和食 2019.12.15 [sun]

濃厚!とろける豆乳湯豆腐

湯豆腐を豆乳出汁で濃厚に仕上げたので、普段とは違う湯豆腐をお楽しみ頂けます。出し汁に入れた重曹には、たんぱく質を分解する効果が有るので、豆腐は溶け出して、豆乳に戻る作用が生じる為、具材の豆腐と油揚げは角が無くなり、トロトロになります。具材だけでなく、煮汁も美味しい&タンパク質の摂取にもなるので、最後の1滴までお召し上がり下さい。

このレシピのキーワード

#たんぱく質

#副菜

#鉄分

カロリー

188kcal

所要時間

25分

準備時間:5分
調理時間:20分

材料

人前 +

豆腐(お好みの種類で) 1丁(400g)
油揚げ 1枚
春菊 適量
柚子 適量
塩昆布 適量

<豆乳出し汁>

無調整豆乳 300㏄
☆水 200㏄
☆昆布だし 1 小さじ
☆昆布茶 1/2 小さじ
重曹 1 小さじ

栄養素

※1人前あたり

開く
エネルギー188kcal
炭水化物10.5g
タンパク質16.1g
脂肪9.1g
飽和脂肪酸1.44g
多価不飽和脂肪酸4.76g
一価不飽和脂肪酸1.68g
コレステロール0mg
食塩相当量0.96mg
カリウム701mg
食物繊維1.6g
糖質8.6g
カルシウム164mg
3.7mg

作り方

  1. 春菊を水洗いして、食べやすい長さに切ります。

  2. 豆腐を4~8等分位(とろけるので大きめ目)に切り分けます。油揚げは、油抜きをして4~8等分に切り分けます。

  3. 柚子を水洗いして、皮目を削ぎます。

  4. 土鍋に2、☆を入れて弱火~中火で煮ます。煮立ったら消火して、重曹を一気に入れます。(泡立ちますが、驚かないで下さい)

  5. 再度、点火して極弱火で沸騰しない様に気を付けながら10分位煮ます。(豆腐と油揚げの角が溶け出して、白濁します)

  6. 5に豆乳を注ぎ入れ、フツフツと煮えてきたら3を添えて出来上がりです。1は、すぐ煮えるので、お好みのタイミングで入れて下さい。

    ※食べている時に物足りなければ、塩昆布を添えて下さい。

・重曹を入れてから長時間煮ると豆腐が無くなり豆乳になるので、お好みのとろけ加減でお召し上がり下さい。(豆乳無しで水だけでも、トロトロになります)
・具材は、お好みの具材(椎茸やネギ、水菜など)にアレンジして下さい。
・表面にできる膜は湯葉なので、お召し上がり頂けます。
・重曹は多すぎると、苦味が出てきます。少なすぎると、とろけにくくなります。
※レシピの無断転載・盗用はご遠慮下さい。
このレシピをクリップする
レシピ一覧へ


お気に入りのレシピを手軽に”クリップ”

クリップはお気に入りのレシピを保存できる機能です。
ご利用には無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら

会員の方だけにお届けする限定レシピ

会員限定レシピをご覧いただくには無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら