ヴィーガンで肌はキレイになる!?その理由と仕組みを徹底解説

動物性食品を一切取らないヴィーガン。やや偏ったイメージを持つ人もいるかもしれませんが、ヴィーガンを実践する人は美容目的で行うこともあります。

その証拠に、ヴィーガンを実践した人は「肌がきれいになった」という声が多いのです。動物性食品を摂らないことで、肌にはどのくらい大きな違いがあるのでしょうか。今日はヴィーガンと肌の関係についてみていきましょう。

ヴィーガンで肌が変わった人は多い

きれいな女性, スキンケア, セレクティブフォーカス, ハッピーの無料の写真素材

ヴィーガンを実践すると、およそ1カ月後には肌質の改善を実感することが多いようです。その声の一部を紹介すると

  • 肌がツルツルになった
  • 吹き出物が出にくくなった
  • メイクのりが良くなった

といった意見です。

しかしその一方で、ヴィーガンを実践したあとに肌が荒れてしまった、という意見も少なからずあります。いずれにせよ、これまでの食生活を大きく変えることで肌質が変わることは間違いないようです。

肌がツルツルになったという意見が多数

肌荒れが起きたという意見もあるものの、ヴィーガンを実践した人の多くは「肌がツルツルになった」ということが多いです。詳しい理由は後述しますが、やはり動物性脂質を摂らないことで、特に女性の場合はホルモンバランスが整い、肌ツヤが良くなることが多いようです。

また、ヴィーガンはタンパク質不足にならないよう、積極的に豆類を取らなくてはなりません。大豆にはイソフラボンがたくさん含まれており、これが女性ホルモンの働きをサポートしてくれるのは有名ですよね。

積極的に豆類を取るヴィーガンは、知らず知らずのうちに女性ホルモンのサポートができており、自律神経が整うことで肌荒れも改善していることがあるようです。とくに更年期になやむゆらぎ世代の女性は、一度ヴィーガンを実践してみるのも良さそうです。

汗がサラサラになった人も

また、肌がキレイになったのと同時に「汗の質が変わった」という声もあります。

肉をたくさん食べる人は動物性脂質をたくさん食べるので、血液がドロドロし、流れてくる汗もドロドロです。例えば焼肉をたくさん食べた次の日、汗をかいたらその汗がなんだか臭う、ということもあるでしょう。しかし摂取する食べ物をすべて植物性由来のものにすると、肌のギトギト感がなくなり、汗もサラサラになることが多いのです。

基本的に肉料理は動物性脂質が体の中に蓄積され、皮脂から出る汗も雑菌が含まれるため臭います。自分の体臭や汗の臭いに悩まされている人も、動物性脂質を控え、ヴィーガンを実践してみると良いでしょう。

ヴィーガンで肌がキレイになる理由

うそ, うそをつく, くつろぎ, スキンケアの無料の写真素材

ヴィーガンで肌がキレイになる理由はたくさんあります。ただ、食事内容や生活習慣によっては、肌荒れを起こしてしまうこともあるようです。ここからは、まずヴィーガンで肌がキレイになる理由について詳しくみていきましょう。

動物性脂質を摂らないから

肉を食べたからといって、必ずしも肌荒れが起きるわけではないのですが、肉中心の食生活は皮脂分泌が増加し肌荒れを起こすことが多いです。

動物性脂質には数多くある脂質の中でも男性ホルモンが増加するという特徴があります。そのため、肉をたくさん食べる男性の肌は脂ぎっていてギトギトし、肉中心の女性は産毛が濃くなったり、ニキビが増えたりするでしょう。ヴィーガンの場合はこうした原因になる動物性脂質を取りません。特にこれまで肉中心の生活を送っていた人がヴィーガンに変わることにより、肌質の改善には大きな期待ができます。

食物繊維をしっかりと摂るから

美肌には食物繊維が欠かせません。ヴィーガンの食生活は、野菜や豆類、海藻類などが中心です。これらの食材には水溶性食物繊維と非水溶性食物繊維が豊富に含まれています。

ゴボウや豆類に多く含まれる水溶性食物繊維は、腸内にいるビフィズス菌などの有用菌の働きをサポートしてくれます。そして果物や、ワカメや昆布などの海藻類に含まれる非水溶性食物繊維は、食べることで腸に直接届き、お通じの改善に役立ちます。食物繊維をたくさんとることは体調を整えることに直結し、肌ツヤが良くなることにもなるのです。

腸内環境が整うため

ヴィーガンの食生活は、腸内環境が整います。繰り返しになりますが、ヴィーガンは食べるもののほぼすべてにしっかりと食物繊維が含まれているので、腸内環境が非常に整うのです。

お腹の調子を整えるといえば、ビフィズス菌などを連想し、ヨーグルトやサプリメントなどで補えると考えてはいませんか? 実は近年の研究によると、ビフィズス菌をいくらとっても食物繊維が足りなければ意味がないとされています。食物繊維は善玉菌の働きをサポートするため、腸内環境を整えるには必要不可欠です。

腸が整えば肌も整う、というのは有名です。ヴィーガン食で腸活をすることにより、肌質の改善が期待できます。

ビタミンがしっかりと摂れる

美肌には欠かせないビタミン群。ヴィーガンの食生活では野菜や果物を中心にとるため、たくさんのビタミンを摂ることができます。

ただ、肉からもビタミンを取ることは可能です。特に豚肉はビタミン B が豊富であり、糖質や脂質をエネルギーに変える役割を持っています。しかし肉から摂取できるビタミンはビタミン B 群だけが多く、その他のビタミン群はあまり含まれていません。美肌を保つためには多くのビタミンが必要であり、かつ多くのビタミンを摂取することで抗酸化作用が働くのです。

野菜中心の生活はビタミンA群やC、 葉酸やミネラル、カルシウムなど、肉とは違い、大変多くのビタミンや栄養を摂取することができます。これにより皮膚の老化やシミを予防し、活性酸素を除去する効果があることから、ヴィーガンは肌がキレイといわれるのです。 

美肌のために、ヴィーガンがやってはいけないこと

アダルト, インドア, おしゃれ, くつろぎの無料の写真素材

しかしその一方で、ヴィーガンを行うことにより「肌荒れがおきた」という人もいます。これにはヴィーガンならではの食生活が影響しているようです。ヴィーガン食が原因で肌荒れを起こす原因とは何なのか、ここからはヴィーガンが肌のためにやってはいけないことについて見ていきましょう。 

スナック菓子を過食する

「自分はヴィーガンです」と言いながら、実はスナック菓子や加工食品を食べている人もいます。例えばポテトチップスはイモからできているため、植物性オイルで揚げていれば食べられることも多いのです。

そのため、普段の食生活では肉や魚乳製品を我慢しているが、そのぶんおやつにポテトチップスなどをドカ食いしている人もいます。これでは植物性油とはいえ油分をたくさんとっていることになり、ニキビや吹き出物の原因になってしまうでしょう。 

水分やタンパク質が不足している

ヴィーガンを実践している人の中にはダイエット目的で行う人もいます。確かに肉を食べないことで動物性脂質分のカロリーが減り、結果的に体重が落ちる事もあるでしょう 。

しかしここで注意したいのは、水分やタンパク質まで十分に取らないケースです。とにかく口から摂取することを減らし、大豆食品も水分も取らない生活をしてしまうと、肌はあっという間にボロボロになってしまいます。また、タンパク質不足は肌の乾燥を引き起こし、ハリのない肌になってしまいます。

ヴィーガンを実践する際はしっかりと水分を取り、穀物や豆類を中心にしっかりと食べましょう。ダイエット目的で食べる量を減らしてしまうと、タンパク質不足から肌荒れを起こすことにもつながります。

まとめ

インドア, お茶, カップ, カフェインの無料の写真素材

ヴィーガンは正しく行うことにより、美肌になることが分かりました。また、肌の質が変わるだけでなく、汗の質まで変わるというのは驚きですね。

しかし、極端に食べる量を減らしたり、ヴィーガンも食べられるスナック菓子などをドカ食いしたりすれば、肌はあっという間に荒れてしまいます。美しい肌を目指すためにも、毎日タンパク質や水分はしっかりと摂ることを意識しましょう。

関連記事