洋食 2019.08.22 [thu]

白ワインに合う!きのこと蒸し豆のアヒージョ

アヒージョと言えば、エビなどの魚介類や鶏肉などが入っているものが多いですが、ヴィーガン用は、お肉や魚介類の代わりに蒸し豆を使ってボリュームアップ。今回は、失敗しようのないきのこと市販の蒸し豆だけを使っている、初心者向きのレシピで、白ワインととっても合う一品です。アヒージョが初めての方でも、安心してチャレンジできますよ♪

このレシピのキーワード

#ワインのおつまみ

#副菜

カロリー

194kcal

所要時間

30分

準備時間:10分
調理時間:20分

材料

人前 +

お好きなきのこ 適量
市販の蒸し豆 3 大さじ
オリーブオイル 6 大さじ
スライスガーリック 1かけ
輪切り唐辛子 10個
粗びきの天然岩塩 適量
黒コショウ 適量

栄養素

※1人前あたり

開く
エネルギー194kcal
炭水化物3.6g
タンパク質2.6g
脂肪19.2g
飽和脂肪酸2.54g
多価不飽和脂肪酸1.88g
一価不飽和脂肪酸13.59g
コレステロール0mg
食塩相当量0.99g
カリウム182mg
食物繊維2.2g
糖質1.4g
カルシウム8mg
0.3mg

作り方

  1. スライスガーリックは水で戻しておく。

    (生のニンニクは使い切る自信がないので、いつもスライスの乾燥したものを使っています。)

  2. 水戻ししたら、水気をしっかり切り、細かく刻んでおきます。

    (包丁とまな板を使うと匂いがついてしまう&洗うのが面倒なので、キッチンペーパーで水切りをする時に、同時にフォークなどで刻んでしまうとラクちんです。)

  3. えのきはいしづき(写真の一番右の束の部分)を除き、芯の部分だけ(中央の3つのブロック)を使う。

    芯は1.5mm幅くらいにカットしておく。

    (芯ではない、左側の部分を使っても勿論OKですが、芯の部分は栄養価が高く、ホタテのような味わいをほんのり出してくれるので、煮込み料理やコクを出したい時にはおススメです。)

  4. えのきの芯とほかのキノコは食べやすい大きさに割いておく。

    (エリンギは包丁で切るより手で割いた方が味がしみやすいです。)

  5. スキレットや小鍋、小さなフライパンなどにオリーブオイル、ニンニク、唐辛子を入れ、弱火にかける。すぐにきのこも入れる。

    (ニンニクが少し苦手な人や、食後にニンニク臭を残したくない人は、きのこを入れる前に、ニンニクが色づいて、オリーブオイルにニンニクの風味が映ったら、取り除いてしまってもOK)

  6. キッチンペーパーの上に蒸し豆を出し、水分を拭き取る。

  7. きのこに少し火が通ってしんなりし、嵩が減ってきたら、蒸し豆を入れて混ぜ合わせ、更に弱火で5~10分煮る。

    全体に火が通ったら、塩コショウで味を整えて完成!

<参考>

  1. 今回使った蒸し豆は、こちらのフジッコのプチ蒸し豆です。

    スーパーで100円くらいでした。

★アヒージョと一緒に食べるものと言えば、バゲットやクラッカーなどが主流ですが、糖質制限中は、レタスやサンチュにくるんで食べれば、大幅な糖質&カロリーカットになります♪
★1人分を作りたい場合は、あらかじめフライパンに小さじ1程度のオリーブオイルでニンニク、唐辛子、きのこを炒め、しんなりして嵩が減ったら小さなココット皿などに移し、蒸し豆を入れ混ぜ、小さじ2~3のオリーブオイルを足して、200℃のオーブンで10~20分焼くと良いでしょう。
★味付けは、最後に塩コショウをするだけで、しかもアツアツなので味見もしづらく、味が薄く感じるかも知れません。
ヒマラヤ天然岩塩などであれば、小さじ2分の1くらいを目安にして、薄ければ、食べながら足しても大丈夫なので、入れ過ぎには注意しましょう。
(クレイジーソルトなどを使っても美味しいです。)
★白ワインならコクがあり樽感のあるシャルドネなどが合いますよ♪
★今回のきのこはまいたけ・エリンギ・えのきの芯を合わせて150g使いました。
※レシピの無断転載・盗用はご遠慮下さい。
このレシピをクリップする
レシピ一覧へ


お気に入りのレシピを手軽に”クリップ”

クリップはお気に入りのレシピを保存できる機能です。
ご利用には無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら

会員の方だけにお届けする限定レシピ

会員限定レシピをご覧いただくには無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら