MENU

メディエットクリニックの評判は悪い?保険適用はないので価格に注意!

  • URLをコピーしました!

メディエットクリニックはオンライン診療でダイエットができる話題のクリニックです。しかし口コミを見ると「価格が高い」といった評価も多く、こちらのクリニックを利用してよいか迷う人もいるでしょう。

結論からいうと、メディエットクリニックは自由診療なので、一般的な医療機関の診察料金に比べると高いです。しかし医師のアドバイスのもとダイエットができるので、トータル的に見ると価格に満足している人もいます。

この記事ではメディエットクリニックの価格や医療ダイエットの種類などについて詳しく紹介します。医療ダイエットを検討している人はぜひ参考にしてください。

目次

メディエットクリニックは保険適用がないから少し高いという評判

メディエットクリニックは「GLP-1経口薬」を処方し、自然に食欲を抑えることでゆるやかなダイエットをサポートするクリニックです。オンライン診療をした後に薬が自宅に届くので、家にいながら手軽にダイエットを始めることができます。

しかし「GLP-1経口薬」は一般的に健康保険適用外の薬です。1錠あたりの価格も数百円することが多く、メディエットクリニックで販売されている薬も1か月分を頼むと、数千円~数万円程度のコストが掛かります

メディカルダイエットの料金は主に保険適用外

メディエットクリニックに限らず、医療ダイエットは基本的に保険は適用されず、全て自由診療です。糖尿病が原因の肥満で命に関わるようなケースは保険が適用されますが、そのようなケースは総合病院での診療になります。

しかし、オンライン診療を行うメディカルダイエットの場合は、基本的に保険は適用されません。そのため、内服薬を用いたダイエットの場合は、1か月あたり15,000~30,000円ほど掛かります。つまりメディエットクリニックが高いというより、医療ダイエットがそれなりにコストが掛かるのです。

 メディカルダイエットは本当に効果ある?利用者の口コミを確認

医療ダイエットを実践した人の口コミでは、概ね実践している多くの人が痩せています。内服薬でのダイエットは個人差があるものの、効果が出た人は1か月で6㎏も痩せていると報告されています。

一般的なダイエットで1か月に6㎏も痩せることはほとんどありません。仮にあるとすれば、断食など極端な食事制限をした時です。しかしメディカルダイエットは厳しい食事制限や運動を取り入れなくても痩せられる方法です。自分一人の場合なかなか痩せられない人は、一度メディカルダイエットのカウンセリングを申し込んでみてははいかがでしょうか。

メディカルダイエットの主な4種類の効果と副作用

メディエットクリニックで行っている医療ダイエットは、GLP-1経口薬を飲んで食欲を抑え、ゆるやかに体重を落とす方法です。

しかしメディカルダイエットにはこのほかにも多くの種類があります。ここからは、一般的に行われることの多いメディカルダイエットの種類について解説します。

  1. 脂肪溶解注射

脂肪溶解注射は気になる脂肪のある患部に注射をし、脂肪細胞を溶かす施術方法です。 「二の腕のみを細くしたい」といった部分痩せも可能であり、リバウンドしにくいです。

脂肪溶解注射の特徴

メリット脂肪吸引のような大きな手術をする必要がない 。
部分痩せが可能 。
デメリット注射後人によっては痛みやむくみ内出血が起こるリスクもある。
どのような人に向いているか狭い範囲の脂肪を取り除きたい、もしくは部分痩せをしたい人 
治療回数や料金相場3~5回。1㏄あたり約2,000円

  2. SGLT2阻害薬

SGLT2阻害薬は、内服すると尿から糖が排出されるお薬です。継続して服用することにより糖の吸収が阻害され、無理なく痩せることができます。体内の血糖値が下がるため、生活習慣病にお悩みの人にもメリットが大きいです。

SGLT2阻害薬の特徴

メリット食事制限をしなくても血糖値の上昇を抑え、無理なく痩せることができる
デメリット手の震えなど低血糖のリスクがある
どのような人に向いているか糖尿病予備軍の人、食事制限が苦手な人
治療回数や料金相場3か月ほど継続するのが望ましい。1日分あたり200~400円

 3. リパーゼ阻害薬

リパーゼ阻害薬は、脂肪の吸収阻害効果を持つ内服薬です。服用するとリパーゼというに脂肪酸を阻害し、体内につく脂肪の吸収を抑えることができます。 結果的に体に吸収されるカロリーの量を減らし、緩やかなダイエット効果をもたらします。

 リパーゼ阻害薬の特徴

メリットいつもと同じ食事でも脂肪吸収が抑えられる。
食欲を我慢しなくても痩せやすい。
デメリット下痢や脂肪便が出ることも
どのような人に向いているか注射や手術などのダイエットに抵抗がある人
治療回数や料金相場3ヵ月ほど継続すると効果がある。1か月あたり15,000円~

 4. 食欲抑制剤

食欲抑制剤は、服用することで脳の中枢神経に作用し食欲を抑える効果があります。日本の医療ダイエットの場合は「サノレックス」や「マジンドール」などの薬が代表的です。食べたい欲求を抑えることで食事の量が減り、結果的にダイエット効果をもたらします。

食欲抑制剤の特徴

メリット食欲を抑えることで健康的に痩せることができる。
リバウンドしにくい。
デメリットのどが渇く、便秘などの副作用あり
どのような人に向いているか食欲を抑えることが難しい人
治療回数や料金相場1~3か月ほどで効果が出やすい。月額20,000~30,000円ほど

メディエットクリニックの価格はコースや薬で決まる

メディエットクリニックの価格は、利用する人の体重目標や使用する薬によって異なります。そのため、具体的にいくらかをここで紹介するのは難しいです。

あくまでも参考例ですが、メディエットクリニックが処方するGLP-1経口薬には「リベルサス」という薬が多いです。リベルサスは1日1錠を1か月以上飲むのが一般的であり、薬の単位数が多いほど効果はアップします。リベルサスの平均価格は下表の通りです。

リベルサス種類1か月分における平均価格
リベルサス3mg7000円
リベルサス7mg17,000円
リベルサス14mg25,000円

医療ダイエットの場合、この薬代に加え診察代や宅配便の料金が掛かります。

メディエットクリニックの場合は始めにオンラインカウンセリングを行い、利用者の身長や体重、BMIや普段の食生活を聞いています。その上で体に無理のないダイエットを提唱し、利用者に合う服用回数などを決めています。

診察料と初月の治療薬が無料になる点がメディエットの大きなメリット

メディエットクリニックの大きなメリットは次の2点です。

  1. 初月の診察代金と薬代が無料
  2. 効果が出なかった場合は全額返金制度あり

メディエットクリニックの場合は、診察料金として通常1,650円掛かります。しかし初めて利用する人に限り、初月の診察料が無料になります。

無料で診察を受けるには、ウェブページからの予約が必要です。24時間申し込み可能なので、気になる人はぜひ診察予約をしてみましょう。申し込みプランによって、初月の薬代が無料になる特典もあります

解約時は返金保証もあるので安心して始められます!

メディエットクリニックの場合、申し込んだものの全く結果が出なかった人に対し「全額返金制度」を設けています。これにより、解約時に返金されるケースもあるので安心です。

全額返金制度に当てはまる人

  • 該当するプランを申し込んだ人
  • 初診時のBMIが22以上の人
  • 処方した薬を毎日欠かさず服用した人
  • 1か月間にわたり食事内容と体重測定の結果を報告した人
  • 申し込み時に返金制度適用の申し込みをした人

指定されたダイエットプランで1か月頑張ったにも関わらず、まったく体重が落ちなかった人には全額返金制度があります。

これはクリニック側にとってはかなりリスクの高い制度ですが、これができるのは「利用者を必ず痩せさせる!」という自信があるからこそできる制度でしょう。

もし過去にダイエットに失敗し続けてきた人は、最後のダイエットとしてメディエットのメディエットクリニックダイエットを選択肢に入れてみるのもアリです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次