和食 2020.07.21 [tue]

夏バテ対策に☆お豆腐を詰めたゴーヤの甘辛焼き

夏野菜のゴーヤにお豆腐を詰めて焼きました。つなぎには栄養豊富な小麦胚芽を使用しています。ゴーヤには体力を回復させてくれるビタミンB群やミネラルが含み、夏バテ対策にもってこいの食材と言われています。甘辛い味つけにすることでゴーヤの苦みが和らぎます。ご飯のおかずにピッタリな1品です。

このレシピのキーワード

#おかず

#おつまみ

#主菜

#焼き物

カロリー

157kcal

所要時間

25分

準備時間:5分
調理時間:20分

材料

人前 +

ゴーヤ(中) 1本
木綿豆腐 150g
玉葱 15g
小麦胚芽(小麦粉でもOK) 2 小さじ
少々
黒胡椒 少々
☆醤油 2 大さじ
☆水 1 大さじ
☆きび砂糖 1.5 大さじ
☆日本酒 1 小さじ
片栗粉 適量
胡麻油 適量
お好みでクコの実 適量

栄養素

※1人前あたり

開く
エネルギー157kcal
炭水化物16.4g
タンパク質8g
脂肪6.8g
飽和脂肪酸0.97g
多価不飽和脂肪酸2.94g
一価不飽和脂肪酸1.74g
コレステロール0mg
食塩相当量1.72g
カリウム456mg
食物繊維3.6g
糖質12.7g
カルシウム89mg
1.7mg

作り方

  1. ゴーヤを1cm幅にカットし、種とワタをきれいに取り除く。

  2. ボウルに豆腐(しっかり水切りしておく)、玉葱(軽く塩揉みし水気をしぼっておく)、塩、黒胡椒、小麦胚芽を入れて捏ねる。

  3. ゴーヤに3を詰め、片栗粉を全体にまぶす。

  4. フライパンに胡麻油をひき、両面色付くまで中火で焼く。

  5. ☆を混ぜた調味料を入れて、ゴーヤに絡ませたながら水分が少なくなるまで煮立たせて完成です。

ゴーヤはやや厚めに切ると豆腐が詰めやすくなり、心地よい歯ごたえが楽しめます。
※レシピの無断転載・盗用はご遠慮下さい。
このレシピをクリップする
レシピ一覧へ


お気に入りのレシピを手軽に”クリップ”

クリップはお気に入りのレシピを保存できる機能です。
ご利用には無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら

会員の方だけにお届けする限定レシピ

会員限定レシピをご覧いただくには無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら