スーパーで買える食用きのこの種類

私たちの身近な食材の一つとして、種類が増えてきている“きのこ”。秋になると、きのこ狩りに行く人もいるでしょう。しかし、一歩間違えば、とても危険な食材です。間違えて毒きのこを食べてしまえば、たいへんな事に・・・。ここでは、食用きのこの種類と、その魅力に迫ってみましょう。

きのこの種類

きのこの旬はやはり「秋」。天然に生えているきのこは9月~11月に旬を迎えますが、近年では栽培されているものが多く、年間通して手に入りやすいのも特徴のひとつ。価格も年間通してあまり変動がなく、経済的でありながら、料理に旨味を引き出してくれたり、栄養価も高いので、食卓では重宝する存在です。今回は一般的にスーパーで売られているきのこを中心に、どういった種類のきのこがあるのかご紹介します。

エノキタケ(白)

日本国内でのきのこの生産量ナンバーワンであり、1928年に栽培に成功。平均すると、国民一人当たり、年間1㎏以上は食べていると言われている人気のきのこ。市販のエノキタケは、光を当てずに作られたものであり、その為、白色をしている。

エノキタケ(茶)

最近では、よく見る様になった茶色のえのきたけ。これは、種菌が野生エノキタケに近い為、茶色く、ヌメリがあるのだという。

ブナシメジ(茶)

一般的に、シメジと言われるものとは別物であり、本物のシメジは、生きた木に宿るもので、高級品である。ブナシメジは、死んだ木に生える菌である。

ブナシメジ(白)

通称“ブナピー”。ブナシメジを品種改良

したものである。

シイタケ

現在は、人工的に作られるものが多い。生産量はエノキタケよりも少ないが、価格もやや高い為、生産額では一位である。生で食べると、全身に湿疹が出る、シイタケ皮膚炎を発症する場合がある為、生食や生焼けに注意が必要である。

エリンギ

ヒラタケの仲間であり、イタリアやフランスを原産とするきのこ。日本でも、1993年より人工栽培が開始されている。生食も可能であるらしいが、青酸化合物を含んでいる為、加熱する事をオススメします。

マイタケ

1990年より栽培され始め、安価で購入しやすいきのこであるが、天然マイタケは、今でも高級品である。

白マイタケ

マイタケに近い菌であり、なんとなく高級に見えるが、意外とお手頃価格で購入できる。マイタケは調理すると、他の食材や煮汁に色が移り、黒ずんでしまうが、白マイタケはその心配がない為、使いやすく、密かな人気である。栄養価も、マイタケと同等である。

ナメコ

スーパーで売られているのは、バラでパック詰めされたものが多いが、菌床付きのままで売られているのであれば、確実にその方が美味しいので、是非、オススメしたい。

マッシュルーム

ヨーロッパ原産のきのこ。ホワイト、オフホワイト、クリーム、ブラウンの四種があり、日本でも1922年に栽培が成功し、国内で生産される様になった。マッシュルームに関しては、生でも安全に食べられる為、サラダなどにスライスして入っている事も多い。

ヒラタケ

日本産のヒラタケと西洋のキノコを交配したものが、ヒラタケとして売られている。天然物は、他の毒きのこに似ている為、注意が必要。

キクラゲ

中華料理でおなじみのキクラゲ。スーパーで流通しているのは、ほとんどが乾燥キクラゲで、その大部分が輸入のものである。近年では、国内での栽培も増え、スーパーでも、生キクラゲを購入できる様になってきている。生キクラゲは、乾燥キクラゲにはない、プリプリ感と肉厚があり、とても美味しいものである。

 

まとめ

きのこは人工栽培が多い為、年間を通して、生産量が安定しています。また、価格の変動も少なく、比較的安価で購入しやすい食材であり、料理にも幅広く使え、栄養価にも優れています。現在、スーパーに売られているきのこは、今回紹介したものがほとんどかと思いますが、珍しい食用きのこが販売されている様でしたら、是非、食べてみて下さい。

きのこは、種類も多く、味も一つ一つ違う、魅力的な食材です。

関連記事