和食 2021.05.17 [mon]

ツタンカーメン豆ごはん

紫色の鞘の紫えんどう豆『ツタンカーメン』は、古代エジプトのツタンカーメンのお墓から発見されたため、その名がつけられたと言われています。ツタンカーメンの鞘は紫色ですが、中の豆自体は緑色のえんどう豆です。

今回はそのツタンカーメンをごはんと一緒に炊き込みました。

鞘の茹で汁を使って炊くと、ごはんがうっすらと色づきます。炊飯器で炊いて保温したまま数時間置くと、お赤飯のようにきれいな色に染まります。豆のホクホク食感が美味しい一品です!

このレシピのキーワード

#ごはんもの

#たんぱく質

#主食

#炊き込みごはん

#鉄分

#食物繊維

カロリー

416kcal

所要時間

30分

準備時間:0分
調理時間:30分

材料

人前 +

ツタンカーメン(紫えんどう豆) 200g
2合
豆の茹で汁 約400ml
(茹で汁と酒を合わせて 400ml)
1 大さじ
1 小さじ

栄養素

※1人前あたり

開く
エネルギー416kcal
炭水化物88.6g
タンパク質15.5g
脂肪1.9g
飽和脂肪酸0.22g
多価不飽和脂肪酸0.23g
一価不飽和脂肪酸0.16g
コレステロール0mg
食塩相当量1.49g
カリウム504mg
食物繊維9.1g
糖質79.5g
カルシウム37mg
3.1mg

作り方

  1. お米は洗って30分程浸水しザルにあげる。

  2. 鞘から豆を取り出し、鞘と豆を分ける。

    豆はさっと洗ってザルにあげておく。

  3. 鞘はよく洗い、鍋に500〜600mlの水とともに入れ火にかけ沸いたら、中火で5分程茹でる。

    鞘をザルにあげて茹で汁と分け、茹で汁の粗熱をとる。

  4. 計量カップに酒を入れ、さらに3の茹で汁を加えて合計400mlにする。

    (炊飯器の場合は酒を入れてから、内釜の2合の目盛りのところまで水を入れる。)

  5. 鍋にお米と4と塩を入れ、上に豆をのせる。

  6. 蓋をし中火で10〜12分加熱し沸騰したら、弱火にし10分炊く。

    (炊飯器の場合は通常の炊飯をする)

  7. 炊き上がったらしゃもじで天地返しをし、蓋をして10分蒸らして完成です。

    炊飯器の場合は保温にして時間をおくと、ごはんの色がより赤く染まります。

・当レシピではお鍋で炊飯したため、うっすら色づく程度のごはんに仕上がっています。
・炊飯後の保温時間が長くなればなるほど、色が濃く変わっていきます。
※レシピの無断転載・盗用はご遠慮下さい。
このレシピをクリップする
レシピ一覧へ


お気に入りのレシピを手軽に”クリップ”

クリップはお気に入りのレシピを保存できる機能です。
ご利用には無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら

会員の方だけにお届けする限定レシピ

会員限定レシピをご覧いただくには無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら