イタリアン 2021.12.09 [thu]

トレビス(ラディッキオ)のリゾット

サラダで食べられる事が多く、普段あまりメインでは使わないトレビス(ラディッキオ)をメインにした、ほろ苦さが美味しい北イタリア冬の定番リゾットです。

トレビスとは、紫キャベツのような見た目ですが、チコリの仲間で、葉が柔らかく食べやすいのが特徴のお野菜です。冬に旬を迎えますが、近年は年間通してスーパーでも取り扱われている事が多くなりました。その彩りが食卓を華やかにしてくれますよ。見かけられた際はぜひ手に取ってみて下さい。

このレシピのキーワード

#ごはんもの

#メイン料理

#主菜

#主食

カロリー

423kcal

所要時間

30分

準備時間:
調理時間:30分

材料

人前 +

トレビス(ラディッキオ)
1玉(250g)
オリーブオイル
1 大さじ
玉ねぎ
1/2個
生米
200g
赤ワイン
2 大さじ
熱い野菜出汁
700ml
適宜
こしょう
適宜
ニュートリショナルイースト
1 大さじ

(とろみが足りないとき)

片栗粉
1/2 小さじ

栄養素

※1人前あたり

開く
エネルギー423kcal
炭水化物86g
タンパク質7.5g
脂肪5.2g
飽和脂肪酸0.85g
多価不飽和脂肪酸0.66g
一価不飽和脂肪酸3.17g
コレステロール0mg
食塩相当量0.5g
カリウム471mg
食物繊維3g
糖質86.7g
ビタミンA2IU
ビタミンC8mg
カルシウム32mg
1.3mg

作り方

  1. トレビスを洗って水気を取り、切っていきます。

    radicchio01
  2. 葉の赤い柔らかい部分はザックリ一口大サイズに、白い部分は小さく切ります。

    radicchio02
  3. フライパンを熱してオリーブオイルを加えて玉ねぎが透き通るまで炒めます。

    radicchio03
  4. 米を加えて白っぽくなるまで3分ほど炒めます。

    radicchio04
  5. ワインを加えて混ぜながら炒めてアルコールを飛ばします。

    radicchio05
  6. トレビスを入れて全体を混ぜ合わせたら、お玉2杯程の熱い野菜出汁を加えます。

    radicchio06
  7. フライパンの水分がなくなってきたら、その都度お玉1杯程度の出汁を加えて混ぜながら、弱めの中火で調理します。

  8. 米が柔らかくなり、少し歯ごたえが残る程度(アルデンテ)まで調理したらニュートリショナルイースト、塩、こしょうを加えて味を整えます。

・とろみが足りないと感じたら、片栗粉を少量の水(分量外)で溶き、手早く混ぜ合わせてとろみをつけましょう。
※レシピの無断転載・盗用はご遠慮下さい。
このレシピをクリップする
レシピ一覧へ

お気に入りのレシピを手軽に”クリップ”

クリップはお気に入りのレシピを保存できる機能です。
ご利用には無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら

会員の方だけにお届けする限定レシピ

会員限定レシピをご覧いただくには無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら