コンビニでもヴィーガン食は売っている!コンビニヴィーガン食6選

ヴィーガンになると何かと食べ物が制限されてしまうと思っていませんか?確かにヴィーガンは肉や魚、そして卵も食べられないので、一般的な食事をしている人よりかは食べるものが少ないかもしれません。

しかし、ヴィーガンでもお米をはじめとした主食、野菜や豆類などは食べられます。コンビニエンスストアでもこれらを主原料にした食品は多く、ヴィーガンがコンビニで買えるメニューは意外と多いのです。今日はヴィーガンでもコンビニで買える食材を6つご紹介します!

コンビニは意外とヴィーガン食が売っている

インドア, コンビニ, スーパーマーケット, ビジネスの無料の写真素材

意外かもしれませんが、コンビニでもヴィーガン食品を購入できます。先ほども紹介したように、ヴィーガンはお米が食べられるので、おにぎりなどは基本問題はありません。最近では野菜や果物が売られているコンビニも多く、これらを購入できることを考えればとても便利でしょう。

ただ、厳格なヴィーガンを実践している人には、コンビニの加工品はやや不向きです。通常おにぎりやナッツ類はヴィーガンでも問題なく購入できますが、コンビニで売られているものには微量に保存料が含まれるケースもあります。今回紹介する商品も例外ではないので、あくまで「動物性脂質が含まれない」「肉・魚・牛乳・卵が入っていない」という基準で選んでいるのをご了承ください。

健康志向な利用者も多い

コンビニでヴィーガン食材が手に入りやすい理由として、健康志向の人が増えていることがあげられます。もちろんコンビニにはガッツリ系の食材もたくさん売られていますが、反対に「肉はあまり食べたくない」「カロリーの少ないヘルシーなものを食べたい」といった人も増えているのです。

また、近年増えているアレルギー対応食品も、結果的にヴィーガン向けの食材を後押ししています。そのため多くのコンビニでは「植物性由来」とか「乳製品不使用」といった商品が次々に開発されています。

手軽につまめるお菓子が人気

コンビニで売られているヴィーガン向け食材は、コンビニならではのミニサイズが人気です。例えばナッツの詰め合わせなどは、スーパーの場合大袋に入れられていることもありますが、コンビニならその場でサッと食べられる小袋タイプが人気です。少しお腹がすいたときに気軽に利用できるのも魅力的ですよね。

また、コンビニでは食べ物だけでなく、ヴィーガン向けのヘルシーなドリンクも多いです。野菜だけを原材料としたスムージーや、果汁100%の野菜ジュースなど。防腐剤にこだわらないヴィーガンであれば、ブラックコーヒーや無糖の紅茶なども美味しくいただけます。

コンビニで買えるヴィーガン食6選

ではお待たせしました、ここからは、コンビニで買えるヴィーガン食品を6選紹介します。基本的に動物性脂質が含まれず、肉・魚・牛乳・卵が入っていない商品に注目してみました!

オリーブオイルで揚げたポテトチップス

https://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1389692_1996.html

こちらはナチュラルローソンで売られている話題商品、その名もオリーブオイルで揚げたポテトチップスです。

ヴィーガンのなかには「ジャガイモだから大丈夫」ということでポテトチップスを普段から食べている人もいます。ただ、一般的なポテトチップスの場合、使われている油が外国産のパーム油が多く、動物性脂質が含まれていることも多いです。また、添加物にもアミノ酸が配合されているため、本当ならヴィーガンはポテトチップスを食べることはできません。

しかしこの商品であれば、油はオリーブオイルが使われており、味付けもイタリア産天日塩のみ。動物性脂質は含まれていないため、ヴィーガンでも安心してポテチが楽しめます!

マクロビ派 アーモンドとクランベリー 

https://www.morinaga.co.jp/products/detail.php?id=PRD2013-08-0001

ヴィーガンの間では有名な一口サイズのビスケット。森永という大きな菓子メーカーで買えるヴィーガン食材は少ないのですが、このビスケットだけは例外です。

原材料にはオーツ麦フレークやてんさい糖が使われており、動物性由来の食品は一切使われていません。また、アーモンドや玄米フレーク、ひまわり種子やかぼちゃ種子など、ナッツ類とビーツ類が豊富に含まれているのも魅力です。小腹が空いたときの栄養補給にはピッタリの1品。こちらのシリーズにはカカオ味もあるので、違う味わいも楽しめます。

昆布や梅のおにぎり

https://www.sej.co.jp/products/a/item/046731/

コンビニで買えるヴィーガン食といえばおにぎりです!おかかや鮭、そぼろなどは動物性食品となるので控えるべきですが、昆布や梅といったおにぎりならヴィーガンでも楽しめます。

コンビニのおにぎりは、そのメーカーによって微妙に味が違うのも面白いですね。例えば梅干しでもカリカリ梅を使ったおにぎりや、紀州原産の南高梅を贅沢に使ったものなどがあります。メーカーや値段によっても味が変わるので、各コンビニのおにぎりを見比べてみるのも楽しいでしょう。

ハッピーデーツ チョコブラウニー味

http://uha-kanshoku.com/product.html

コンビニでたまに見かけるハッピーデーツシリーズ。UHA味覚糖の商品であり、アレルギー特定原材料が使われていない注目のお菓子です。

このようなチョコレートバーのようなお菓子はビーガンになるとなかなか食べられないのですが、こちらはデーツを主成分に製造されており、しかも乳・卵・精製糖は不使用となっています。でチョコブラウニーの他にも、フルーツグラノーラとラムレーズンの2種類があります。小腹が空いたときに心強い味方ですね。

ナッツ類なら安心

https://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1389665_1996.html

コンビニにはナッツ類がたくさん売っています。しかも、どのコンビニエンスストアにもミックスナッツは売られており、アーモンドやカシューナッツクルミ、マカデミアナッツの4種類が袋詰めされている商品が多いですね。

また、塩味がついているものもありますが、塩や油を一切使っていない素焼きのナッツが売られているのも魅力です。ヴィーガンにとってナッツ類は欠かせない栄養です。コンビニでの買い物は、まずはナッツ類をチェックしてみるのも良いでしょう。

ゆるヴィーガンならアイスもおススメ

https://www.sej.co.jp/products/a/item/450457/

ヴィーガンは市販のアイスクリームを食べられないことが多いのですが「乳製品に特化していないものなら食べる!」という人もいます。確かに暑い夏には、たまには市販のアイスクリームが欲しくなりますよね。

そんなヴィーガンにはセブンイレブンで売っている「4種類のフルーツバー」がおすすめ。

巨峰、白桃、温州みかん、マスカットの果汁アイスバーが4種類入っています。こちらのアイスはパッケージにも書いてあるとおり、濃厚な果肉感が特徴です。まるで凍らせたフルーツをそのまま食べているような触感なので、ゆるいヴィーガンの方にもおススメです。計8本も入っているマルチアイスなので、毎日のちょっとしたデザートにもピッタリです。

まとめ

インドア, コンビニ, ショップ, スーパーマーケットの無料の写真素材

身近にあるコンビニでも、ヴィーガン食品は意外と売っています。今回紹介しなかった、お米や蕎麦、果物や野菜なども、最近のコンビニでは豊富に売られていますよね。

ヴィーガン食は手作りが基本と考える人も多いのですが、今日紹介したコンビニで買えるヴィーガン食材を利用すれば、もっと手軽に食事を楽しめるでしょう。小腹が空いたときはぜひコンビニで買えるヴィーガン食をチェックし、上手に利用していきましょう。

関連記事