~ファスティングで体内を一掃!~

人間は、食べる事で栄養を摂取し、生きています。しかし、食べる事が必ずしも健康という訳ではなく、食べ物を口にしない時間を長く取ると、健康面での多くのメリットがあるという事が明らかになってきました。それが、ファスティングです。

Fasting(ファスティング)とは、”断食”という意味であり、飲食行為を断つ事をさします。

 

<ファスティングのメリット・デメリット>

ファスティングをすることによってどんなメリットがあり、逆にどんなデメリットがあるのでしょうか。

【メリット】

・肝臓・腎臓などの消化に関わる臓器を休ませて元気にする
・排泄機能・新陳代謝の働きをよくする
・リバウンドの起こりにくいダイエットができる
・嗜好品などによって鈍っている味覚の改善

しかし、メリットだけではありません。デメリットも幾つか考えられます。

【デメリット】

・やり方によってはストレスが溜まる
・溜まったストレスによってドカ食いに走ってしまう
・空腹を感じる事で仕事などに支障をきたす恐れがある

 

向き不向きはありますが、ファスティングによってアレルギーの改善やダイエット、風邪をひきにくくなるなど、良い結果が多く報告されています。

 

〈オートファジーとは〉

ファスティングによって注目されているのが、“オートファジー”です。古くなった細胞を、内側から新しく生まれ変わらせるしくみの事です。

食べ物を口にしない時間を増やす事で、細胞の質の劣化や病気を防ぐという考えに注目が集まり、ファスティングが広まってきました。

細胞は、主にタンパク質で作られており、年齢とともに古くなったり壊れたりしてきます。使えなくなった細胞は体の外に出されるのですが、体に残ってしまった古い細胞が、体の不調や病気を引き起こしてしまいます。オートファジーは、不要なタンパク質を分解し、新しいタンパク質を作ってくれます。重要なのは、オートファジーは、栄養が十分な状態では働いてくれない為、ファスティングによる飢餓状態が必要になるのです。

 ファスティングには様々な方法がありますが、内臓を休め、体をリセットするには、最低でも12~16時間は必要だと言われています。この、12~16時間のファスティングによる効果は、内臓の消化・吸収・解毒・排泄機能が高まり、腸内環境を改善してくれる事で、免疫力をアップさせます。また、血液と血管がきれいになります。体内の余分な脂肪もエネルギー源となって使われる事で、体脂肪が減少します。オートファジーの活性化によって細胞が生まれ変わり、体の不調だけでなく、老化も改善されるという嬉しい効果ばかりなのです。

そもそも、日本に一日三食の習慣ができたのは、江戸時代からだと言われています。それまでは、一日二食で、労働中は食べ物を食べていませんでした。人間の体のしくみは、人類が誕生してからほとんど変わっていません。人間の体はもともと、飢餓状態に備えて、体の中に栄養を蓄え、利用していく仕組みが備わっています。しかし、栄養の摂り過ぎに対応するしくみは、実は、まだ不十分なのです。つまり、現代人は、食べ過ぎ・栄養の摂り過ぎにより、肥満・糖尿病・高血圧・脂質代謝異常・がんなどの疾患を起こす事は、当たり前と言っても過言ではないのです。現代人の多くの不調は、“食べ過ぎ”が大きく関係しているという事です。

◎空腹時間が短く、体に不調を与える食事

・間食を含め、1日6回程度食べる
・朝食を抜く
・深夜に食べる
・高脂肪・高血糖の食事を摂る
・食事時間が短い

◎空腹時間が長く、痩せる食事

・1日2~3食
・朝食を食べる
・夕食は16~17時が望ましい
・深夜に食事をしない
・タンパク質を積極的に摂る
・1日12~16時間は空腹時間を作る

ファスティングの体への影響はご理解頂けましたでしょうか。飢餓状態を乗り越える為には、植物性酵素を飲む方法もあります。ファスティングに慣れてくると、体の軽さが気持ちよく、クセになっていくそうですよ。一度、試してみてはいかがでしょうか。

 

 

関連記事