洋食 2019.09.25 [wed]

甘く炒めた野菜のスパイス&ハーブストックで簡単!豆乳シチュー

>>甘く炒めた野菜のスパイス&ハーブストックを使ったアレンジレシピです。のむ大豆を使うと、ヘルシーなのに、トロトロのコク旨シチューが簡単にできます♪

このレシピのキーワード

#シチュー

#スープ

カロリー

183kcal

所要時間

10分

準備時間:0分
調理時間:10分

材料

人前 +

甘く炒めた野菜のスパイス&ハーブストック お玉1杯
全粒粉または小麦粉 1 大さじ
飲む大豆 2カップ
タイム(なくてもOK) 少々
醤油 少々
粗びき黒コショウ、天然塩 少々

栄養素

※1人前あたり

開く
エネルギー183kcal
炭水化物17g
タンパク質13.9g
脂肪8.3g
飽和脂肪酸0.14g
多価不飽和脂肪酸0.12g
一価不飽和脂肪酸0.75g
コレステロール0mg
食塩相当量1.12g
カリウム872mg
食物繊維7.6g
糖質9.2g
カルシウム110mg
0.7mg

作り方

  1. 野菜ストックを小鍋に入れ、小麦粉を振りかけ、弱火で良く炒め合わせる。

    (具材に小麦粉を絡ませ馴染ませておくと、この後加える豆乳を入れた時にだまにならずにトロミが出せます。)

  2. 飲む大豆を少しずつ加え、加える度に良く混ぜる。

    タイムも入れ、塩コショウで味を整えたら、醤油をひと回し。

    (醤油は隠し味&豆乳の豆臭さを抑えるためなので、入れ過ぎないよう注意。小さじ4分の1~2分の1くらい。)

  3. 仕上げにお好みでオリーブオイルを垂らして出来あがり♪

【参考】

  1. いつも使っているのは写真の右側のオーガニック成分無調整豆乳(まいばすけっとで190円くらい)ですが、シチューなど、とろみが欲しい時に使うのは、のむ大豆。(スーパーで210円くらい)

    かなり濃くてトロっとしています。

♪のむ大豆はもちろん成分無調整で、原材料は大豆粉のみなので安心です。
しかも通常の豆乳では、製造時に取り除かれるおからの原料となるものが、取り除かれずにそのまま含まれているため、通常の豆乳よりイソフラボンやレシチンなどが豊富で、食物繊維においては8倍も含まれています。
♪のむ大豆がなければ、他の成分無調整豆乳でOKですが、とろみはのむ大豆を使った時ほど出せないので、シチューと言うより、スープと言った感じになります。
♪「甘く炒めた野菜のスパイス&ハーブストック」の作り方は>>コチラ
※レシピの無断転載・盗用はご遠慮下さい。
このレシピをクリップする
レシピ一覧へ


お気に入りのレシピを手軽に”クリップ”

クリップはお気に入りのレシピを保存できる機能です。
ご利用には無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら

会員の方だけにお届けする限定レシピ

会員限定レシピをご覧いただくには無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら