常備菜 2019.09.25 [wed]

甘く炒めた野菜のスパイス&ハーブストック

作り置きしておくと、シチューやチリコンカン、味噌スープ、リゾットなど、毎日ちょっとのアレンジで飽きずに楽しめる、万能な炒め野菜のストックをご紹介します。肉ナシでも、甘くじっくり炒めた野菜のコクで、物足りなさはゼロ。お好きな野菜でお楽しみください♪

このレシピのキーワード

#作り置き

カロリー

54kcal

所要時間

50分

準備時間:0分
調理時間:50分

材料

人前 +

オリーブオイル 1 小さじ
しょうが 1かけ
ローリエ 1枚
玉ねぎ 1/2個
にんじん 1本
セロリ(葉の部分) 1~2本分
えのき(芯の部分) 1株分
チンゲン菜 1株
キャベツ 1/4玉
1 大さじ
顆粒昆布だし 1 小さじ
塩麹 1 小さじ
ウコン、パプリカパウダー、オレガノ、クミンシード、ガラムマサラなど 1/2 小さじ
ナツメグ、シナモン 1振り

栄養素

※1人前あたり

開く
エネルギー54kcal
炭水化物10.5g
タンパク質1.8g
脂肪1.1g
飽和脂肪酸0.14g
多価不飽和脂肪酸0.12g
一価不飽和脂肪酸0.75g
コレステロール0mg
食塩相当量0.47g
カリウム337mg
食物繊維2.8g
糖質7.5g
カルシウム60mg
0.7mg

作り方

  1. 鍋にオリーブオイル、生姜、玉ねぎ、ローリエを入れ、炒める。

    テフロン加工の鍋など、焦げにくい鍋なら、炒め続けなくても弱火で蓋をして5~10分くらい放置しておくと、玉葱が水分を含んだまま透き通り、甘くなります。

    蓋して5分放置⇒かき混ぜる⇒蓋して5分放置

  2. ニンジン、セロリの葉入れ、炒め合わせる。

    ここでも弱火で蓋をして5分放置、かき混ぜてまた蓋をして5分放置、だけでOK。

  3. チンゲン菜とえのきの芯を入れ、炒め合わせる。

    上記と同じ、蓋して5分放置⇒かき混ぜる⇒蓋して5分放置

  4. キャベツを入れ、酒、昆布だし、塩麹を加える。

    再び蓋して5分放置⇒かき混ぜる⇒蓋して5分放置

  5. ウコン、パプリカパウダー、オレガノ、クミンシード、ガラムマサラなどを加え混ぜる。

    ナツメグ、シナモンを一振りする。

  6. 粗熱が取れたらタッパーなどに移す。冷蔵庫で4~5日程度保存可能です。

<アレンジ>

  1. 【洋風味噌スープ】

    ・甘く炒めた野菜のストック:お玉1杯程度

    ・豆乳:1カップ

    ・水:1カップ

    ・味噌:小さじ2

    鍋に材料をすべて入れて弱火で良く混ぜ合わせながら温め、醤油、塩などで味を整えれば完成♪

    ※沸騰させると豆乳が分離して見た目も味わいも落ちてしまうので注意。

  2. 【お手軽チリコンカン風】

    ・甘く炒めた野菜のストック:お玉1杯程度

    ・ミクスビーンズ:1パック(150gくらい)

    ・輪切り唐辛子:10個

    ・トマトケチャップ:大さじ2~3

    ・中濃ソース:小さじ1

    ・赤ワイン:大さじ1~2(またはバルサミコ酢小さじ1)

    ・オレガノ、ガラムマサラ、ウコン、クミンシードなど:好きなだけ

    材料をすべて鍋に入れて弱火~中火で炒め合わせ、挽き黒コショウ、塩で味を調えれば完成♪

    唐辛子は上記分量では、隠し味程度にほんのり辛みを感じるか、味わいを引き締める程度の量で、ほとんど辛くないので、お好みで増やしてください。

    バケットやクラッカーと一緒にどうぞ♪

  3. 【お蕎麦リゾット】

    ・甘く炒めた野菜のストック:お玉半分程度

    ・水:1カップ

    ・トマトミックス野菜ジュース:半カップ

    ・蕎麦:半束

    ・豆乳:半カップ

    豆乳以外の材料を鍋に入れ、温めながら混ぜ合わせ蕎麦が柔らかくなるまで煮る。

    豆乳を加えて沸騰させないように2~3分煮込み、塩コショウで味を整えたら完成♪

    仕上げにお好みでオリーブオイルを回しかけ、オレガノなど、お好きなハーブを振っても美味しいです。

    (ヴィーガンではない人に作ってあげるなら、上に粉チーズをかけてあげても◎♪)

  4. 【豆乳シチュー】

    作り方は>>コチラ

♪他にもカレー、やきうどん、ラタトゥイユなどにも応用可能です。
♪野菜は他によく使うのが、大根、水菜、しめじ、エリンギ、ゴボウなどです。
何を入れてもOKですが、ある程度の嵩がないと作り置きするほど沢山できないので、キャベツや大根などがたっぷり使える時に作っています。
以下の3要素が揃えば、最低3種類の野菜でも出来ます♪
①嵩が出せるもの(キャベツ、大根、チンゲン菜など)
②甘味が出せるもの(玉ねぎ、キャベツ、大根など)
③ダシやコクが出せるもの(キノコ類、玉ねぎなど)
(+4つ目の要素として香味が出せるもの(セロリやハーブ)を入れるとなお◎)
♪野菜を加える度に、甘味を出すよう、良く火を通すことがコツです。
♪ハーブやスパイスはウコン、パプリカパウダー、オレガノ、クミンシード、ガラムマサラなどを入れると複雑さや深みが出せて美味しいですが、味わいの変化をあまりつけたくない場合は何も入れなくてもOK。その場合は、優しめの味わいになります。
※レシピの無断転載・盗用はご遠慮下さい。
このレシピをクリップする
レシピ一覧へ


お気に入りのレシピを手軽に”クリップ”

クリップはお気に入りのレシピを保存できる機能です。
ご利用には無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら

会員の方だけにお届けする限定レシピ

会員限定レシピをご覧いただくには無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら