常備菜 2021.01.11 [mon]

定番!昆布と椎茸の佃煮

昆布と椎茸を甘辛く煮た定番の佃煮です。柔らかで味の浸みた佃煮は、ホッとできる安心感があります。昆布、椎茸共に、出汁の出る食材なので、出汁要らずで簡単に作れます。お弁当やご飯のお供など用途は様々…あると便利な常備菜なので、ストックとしてお役立てください。

このレシピのキーワード

#お弁当

#作り置き

#副菜

#常備菜

カロリー

25kcal

所要時間

60分

準備時間:10分
調理時間:50分

材料

~8人前 +

だし昆布 20g
干し椎茸 4枚
米酢 1 大さじ
醤油 2 大さじ
キビ砂糖 2 大さじ
2 大さじ
みりん 2 大さじ
椎茸の戻し汁+水 400㏄~

栄養素

※1人前あたり

開く
エネルギー25kcal
炭水化物6.2g
タンパク質1g
脂肪0.1g
飽和脂肪酸0.02g
多価不飽和脂肪酸0.05g
一価不飽和脂肪酸0.01g
コレステロール0mg
食塩相当量0.67g
カリウム215mg
食物繊維1.7g
糖質4.5g
カルシウム18mg
0.2mg

作り方

  1. 椎茸は水に浸けて(1時間~半日)戻します。柔らかくなったら、軸を切り落とし、細切りにします。

  2. ①の戻し汁(少なければ、水を足します)は、キッチンペーパーで濾して、厚手の鍋(ホーローやステンレス)に入れます。

  3. 昆布は、固く絞った濡れ布巾で拭き、食べやすい大きさより、ひと回り小さめ(戻ると、大きくなります)に切ります。

  4. ②の鍋に①、③、米酢を入れて、中火~強火で煮ます。煮立ったら、弱火にして、20分煮ます。(時間に余裕があれば、消火して、1時間くらい放置します。)

  5. ③の鍋に醤油、キビ砂糖、酒を入れて、中火~弱火で10分煮ます。(煮汁が少なければ、水を足します)最後にみりんを入れて、煮汁が底に残る程度まで煮詰まれば、出来上がります。(時間に余裕があれば、蓋をしたまま粗熱が取れるまで放置すると、味が馴染みます)

・干し椎茸は、使用する前に天日干しにすると、ビタミンDが増加します。ひと手間掛かりますが、ご使用前に天日干しする事をお勧めします。
・出汁を取った後の昆布でも、お作り頂けます。
・お好みで、生姜やキクラゲ、唐辛子を入れても、美味しいです♡
・保存容器に移す時は、完全に冷めてから移して下さい。(冷凍保存できます。)
・干し椎茸の戻し時間は、所要時間に含みません。
※レシピの無断転載・盗用はご遠慮下さい。
このレシピをクリップする
レシピ一覧へ


お気に入りのレシピを手軽に”クリップ”

クリップはお気に入りのレシピを保存できる機能です。
ご利用には無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら

会員の方だけにお届けする限定レシピ

会員限定レシピをご覧いただくには無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら