ファスティングでダイエットは嘘!健康面にデメリットだらけなので要注意

ファスティングは「痩せられる」といったイメージが強いですが、本当にそうでしょうか。確かに食事を抜いて摂取カロリーを減らせば人は痩せられますが、そこには大きな落とし穴が潜んでいます。

はっきり言って、ファスティングで痩せるのは嘘です。それでも痩せる情報が回っているのは、一種のからくりがあるのです。ここではダイエットの方法にファスティングを選ぶことの恐ろしさと、健康的に痩せたい人のためのダイエット方法をご紹介します。

ファスティングで健康的なダイエットができるのは嘘!医学的な根拠も薄い

結論からいうと、ファスティングで健康的なダイエットができるのは嘘です。ファスティングはいわゆる断食であり、次の4つの目的のために昔から行われてきました。

  1. 体に溜まった毒素を解毒するため
  2. 働きっぱなしの内臓を休ませるため
  3. 味覚や嗅覚を研ぎ澄ますため
  4. 精神修行として空腹を体感するため

そもそもファスティングは、宗教的な儀式や、僧侶が行う厳しい修行の一環として行われてきました。欧米では「メスを使わない手術」や「ファスティングで治らない病気はない」といった言い伝えもあります。

しかし古来から伝わる断食で「痩せるため」と提唱している人はいません。ファスティングを行うことで内臓が休まるメリットはあるものの、そもそもダイエットのために行う行為ではないのです。

それがいつの間にかファスティングは「食べないことで強制的に痩せられる行為」として、世界中で流行っています。

日本では「16時間ダイエット」のやり方が有名です。これは16時間の空腹時間を持つことで摂取カロリーを減らし、ダイエット効果を狙うものです。しかし実際に行った人全員が痩せられることはなく、むしろ太りやすくリバウンドしやすい体になってしまう人が後を絶ちません

ファスティングダイエットに失敗した人の結果がやばい・・・

ファスティングはダイエットに成功した声がある一方、同じくらい失敗したとの意見もあります。ここからは、ファスティングダイエットをした結果恐ろしいことになった人の口コミを紹介します。

ケース1:リバウンドしやすい体になってしまった

ファスティングダイエットをすると、一時的には痩せるものの、その後リバウンドを起こしやすい体になります。

ファスティングでリバウンドを起こす3つの理由

  1. 摂取カロリーが急激に減ると身体が省エネモードになり、脂肪をため込みやすくなる
  2. ファスティングを終えあたとにドカ食いしている
  3. 筋力が低下し太りやすい体になっている

ファスティングをすると栄養が少なくなった身体が危険信号を出し、少量の食事でも生きていけるよう省エネモードに切り替わります。これにより、例えば普段であればチョコレート1かけの場合は太らないものの、省エネモードになった身体はそのチョコを必要な栄養としてしっかり体に吸収してしまうため、たった1かけのチョコでも脂肪がつきやすくなるのです。つまり、ファスティングをすると一時的には痩せるものの、その後太りやすい体になってしまいます。

また、厳しいファスティングのあとはその開放感から、失らず知らずのうちにドカ食いしてしまう人も多いです。普段と同じ昼食をとっても、その後おやつを多めにとっているケースもあります。

そして、食事を採らない行為は身体の筋肉量も減らします。筋力はダイエットに必要不可欠であり、筋力が減ると基礎代謝が落ちて少量の食事でも太りやすくなります。こうしたことから、ファスティングダイエットはリバウンドしやすく、太りやすい体に直結してしまうのです。

ケース2:胃腸の力が弱くなり栄養摂取がうまくできなくなった

ファスティングは胃腸を休ませるのに効果的ですが、継続して行うと胃腸機能が衰え、栄養摂取がうまくいかなくなることもあります。

ファスティングによって起きる栄養不足4つの例

  1. ビタミン、ミネラル不足の影響により肌荒れが起こる
  2. 腸内環境が乱れ、下痢や便秘が起きるケースも
  3. 糖分が不足し頭や身体が働かなくなる
  4. 水分不足が起こり、ふらつきや吐き気を起こすことも

ファスティングでは水分をとることが大事ですが、こまめに水分をとると喉の渇きを感じにくいため、いつの間にか水分不足に陥るケースも多いです。その結果栄養不足のみでなく、水分が足りないことでふらつきやめまい、吐き気を催して日常生活に支障が出ることもあります。健康で楽しい生活を送るにはほど遠いダイエットと言えるでしょう。

ケース3:辛くて結局続かないから意味ないダイエットになった


https://twitter.com/monjirou_FX/status/1520987129056092160

ファスティングは少なくとも1日1食を我慢する行為です。なかには丸一日水分だけで過ごす人もおり、常に食欲を我慢しなくてはなりません。

しかも現代は食に関する情報があふれており、以下のような理由で食べるのを我慢するのは非常に難しいのです。

現代人が食欲を我慢できない4つの理由

  1. テレビやスマホなど、常に食べ物の情報が入ってしまう
  2. 周りに食事をする人がいて、付き合いなど断れないケースもある
  3. ストレスが原因で食欲を抑えられない
  4. おいしいものの食べすぎで、糖質依存になっている人も多い

昔は宗教上の理由などで断食をする人も多く、スムーズにできたのは「周りの誘惑がなかったから」と言われています。しかし現代では食べ物に関する情報が溢れており、ストレスも溜まることから余計に食欲を抑えられないのです。

また、食品メーカーの多くは消費者にリピート買いをしてもらうため、より美味しくて糖質の多いものが製造されています。清涼飲料水などが代表的な例で、一度クセになるとそのドリンクなしではストレスを抱えてしまい、知らない間に糖質依存になってる人もいます。

このような観点から、ファスティングは現代人にとってまず続かないダイエットなのです。

 短期間なら胃腸を休められるメリットもある

ファスティングはダイエット目的で行うと、リバウンドを起こし、太りやすい体になってしまいます。しかし、次の条件に当てはまる場合は、ファスティングをすることで胃腸を休ませるメリットがあります。

  • 前日に食べ過ぎ、飲みすぎでお腹が張っている人
  • 普段から食べすぎており、BMI25以上の肥満に当たる人

例えば夜遅くにラーメンを食べてしまったようなケースは、翌日の朝食を抜くことで胃腸の過剰な働きを抑え、体に溜まった老廃物や毒素を排泄する働きをサポートします。

また、普段から食事を摂りすぎてBMIが25以上ある人も、一時的にファスティングをすることで食生活の改善や味覚のリセットにつながり、適度な食事の量を見直すきっかけになるでしょう。

ちなみにBMIの計算方法は 体重kg ÷ (身長m)2です。身長158センチの場合では、体重62.4㎏がBMI25となります。肥満でお悩みの方はファスティングに挑戦するのも良いですが、次に紹介する医療ダイエットに挑戦してみましょう。

ファスティングよりも医療ダイエットのほうが健康的に痩せやすい

ファスティングは、普段から食べすぎている人は胃腸を休めることができ、過剰な糖質摂取を防ぐメリットもあります。

しかし現代人にとってのダイエット方法としてはストレスが多く、リバウンドも起こしやすいことから推奨できるものではありません。

医療が発展している現在、ストレスのたまらないダイエット方法として「医療ダイエット」が注目されています。

医療ダイエットの特徴

  • 高いダイエット効果がある
  • 無理な食事制限やハードな運動は必要ない
  • 脂肪吸引など、体にメスを入れるような手術は不要
  • 医師監修のもと、安心安全なダイエット施術を受けられる
  • リバウンドのリスクがほとんどない

医療ダイエットは、専門知識を持った医師が安全なダイエットを患者に指導する方法です。

なかでもクリニックフォアが行うメディカルダイエットは、実績件数49万件以上、これまで肥満に悩んできた多くの患者さんを救ってきたクリニックです。

クリニックフォアのメディカルダイエットの特徴

  • 内服薬や漢方薬、注射薬などダイエットのプランが豊富
  • これまでダイエットに失敗してきた人ほど成功しやすい
  • お腹周りをへこませたいなど、部分痩せも可能
  • オンライン診療が可能でクリニックに足を運ぶ必要がない
  • 必要な薬は最短翌日に自宅に届く

クリニックフォアのメディカルダイエットの場合、これまでダイエットに失敗してきた方でも成功率が高いです。ファスティングのように食事を我慢する必要はなく、1日3食しっかりと食事を取りながらも、成功率の高いダイエットに導きます。

ダイエットの専門知識を持った医師がマンツーマンでアドバイスしてくれるので、失敗する確立は非常に少ないのです。

クリニックフォアのメディカルダイエットは、自分の体にあった内服薬や注射を処方してもらい、確実なダイエット成果を出しています。

無理なファスティングでリバウンドをしてきた、食事制限はなるべくしたくないといった人は、ぜひクリニックフォアのメディカルダイエットに相談しましょう。医師監修のもと、安心安全な内服薬や自己注射を使用することで、ほぼ何も努力しなくても理想の体型になる夢を叶えてくれます。

ベルタ酵素ドリンク

会員の方だけにお届けする限定レシピ

会員限定レシピをご覧いただくには無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら