和食 2019.11.29 [fri]

カブと柿のマリネ

旬の食材は栄養満点!旬のカブと柿を使ったマリネを紹介します。切って和えるだけの簡単レシピですが、テーブルが華やかになりますよ。

ガーリックがほどよく効いて、白ワインのおつまみとしてもおすすめです。

このレシピのキーワード

#おつまみ

#副菜

#常備菜

カロリー

88kcal

所要時間

10分

準備時間:5分/ベンチタイム:60分
調理時間:5分

材料

人前 +

小カブ 2株
1/2個
サンチュ 2枚
★にんにく 1片
★レモン汁 1 大さじ
★オリーブオイル 2 大さじ
★黒コショウ 少々

栄養素

※1人前あたり

開く
エネルギー88kcal
炭水化物8g
タンパク質0.6g
脂肪6.2g
飽和脂肪酸0.82g
多価不飽和脂肪酸0.48g
一価不飽和脂肪酸4.46g
コレステロール0mg
食塩相当量0.01mg
カリウム221mg
食物繊維1.5g
糖質6.6g
カルシウム20mg
0.2mg

作り方

  1. 今回の材料です。

    白×オレンジ×緑で材料を揃えた時点ですでにコントラストがキレイです。

  2. カブの皮は薄いのでキレイに洗えば剥かなくてもOKですが、早く食べたかったので、皮をむいて味が早く浸みこむようにしました。

    柿も皮を剥きます。

    サンチュはみじん切りにしておきます。

  3. ボウルにマリネ液を作ります。

    にんにくは1片分をみじん切りに。レモン汁、オリーブオイル、黒コショウ少々を入れてよく混ぜ合わせます。

  4. マリネ液が合わさったら、薄切りにしたカブと薄切りにした柿、みじん切りのサンチュを投入します。

  5. 柿が柔らかいのでつぶしてしまわないように、大きめのスプーンでざっくり混ぜ合わせます。

  6. 冷蔵庫で1時間ほど味をなじませたら完成です!

彩りがキレイで、おもてなしの前菜にもおすすめです。
生のにんにくのみじん切りを使うことで、ピリリとした辛みが出ます。白ワインによく合います。
辛みを抑えたい場合は、チューブのにんにくで代用してください。
今回は、栄養価を考えてサンチュにしましたが、カブの葉を使ってもOKです。
※レシピの無断転載・盗用はご遠慮下さい。
このレシピをクリップする
レシピ一覧へ


お気に入りのレシピを手軽に”クリップ”

クリップはお気に入りのレシピを保存できる機能です。
ご利用には無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら

会員の方だけにお届けする限定レシピ

会員限定レシピをご覧いただくには無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら