ヴィーガンにはたくさんの種類がある 自分にあった菜食主義を実践しよう

ヴィーガンは肉や魚を食べない食生活です。ただ、ヴィーガンのなかでも、洋服は羊毛のものを着たり、着なかったりする人に分かれます。また、平日は付き合いなどで肉や魚を食べても、週末はしっかりとヴィーガンを実践するという人もいます。

つまり、ヴィーガンと一口で言っても、実はいくつかの種類があるのです。また、そもそもヴィーガンも、基本的な菜食主義であるベジタリアから生まれています。今日はヴィーガンやベジタリアンにおける種類と、その内容について見ていきましょう。

そもそもヴィーガンはベジタリアンから始まった

おいしい, サラダ, ダイエット, ビーガンの無料の写真素材

ヴィーガンはもともと、ベジタリアンを行っている人のなかから結成され、作られました。

そもそもベジタリアンは19世紀のイギリスで生まれ「心身ともに健康で生きる」という目的から発足しました。ベジタリアンは肉や魚を食べず、乳製品や卵は本人の意思に任せ、植物性食品を中心とした食生活を行うことをいいます。

その後1944年に、英国ベジタリアン協会の中で乳製品や卵も食べない徹底した菜食主義の人が集まり、英国ヴィーガン協会が発足しました。ヴィーガンは健康を目的に肉や魚を食べない意味もありますが「すべての動物の命を尊厳する」という目的があります。

ベジタリアンの種類

キッチン, コック, フード, ベジタリアンの無料の写真素材

ベジタリアンには古い歴史があり、実践していくなかで多くのカテゴリーに分かれるようになりました。単に太りたくないから肉を控える、といった考えもあれば、宗教や哲学的な思想から肉や魚を控えるといった考えもあります。ここからは、ベジタリアンの代表する種類を見ていきましょう。

ラクト・ベジタリアン

ラクト・ベジタリアンは、肉や魚を控えるものの、牛乳をはじめとした乳製品は摂るタイプです。インドではピュアベジタリアンとも呼ばれ、乳製品を摂ることからカルシウムやビタミン Dが不足しにくいメリットがあるといわれています。洋服にもさほどこだわりがないため、羊毛や毛皮などを着ることもできます。また、ハチミツも気にせず摂取する人が多いです。

ラクト・オボ・ベジタリアン

ラクト・オボ・ベジタリアンは「卵と乳製品は食べても良い」とするベジタリアンです。乳卵菜食主義とも呼ばれ、卵と乳製品を摂れることから、タンパク質不足になりにくいといわれています。

また、ラクト・オボ・ベジタリアンは肉と魚を排除すれば手軽に実践できるので、初心者でも挑戦しやすいベジタリアンです。そのため、欧米におけるベジタリアンの多くは、このラクト・オボ・ベジタリアンだといわれています。

ペスコ・ベジタリアン

ペスコ・ベジタリアンは「卵と乳製品、そして魚も食べて良い」とするベジタリアンです。つまり、肉だけを避けるノンミートイーターといえるでしょう。

ただ、ペスコ・ベジタリアンを実践している人のなかにも、いろいろなこだわりがあります。例えば、魚は食べるものの乳製品や卵は食べないといったタイプや、添加物を含んだ食材は食べないといったタイプもいます。多くの種類の食材は食べるものの、添加物を含んだ食材は避け、オーガニック志向であることが多いです。

ポーヨー・ベジタリアン

ポーヨー・ベジタリアンは、「卵と乳製品、魚や鶏肉であれば食べて良い」というベジタリアンです。少しややこしいのですが、豚肉と牛肉といった畜肉は食べることができません

ちなみに鶏肉を食べることから、英国ベジタリアン協会はポーヨー・ベジタリアンや、魚を食べられるペスコ・ベジタリアンも、ベジタリアンとは認めていません。しかし、初心者にとっては食べられる食材が多いことから、まずはポーヨー・ベジタリアンから始めてみる、というのもありでしょう。

ヴィーガンにもさまざまな種類がある

produktwegański, インドア, ダイエット, テキストの無料の写真素材

ヴィーガンはベジタリアンの種類に分類されますが、植物性食品に徹底した完全菜食主義です。基本的に食べて良いものは、米や小麦などの穀物や、豆類、野菜といった植物性食品です。肉や魚、卵や乳製品はもちろん、蜂蜜や牛骨を使う白砂糖も食べてはいけません。そんなヴィーガンも、厳密には次のような種類に分けることができます。

ダイエタリーヴィーガン

基本的なヴィーガンですが、衣料品などにはこだわらないタイプです。食べ物は動物保護の観点からしっかりと植物性食品だけを食べるといった決まりがありますが、洋服に関しては動物の毛皮や羊毛が使われているものでも着ています。ヴィーガンを実践している人の多くが、このダイエタリーヴィーガンに属します。

フルータリアン

収穫により、植物を殺さない食べ物だけを食べるスタイルです。名前だけをみるとフルーツだけを食べるようにも見えますが、厳密にはそうではありません。植物の実や葉っぱだけを食べ、根はその植物が生き残るためにとっておきます。

例えばリンゴの木になった実は食べ、来年の収穫を楽しみに待ちます。しかし、大根の場合は根っこごと収穫してしまうので植物を殺すことになり、食べることができません。厳格なルールがある人の場合、熟して落ちた実しか食べないといったケースもあります。

 オリエンタルヴィーガン

オリエンタルヴィーガンは、植物性食品の中でも、ニラやニンニクなどネギ科の植物を避けるタイプです。これらの植物は五葷(ごくん)と呼ばれ、これらを食べると淫欲(いんよく)や憤怒(ふんぬ)が生じるとして、仏教徒では禁じられてきた歴史があります。そのためオリエンタルヴィーガンは、台湾菜食や精進料理などに通じることが多いです。

エシカルヴィーガン

エシカルヴィーガンは、ヴィーガンの中でも最も規制が多いスタイルと言えます。食事はもちろん、化粧品や衣類用品など全てにおいて植物性のものしか使用することができません。そのため、毛皮やダウン、ウールやシルク、革製品といった動物のものが原料になっているものは着ることができません。化粧品に関しても植物由来のものしか使うことができず、特に女性は、現状の日本ではまだまだ苦労しそうです。

分かりやすくまとめると

おいしい, お肉, さびれた, さびれているの無料の写真素材

ここまでのベジタリアンやヴィーガンについて、分かりやすく表でまとめると次のようになります。

ラクト・ベジタリアン 乳製品 ハチミツ 毛皮
ラクト・オボ・ベジタリアン
ペスコ・ベジタリアン
ポーヨー・ベジタリアン △鶏肉のみ
ダイエタリーヴィーガン
フルータリアン
オリエンタルヴィーガン
エシカルヴィーガン

ヴィーガンのほうが規制は厳しいものの、地球環境や動物を守る観点からすると、やはりヴィーガンのほうが目的を達成できるともいえますね。

はじめて菜食主義に挑戦する人は、自分がどのルールまで通用するかを考え、まずは規制のゆるいポーヨー・ベジタリアンから始めてみるのも良さそうです。

 まとめ 新世代のフレキシタリアンも

パンケーキ, フード, ペストリー, 朝ごはんの無料の写真素材

ヴィーガンやベジタリアンにはいろいろな種類があることが分かりました。ただ、ルールをガチガチに決めては長続きせず、食事自体が苦しくなってしまうかもしれません。

そのため、近年では「フレキシタリアン」という食生活にも注目が集まっています。それは「自分の都合によって自由に菜食主義を実行する」というタイプです。週末だけヴィーガンをする、ランチには肉を食べずベジタリアンを実践するなど、気軽に挑戦できるのが魅力です。

一見ちゃんとしたヴィーガンとはいえない行為ですが、多くの人が実践することにより肉食を減らし、地球環境にも貢献できるのではないでしょうか。

ヴィーガンは楽しく実践することも大切です。まずは自分にあった菜食ルールを決め、できることから始めていきましょう。

関連記事