和食 2021.01.22 [fri]

鳴門金時の煮物

さつまいもは食物繊維が多く含まれており、特に不溶性食物繊維のセルロースが多く含まれています。腸内の水分を吸収して便の容量を増やし、腸のぜん動運動を促し、排便をスムーズにするそうですよ。

このレシピのキーワード

#副菜

#煮物

カロリー

157kcal

所要時間

15分

準備時間:0分
調理時間:15分

材料

人分 +

さつまいもの鳴門金時 300g
砂糖 5 大さじ
醤油 3 大さじ
3 大さじ
300ml
胡麻(飾り用) 適量

栄養素

※1人前あたり

開く
エネルギー157kcal
炭水化物34.5g
タンパク質1.8g
脂肪0.5g
飽和脂肪酸0.06g
多価不飽和脂肪酸0.13g
一価不飽和脂肪酸0.1g
コレステロール0mg
食塩相当量1.62mg
カリウム405mg
食物繊維1.8g
糖質32.8g
カルシウム36mg
0.7mg

作り方

  1. 鳴門金時の皮をたわしなどで綺麗に洗います。そのあと、ピーラーで皮を1/3くらい残すように皮を剥きます。

  2. 1㎝幅の輪切りにします。

  3. 鍋に入れて、お水を加えて火をつけます。

  4. 沸騰してきたら、調味料を全部入れて強火で煮ていきます。

  5. 水分が少なくなり、竹串でスッと刺されば完成です。

煮ている時は水分を飛ばす目的もあるので、蓋はしないで下さい。
お芋をひっくり返すのは1~2回にとどめ、やり過ぎるとお芋が崩れますので注意して下さい。
このレシピをクリップする
レシピ一覧へ


お気に入りのレシピを手軽に”クリップ”

クリップはお気に入りのレシピを保存できる機能です。
ご利用には無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら