボ 【大豆ミート】 野菜と炒めるだけシリーズ


マルコメ ダイズラボ 【大豆ミート】 野菜と炒めるだけシリーズ

野菜と炒めるだけシリーズは、回鍋肉、麻婆茄子、きのこのキーマカレー、ガパオライス、タコライスの全部で5種類。ストックしておけばいざというときのメニューとしてとっても役立ちます。家にある野菜と炒めるだけで立派な1品ができます。

口コミでは、あらかじめ大豆ミートに味付けがしてあるので、こちらの商品のほうが大豆の香りが軽減されている、という意見も見られました。

購入者の口コミ

  • 今回この商品を試してみて、レトルトでこんなに臭みが気にならないのかと驚きました。
  • リニューアル前のものは大豆ミートが酢水に浸かっていて若干の匂いと味が残ったが、新しいものはそれがない。
  • 回鍋肉のみ食べましたが、ちょっと辛いかな。

マルコメ 大豆のお肉 バーガーパティ


マルコメ 大豆のお肉 バーガーパティ

こちらは大豆のお肉で作られたハンバーガーの中に挟むパティです。本物の肉と変わらない食感が楽しめるうえ、ボリュームも満点。健康に気を使いながらもハンバーガーが食べたい人にぴったりでしょう。

Amazonで購入できますが、以前までは主にコストコで販売されているため、ネット通販ではまだ口コミは見当たりません。 10個入りと大容量なので、ハンバーガー以外にもハンバーグとしてそのまま食べたり、ごはんに添えてロコモコ丼などにするのもおすすめです。

マルコメ ダイズラボ 大豆粉

マルコメ ダイズラボ 大豆粉

国産の大豆を丸ごと粉にした大豆粉です。小麦粉に比べると糖質はおよそ70%オフ。その上食物繊維やタンパク質が豊富なので、健康に気を使う方にオススメです。またグルテンフリー対応なので、小麦粉アレルギーがある方にも人気です。口コミではさまざまな使い方用途が紹介され、リピーターも多いです。 

購入者の口コミ

  • お好み焼きに使用していますが、見た目はパサつき感があるものの、卵や山芋でつなぐといい感じになります
  • 微粉末なので、小麦粉や片栗粉の代用に便利です。
  • 大豆粉とおからパウダーは別物なのでご注意を
created by Rinker
マルコメ
¥1,064 (2022/12/09 18:56:13時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

burger on plate

マルコメから販売されている大豆ミートは、種類も多く、味のレパートリーや調理に合わせて商品を選ぶことができます。また乾燥大豆ミートの場合はヴィーガンにも対応しており、安心素材を探している人にもピッタリです。

そして、ほとんどの商品には、パッケージ裏に調理方法が書かれているのもポイントです。初心者の方でも使いやすいので、ぜひ大豆ラボシリーズを見かけた際には大豆ミート料理に挑戦してみてください。

乾燥大豆ミートの使い方 これさえ覚えておけば大豆ミートは簡単!

ベルタ酵素ドリンク

会員の方だけにお届けする限定レシピ

会員限定レシピをご覧いただくには無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら