~お菓子作りの基本道具~

お菓子作りを始めるには、道具を揃えなくてはなりません。お菓子作りの道具は、特殊なものもあり、それぞれのお菓子の特徴によって、使う道具も様々です。全部揃えるのはお金もかかるし、たいへんですよね。では、お菓子作りに使う基本の道具と、代用できるものを、同時に紹介致します。

お菓子作りのための道具

スケール(デジタル計り)

お菓子作りには計量がとても大事。厳密に計らなければ、失敗の元に。0.1gから計れるものにしましょう。

 

計量スプーン

大さじ(15cc)、小さじ(5cc)、小小さじ(2.5cc)の3種を揃えましょう。料理で使うものと同じものでOKです。

【代用】ペットボトルのフタ・・ペットボトルのフタは7.5ccと決まっています。

お菓子作りではあまりオススメできませんが、どうしても計量スプーンがない場合に、大さじ1/2分として使えます。

 

計量カップ

お菓子作りには、耐熱のものの方が液体を温める時に便利です。

【代用】お米用の計量カップ

・・・お米用の計量カップは180ccなので注意。

 

ボウル

直径23㎝程度のものが使いやすいです。メインボウル以外に、大中小揃えておきましょう。

 

ふるい

お菓子作りの必須アイテムです。カシャカシャできるタイプと、手でふるうタイプがあります。カシャカシャタイプは、慣れるまで上手に使いこなせない事もあるので、手でふるうタイプの方がオススメです。

【代用】ステンレスザル・・粉がザルにくっつきやすいので注意。

 

泡だて器

仕上がりが全く違うので、ワイヤーの本数は多いものが良い。

 

ゴムベラ

普段料理に使っているものでも構いません。

 

麺棒

生地を伸ばす時に使います。木製以外にプラスチック製のものもあります。

【代用】ラップなどの芯・・固めのものであれば代用できます。ラップ使用中の場合は、ビニール袋などをかぶせて使いましょう。

 

オーブンシート

使い捨てのものと、シリコン加工で繰り返し使えるものがあります。

【代用】天板に、植物性バターを塗って小麦粉をはたく。

 

ケーキクーラー

焼きあがったお菓子を置いて冷ますもの。

【代用】揚げ物バットの網・平らなザル・新聞紙+キッチンペーパー

 

クッキー型

シンプルなものから少し凝ったものまで、かなり多くの種類があります。

【代用】

厚紙+アルミホイル・・厚紙で〇や△や♡など、簡単な形であれば、ホッチキスで止めて形を作る事ができます。出来上がった厚紙型にアルミホイルをきっちり巻けば、型抜き用として使えます。

ペットボトルやプラスチック容器・・細いものであれば、上下切り落としてそのまま使えます。太いものは好みの大きさにカットして、ホッチキスで止めます。独自の型が完成します。

 

ケーキ型

種類は様々ですが、パウンドケーキに使う長方形のものがあれば、良いでしょう。鉄、耐熱ガラス、シリコン素材などがある。使い捨てものも種類が豊富です。

 

ハンドミキサー

長時間の泡立てが必要な場合は、便利です。

【代用】泡だて器

 

パレットナイフ

クリームを平らに塗る事ができ、デコレーションにも使われます。

【代用】細い包丁

 

カード(スケッパー)

切る、こねる、広げるなど、これ一つで実は、かなり多くの役割がこなせます。あると便利かも⁉

 

茶こし

ココアパウダーなど、最後の仕上げに使います。このひと手間でワンランクアップしたお菓子が仕上がります。

【代用】普段使っている茶こし・うどんてぼ

 

まとめ

お菓子作りで一番大切な事は、計る事です。計る為の道具は、お菓子作り用に準備した方が良いでしょう。混ぜる、伸ばす、焼く、そして仕上げの工程で使う道具は、キッチンにあるものでも案外代用する事ができます。①~⑪までは、準備した方がスムーズにお菓子作りができると思います。腕に合わせて、少しずつ道具を揃えてみてはいかがでしょうか。

関連記事