代替品 2021.10.22 [fri]

オーツミルクでダイエット!本当に痩せられるのかを徹底解説

オーツミルクは今話題の第三のミルクです。植物由来のミルクとして、お腹や環境にもやさしく、さっぱりとした味わいが美味しいと人気です。

そんなオーツミルクはダイエットにも役立つと注目されています。ここでは、本当にオーツミルクがダイエットに役立つのか、痩せるための飲み方はあるのかなどを紹介します。

オーツミルクは第三のミルク

台所で牛乳を飲むアジアの少年

オーツミルクは燕麦(えんばく)が原料の植物性飲料です。オートミールと同じ材料からできており、食物繊維が豊富でビタミンも含まれる飲み物として注目されています。

そんなオーツミルクは第三のミルクといわれています。これまで牛乳以外の飲み物といえば、第二のミルクといわれる豆乳と、同じ第三のミルクといわれるアーモンドミルクがあります。

アーモンドミルクも人気がありますが、作るのに大量の水を使い、二酸化炭素を排出するなど、環境に悪いことが問題視されています。その点オーツミルクは原料がオーツ麦なので、二酸化炭素の排出量も非常に少なく、必要な土地も水も最小限で済みます。アーモンドミルクよりもサスティナブルな飲み物として人気が出ています。

オートミールと同じ大麦の成分がたっぷり

オーツミルクはオートミールと同じように栄養がたっぷり含まれています。

  • 食物繊維
  • カルシウム
  • ビタミンB12 
  • ビタミンB2
  • ビタミンD など

牛乳にはカルシウムが豊富ですが、それ以外の上記のような栄養はほとんど含まれていません。

また、微量ながらビタミンB12 が含まれているのも注目です。ビタミンB12 は動物性食品に含まれているものであり、菜食主義であるヴィーガンはなかなか摂ることができない栄養素です。しかしオーツミルクは植物由来のミルクなので、ビタミンB12が含まれるオーツミルクを飲むことで、ヴィーガンに不足しがちな栄養を摂ることができます。

砂糖不使用なのに甘味がある

そしてオーツミルクの特徴は、ほのかな甘味があることです。穀物が主原料のオーツミルクは、砂糖不使用でも天然のやさしい甘味があります。コーヒーや紅茶にして飲むと、ほんのり甘いラテやミルクティーになるでしょう。

そのため、砂糖を制限している人にもオーツミルクはおすすめです。健康上なかなか砂糖を加えた調理ができない方も、オーツミルクなら満足のできる甘さが楽しめるでしょう。

オーツミルクがダイエットに良いといわれる理由

透明なガラスの正方形の体重計で測定する青いテープ

オーツミルクはダイエットに効果的といわれています。なぜ甘味のあるオーツミルクがダイエットに向いているのか、その理由は次のようなことがあります。

食物繊維の含有量が高い

オーツミルクにはミルクのなかでも食物繊維の含有量が高いです。食物繊維は第6の栄養とも言われており、生活習慣病を予防する栄養素として注目されています。

オーツミルクを飲むと食物繊維の影響で調整作用が働き、悪玉菌の働きを抑え善玉菌を増やすサポートにも繋がります。便秘を改善することから、ポッコリしたお腹をへこます作用も期待できるでしょう。

ちなみにオーツミルクの食物繊維にはベータグルカンが多く含まれています。ベータグルカンは免疫力を高め、ガンに対する予防改善効果もあると言われています。

オートミールと同じ低GI食品

オーツミルクは低GI食品です。低GI食品とは、簡単に言うと血糖値の上昇を防いでくれる作用のある食品です。インスリンの急激な分泌を防ぐことから、肥満や糖尿病の予防に期待できます。

そして食物繊維が豊富で低GI食品であるオーツミルクには、セカンドミール効果があります。セカンドミール効果は最初に取った食事が次に取る食事にも影響する、というもの。つまり朝食にオーツミルクを飲めば、昼食にも血糖値の上昇を抑える効果が持続し、肥満を抑制することにもつながります。

オーツミルクでダイエット効果を高める方法

サイズ, スキニー, スタジオの無料の写真素材

このようにオーツミルクはダイエットをサポートしてくれる飲み物として有効です。カロリーに関しても牛乳や豆乳に比べて低く、あっさりとした飲み口なので、牛乳や豆乳が苦手といった方にもおすすめです。

しかしダイエット効果を高めるためには、オーツミルクの飲み方もいくつかポイントがあります。

朝に飲むと効果的

オーツミルクは朝に飲むのがおすすめです。さきほど紹介したように、オーツミルクにはセカンドミール効果があり、朝食時に飲むと朝食での血糖値上昇を抑えるのはもちろん、その効果は昼食にも作用します。

朝食にオーツミルクを飲む場合、コップ1杯、およそ200㏄を目安に飲みましょう。また、腸の活動を促すためには、冷たいオーツミルクではなく、温めて飲むのがおすすめです。温めたオーツミルクを、腸の働きが活発になる朝の10時頃までに飲むようにしましょう。

オートミールと一緒に食べる

オートミール, トッピング, ドライフルーツの無料の写真素材

オーツミルクはオートミールとの相性も良く、一緒に食べることでさらに食物繊維をしっかりと取ることができます。しかもほんのり甘いオーツミルクなら、砂糖などを加えなくてもオートミールが美味しくなります。

ただ、両方とも食物繊維の含有量が高いので、食べすぎには要注意です。オートミールは30グラムを目安とし、オーツミルクもコップ1杯程度にしましょう。お腹がゴロゴロするといった場合は、温めてミルク粥にしたり、どちらかの分量を減らすといった工夫もしましょう。

created by Rinker
ナチュラルキッチン
¥389 (2022/01/20 17:59:18時点 Amazon調べ-詳細)

小腹が空いたときのおやつ代わりに

オーツミルクは腹持ちが良いドリンクです。程よい糖質が含まれているので、少し飲むだけでも満足感がアップし、小腹が空いたときの間食替わりになります。

おやつの多くは食べすぎると糖質過多になり、体内のブドウ糖が脂肪に変わってしまいます。これ以上太りたくない、といった人は、おやつ代わりに温めたオーツミルクを飲むのがおすすめ。食欲がないときも栄養をサポートするドリンクになります。

糖類は少ないが「糖質」は多め 飲み過ぎに注意

ダイエットに有効といわれるオーツミルクですが、飲んだからと言って必ず痩せるわけではありません

とくにオーツミルクは糖類は少ないが「糖質」は多め。オーツ麦由来自然な糖が含まれているので、甘味があります。つまり飲みすぎなければ問題はありませんが、1日1リットルといった過剰な量を飲んで得しまうと糖質過多になり、太る原因にもなります

またダイエットの観点でいえば、夜に飲むのはあまりおすすめしません。食事が脂肪に変わりやすい時間帯は22時~午前2時ごろです。夜中にお腹がすいてオーツミルクを飲むと、糖質を吸収しやすいため太る要因にもなります。ダイエット目的でオーツミルクを飲むなら、夕方の16時頃までにしましょう。

オーツミルクのダイエットは食事のバランスも必須

プレートのサラダのクローズアップ

オーツミルクはダイエットをサポートしてくれますが、それを飲んだからといって劇的に痩せることはありません。体重を落とすのが目的なら、やはり普段の食生活を見直す必要があります

ただ、これまで甘い飲み物を飲んできたが、それをオーツミルクに変えるといった行動なら、緩やかなダイエット効果も期待できます。食事バランスと運動、そこにオーツミルクを取り入れ、無理のないダイエットに挑戦していきましょう。



会員の方だけにお届けする限定レシピ

会員限定レシピをご覧いただくには無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら