ビヨンセも痩せた!ヴィーガン食を取り入れたダイエットを紹介

 

画像引用元:https://www.pinterest.ie/pin/506936501776976262

ビヨンセがチャレンジしたことで話題になったヴィーガンダイエット。彼女は22日間という短期間でマイナス30kgという驚異的な記録を出しました。ヴィーガンダイエットは、動物性の食べ物を一切摂らないダイエット法です。その食生活を22日間続けたことで今のようなボディを手に入れたビヨンセ。ビヨンセの最近の写真を見ても確かにスリムに美しく痩せられています。そこで、今回はビヨンセが取り入れたヴィーガンダイエットを紹介すると共に、一般的なヴィーガンダイエットのやり方を解説します。

ビヨンセが取り入れたヴィーガンダイエットとは

ビヨンセは2012年に第一子を出産後さまざまなダイエットを試してみたもののどれもハードな内容で続かず、翌年には夫ジェイ・Zと一緒に「22デイズ・ニュートリション」というヴィーガンダイエットのプログラムに挑戦し、22日間という短期間で30kgの減量に大成功しました。2018年には、アメリカ最大の野外フェス“コーチェラ”に向けて、前回の倍の長さ、44日間のヴィーガンダイエットを始めました。ダンスエクササイズも加え、コーチェラ当日は抜群のプロポーションでステージに登場し注目されました。

ビヨンセが利用した「22 デイズ・ニュートリション」はヴィーガン用のデリバリーサービスです。

 

このヴィーガン食の食事のルールは、以下の通り。

  1. 動物性食品は摂らない
  2. 植物性食品でも加工品はNG
  3. 食物繊維、プロテイン、脂肪を8:1:1の割合で摂る
  4. グルテン・フリー
  5. なるべくオーガニックの食材を選ぶ
  6. 水をたくさん飲む

 

プログラムの公式食事メニューの一例を挙げると、

朝食に葉野菜、プロテイン、アーモンドミルク、ブルーベリーなどのスムージー、昼食にコールスロー、小さめの焼き芋など、夕食にかぼちゃカレー、蒸し野菜、おやつにダークチョコレートといった感じです。

■ヴィーガンダイエットのメリット

1.健康・美容面でプラス効果

野菜やくだもの、海藻などデトックス効果が高い食材を多く摂るため、腸内環境が改善され、健康にも美容にも効果的です。

2.体脂肪の軽減、コレステロール低下などの効果

低脂肪、低カロリーの食生活になるため、生活習慣病の予防につながります。

3.摂取カロリーをコントロールしやすい

動物性食材の代わりに豆腐などの豆製品で料理を作るため、摂取カロリーを必然的に抑えられます。

4.体臭が少なくなる

ヴィーガンでは動物性タンパク質を摂取しないので、体臭が軽減されます。

 

■ヴィーガンダイエットの正しいやり方とは

1.動物性食材を摂らない⇒代替え食品に置き換え

肉類や魚類だけでなく、食材の生産過程で動物が関わるものをすべてカットします。

ただし、栄養不足にならないように、豆製品・ナッツ類、豆乳など動物性食材の代替品で置き換えます。

2.精製された糖質はNG

本来自然界に存在しない精製された糖質は、身体にも不自然な食品であり、肥満や糖尿などにつながるリスクがあります。精製された糖質とは、白砂糖、精白された穀物、精白された穀物から作られるパスタやパンなどです。これらの食材の代わりとして、メープルシロップ、玄米、全粒粉のパンなどを摂ります。

3.水分の補給

1日に1~2リットルの水分を補給することを心がけましょう。

 

以上のルールを守ると、野菜、穀物、豆類、豆製品、果物、きのこ、海藻類といった食材が中心のメニューになります。食物繊維を多く摂取すること、主食を摂ること、調味料で味付けを工夫することで満足感が得られます。

※ヴィーガンで使える調味料とは

オリーブオイル、ゴマ油、みそ、しょうゆ、みりん、自然塩、塩麹、酢、動物性不使用の中華だしや野菜ブイヨン 豆乳マヨネーズなど(いずれも添加物の入っていないもの)

 

 

ヴィーガンダイエットでは、特定の食品しか摂らなかったり、ヴィーガン食のルールを守っていても食事の全体量が多すぎたりすると、逆効果となる可能性もあります。

初心者がヴィーガンを行う場合は

①期間を決めて行うこと
②栄養不足にならないように気をつけること
③できる範囲で行うこと

を心がけましょう。また、ヴィーガンダイエットを始めてから体調を崩したり、ストレスを感じたりする場合は無理に続けずに、他のダイエット法を考えてみることも大切です。

 

関連記事