日本料理 まるやま かわなか

日本料理の名店で絶品の野菜寿司に舌鼓!

ヴィーガン対応は事前の予約が必要です。

都道府県
北海道
エリア
円山公園・琴似・中央区・西区・手稲区
ジャンル
和食
平均予算
ランチ : 1,000円~2,000円 ディナー : 4,000円~5,000円
営業時間
ランチ : 11:00~15:00 ディナー : 18:00~22:30(L.O.22:00)
定休日
火曜日
電話番号
011-643-7727(予約可)
住所
〒064-0801 北海道札幌市中央区南1条西25丁目2−22 B1階 パケット
札幌市営地下鉄東西線「円山公園駅」4番出口から徒歩1分
支払い方法
現金、各種カード可
座席数
26席
駐車場
近隣にコインパーキング有
URL
http://maruyama-kawanaka.seesaa.net/category/10855463-1.html
  • vegan対応可

 

これまでの北海道ヴィーガン対応店紹介でも多くのお店を紹介してきた札幌・円山エリア。その円山で日本料理店を営む「日本料理まるやまかわなか」は、昔からお手頃な価格で本格的な日本料理を堪能できると有名なお店です。ここでは事前予約にてヴィーガン対応ランチが食べられるとのことで、早速行ってみました。

 

 

店内は、オープンキッチンに面したカウンター席とゆっくり落ち着いた雰囲気で食事を楽しめるテーブル席に分かれています。

 

 

ヴィーガン対応ランチは要事前予約で、「八彩(やさい)弁当」(1,900円・税込)。こちらは、炊き合わせとお惣菜8品、野菜寿司、甘味、コーヒーか紅茶のコースランチとなっています。

 

まずは、野菜の炊き合わせ。

 

 

春を感じる綺麗なお皿の上には、彩り豊かな野菜がたっぷり。

手前中央は「野沢菜の桜蒸し」とのこと。見た目はまさに桜餅です。口に運んでみると、桜餅の中に塩っ気の効いた野沢菜が入っていました。まさに春を感じる一品です。

 

そして、本日のお惣菜8品と野菜寿司がやってきました。

 

 

見た目も華やかで、季節を感じさせる料理が並びます。

 

この日のお惣菜8品は、こちらです。

 

 

青さの天ぷらや厚揚げと小松菜の煮浸しなど、見てすぐに何かわかるお惣菜もあれば、豆乳のおかき揚げや豆腐で作られた「さわらもどき」など、見た目だけではどんな味か想像できないような不思議なお惣菜も並び、料理を口に運ぶのが楽しくなってきます。

 

そして野菜寿司。

 

 

見た目にも綺麗なお寿司ですが、シャリの上に乗っているのが全て野菜。手前から、茄子・しいたけ・オクラ・ニンジン・レンコン・トマトです。お寿司を見てもわかるように、野菜にはそれぞれ野菜の素材の味を引き出すアクセントが添えられています。

 

こちらは、オクラ寿司。アクセントに梅肉が添えられています。

 

 

口に入れた瞬間、まずはふわっと梅の香りが。その後オクラの食感と粘り気、そして梅の酸味が合わさり、噛めば噛むほど味の変化を楽しむことができるのです。

 

こちらはレンコン寿司。アクセントには白胡麻が添えられています。

 

 

こちらのレンコンは、梅で色出しされているためほんのりピンク色なのが特徴的。口に入れると優しい酸味が広がります。レンコンの食感と鼻に抜ける梅の香り、そして噛んだ瞬間存在感を出す白ごまの香ばしさが相まって、こちらも口の中での味の変化が楽しい一品です。

 

そして食後は、甘味付き。飲み物はコーヒーか紅茶を選ぶことができます。

 

 

この日の甘味は、お汁粉でした。ちょうど良い甘さが口の中に広がり、心もお腹も大満足です。

 

このお店のテーマは「地産の食材を生かし、味わい深く趣豊かな日本料理を気取らずリーズナブルに」。本格的な日本料理を味わえ、かつヴィーガン対応のお店は、まだそう多くありません。ぜひヴィーガンの方も、日本料理の真髄を気軽に楽しめる店「日本料理まるやまかわなか」で絶品の日本の味を味わい尽くしてみてください。