和食 2019.11.06 [wed]

椎茸と昆布の旨味がたっぷり♪山芋と麩のあったか汁

干し椎茸と昆布でとっただしで作る贅沢なあったか汁です。シンプルな味付けですが、素材の旨味をたっぷりといただけます。

さまざまな具を入れることで栄養バランスがよくなり、便秘改善、血糖値上昇の抑制、抗酸化作用、美肌効果、ダイエット効果、コレステロールの低下など、美容と健康に嬉しい効果が期待できます。

このレシピのキーワード

#汁物

#食物繊維

カロリー

81kcal

所要時間

17分

準備時間:10分
調理時間: 7分

材料

人前 +

山芋 1パック分
人参 1/2本
えのき 1袋
油揚げ 小1枚
ゴボウ 1/2本
白菜 2~3枚
適宜
とろろ昆布 適宜

<だし用>

☆干し椎茸 6枚
☆昆布 約10cm
☆水 1000cc

<調味料>

1 大さじ
みりん 1 大さじ
醤油 1 大さじ
1 小さじ

栄養素

※1人前あたり

開く
エネルギー81kcal
炭水化物20.3g
タンパク質5.4g
脂肪0.8g
飽和脂肪酸0.11g
多価不飽和脂肪酸0.32g
一価不飽和脂肪酸0.03g
コレステロール0mg
食塩相当量2.32g
カリウム646mg
食物繊維8.6g
糖質11.8g
カルシウム28mg
0.9mg

作り方

  1. 鍋に☆の材料を全て入れて、半日程度おく。

  2. 戻した椎茸は薄切り、人参と山芋は厚めのいちょう切りにする。

    (人参の皮はむかずに使用します)

    えのきは3等分にカットする。麩を水で戻しておく。

  3. だしに人参を入れて中火にかけて、柔らかくなるまで煮る。山芋、えのき、椎茸を入れてひと煮立ちさせたら調味料と麩を加えて、さっと煮て火を止める。(ぐらぐら煮すぎない)

  4. 器に盛り、とろろ昆布をのせて完成。

だしに使った昆布も捨てずに炊き込みご飯やひじき煮などに入れて活用できます。
大根、ごぼうなどを入れるのもおすすめです。
麩を入れることで、ヴィーガンで不足しがちなたんぱく質も摂ることができるうえ、見た目も可愛いのでお好みの麩を使って下さいね。
※レシピの無断転載・盗用はご遠慮下さい。
このレシピをクリップする
レシピ一覧へ


お気に入りのレシピを手軽に”クリップ”

クリップはお気に入りのレシピを保存できる機能です。
ご利用には無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら

会員の方だけにお届けする限定レシピ

会員限定レシピをご覧いただくには無料の会員登録が必要です。
ログイン後はどなたでもご利用いただけます。

会員登録する
既に登録済みの方はこちら