洋食 2019.11.25 [mon]

漬け豆腐と三つ葉のおもてなし美容サラダ

親子丼やお吸い物にほんの少し使われるだけで、脇役感の強い三つ葉ですが、カリウムやカロテンが豊富で、クレソンやルッコラのように香味が強いので、サラダとして食べても美味しいんです。三つ葉や生のきくらげをサラダとして食べたことがある人は少ないので、材料費はリーズナブルでも(三つ葉:80円、生きくらげ:100円程度)ホームパーティやおもてなし用で作ると、珍しさとその爽やかな美味しさが喜ばれます♪

このレシピのキーワード

#サラダ

カロリー

107kcal

所要時間

60分

準備時間:30分
調理時間:30分

材料

人前 +

木綿豆腐 100g
ウスターソース 2 大さじ
生のきくらげ 15~20gくらい
三つ葉 1束
白菜(1/4カット) 内側の葉5~6枚
くるみ 5~6g
レーズン 1 大さじ
クコの実(なくてもOK) 適量
オリーブオイル 1 小さじ
塩コショウ 適量

栄養素

※1人前あたり

開く
エネルギー107kcal
炭水化物10.3g
タンパク質4.3g
脂肪5.8g
飽和脂肪酸0.78g
多価不飽和脂肪酸2.52g
一価不飽和脂肪酸2.13g
コレステロール0mg
食塩相当量1.29g
カリウム265mg
食物繊維1.7g
糖質8.6g
カルシウム75mg
1.1mg

作り方

  1. 豆腐は塩を振り、キッチンペーパーで包んで重しを乗せ、しっかり水切りしておく。(30分以上)

  2. 水切りした豆腐を薄めに切ってタッパーに並べ、ウスターソースをかけ、冷蔵庫で30分以上漬けておく。

  3. 生きくらげは30秒程度湯通しするか、タッパーなどの容器に入れ、沸騰させた熱湯を注ぐ。数分したら、お湯から出して水気を切って細切りにする。

    乾燥したものを使う場合は、水戻しして細切りにしたものを酒小さじ半分+水大さじ1で炒め、水分を飛ばせばOK。

  4. 2~3㎝幅のざく切りにした三つ葉と白菜を盛り付け、その上にきくらげ、漬け豆腐を乗せる。

    くるみ、レーズン、クコの実を散らし、食べる直前にオリーブオイルを回しかけ、塩コショウを振る。

参考

  1. <生のきくらげ>

    70gくらい入って、100円程度。

    水戻しして使う乾燥きくらげと違い、食感がぷりっぷりで美味しいです。

    ヴィーガンに不足しがちなビタミンDがたっぷり入っているのも嬉しいポイントです。

  2. <クコの実>

    業務スーパーで100g入のものが200円程度で買えます。

    サラダやスイーツ、お粥などの見た目が鮮やかになる上、栄養価や美容に嬉しい抗酸化作用も高く、そのままおやつとしても食べられる優秀食材です。

♪ウスターソースに漬けるだけで、簡単&美味しい漬け豆腐も、珍しいので喜ばれます。
♪漬け豆腐は、水切りした木綿豆腐をお好きな調味料に漬けてアレンジするのも楽しいです。
♪白菜の内側の葉は、生で食べても甘みがあって美味しいので、良くサラダに使っています。
※レシピの無断転載・盗用はご遠慮下さい。
このレシピをクリップする
レシピ一覧へ


お気に入りのレシピを手軽に”クリップ”

クリップはお気に入りのレシピを保存できる機能です。
ご利用には無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら

会員の方だけにお届けする限定レシピ

会員限定レシピをご覧いただくには無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら