Northern Terrace Diner(ノーザンテラスダイナー)

ブレックファスト6:30~10:00、ランチ11:30~14:00、アフターランチ14:00~17:00、ディナー17:00~22:00

都道府県
北海道
エリア
札幌駅・大通
ジャンル
洋食 カフェ・スイーツ
平均予算
ランチ : 2,000円~3,000円
営業時間
6:30~10:00、11:30~22:00 L.O
ランチ : 11:30~14:00 ディナー : 17:00~22:00
定休日
なし
電話番号
011-261-3376(予約可)
住所
〒060-0001 札幌市中央区北1条西4丁目 札幌グランドホテル1階
地下鉄さっぽろ駅または地下鉄大通駅から徒歩5分、JR札幌駅から徒歩10分
支払い方法
現金、各種カード可
座席数
191席
駐車場
URL
https://grand1934.com/restaurant/northern-terrace-diner/
  • veganメニューあり
  • ベジタリアンメニューあり
  • 英語メニューあり

 

食や観光、ビジネスの急速なグローバル化が進み、特にハイグレードなホテルのレストランではヴィーガンやハラルその他食文化や嗜好、宗教の違い等から生じる様々なリクエストに柔軟かつ適切に応えてもらえるのがごく普通のこととなってきました。しかし、札幌市内に所在するホテルの現状として、レストランでヴィーガンに対応した食事を提供してもらいたい場合、あらかじめ連絡や相談が必要なホテルも少なくないようです。よって、ふらっとレストランに入ってヴィーガン対応食をオーダーしても(多くの場合ホテルスタッフは最大限の努力をしてくれるとは思いますが)準備に時間を要してしまったり、ともすると状況次第では対応してもらえないケースさえあるかもしれません。

そのような中、ヴィーガン対応食がレギュラーメニューとしてしっかり位置付けられている札幌グランドホテルの「Norther Terrace Diner」は、ヴィーガン実践者にとって便利でありがたいレストランと言えるでしょう。

 

 

今年開業85周年を迎える札幌グランドホテルは、札幌屈指の歴史と伝統を誇る老舗です。洋食レストラン「Norther Terrace Diner」は駅前通り側の入口を入ってすぐ左手にあります。

 

 

レストランのエントランスからはハイグレードなホテルに相応しい格調の高さが感じられます。

 

 

レストランの内部はかなり広く、テラス席やホール席、カウンター席と個室を合わせて200席近くのキャパシティがあります。ホールの女性クルーは皆丁寧で洗練されたサービスを提供してくれます。店内の清潔さも含め、非常に気持ちよく食事ができる空間です。

 

 

動物性食品を一切使用していないヴィーガン対応メニューは、ベジタリアンメニューとして一目で分かるよう“V”マークが示されています。

 

 

今回は軽食メニューから「彩り野菜とトマトのミルフィーユグラタン(税込1250円)」をオーダーしました。ランチからディナーまでのいずれの時間帯でもオーダー可能なヴィーガンメニューです。

 

 

まず目を引くのが、かぼちゃ・かぶ・トマトのフレッシュさです。野菜のツヤや色彩の鮮やかさから食材の持つポテンシャルの高さが伝わってきます。少しアップしてみると――

 

 

こんな感じです。オリーブオイルと塩によるシンプルな味付けで、野菜本来の甘みや旨味を存分に味わうことができます。素材の良さに自信があるからこそ、の一品と言えるでしょう。なお、底には粗めにハッシュされたじゃがいもが敷きつめられていますが、ほくほくした食感が際立っていてこれまたおいしかったです。

 

「Norther Terrace Diner」は都市機能の集中する札幌駅~大通地区に立地しているという特性上、仕事等でスケジュールがタイトな状況でも足を運びやすい利便性の高さがうれしいレストランです。また、お洒落なヴィーガンカフェは入るのにちょっと勇気が要る……と気後れしてしまう男性にとっても入りやすい雰囲気なので有力な選択肢になり得るでしょう。