MENU

ロウカット玄米は太る危険性がある?食べ続けたらダイエットに効果的か

  • URLをコピーしました!

ロウカット玄米とは、玄米の表面にあるロウ層と呼ばれる硬い表面を取り除いた玄米です。これにより一般的な玄米より食べやすく、栄養は一般的な玄米と同じようにとれるものとして人気があります。

しかしロウカット玄米は「たくさん食べると太る」とも言われています。本来ならダイエットに最適な玄米なのに、ロウカット玄米は本当に太ってしまうのでしょうか。ここではロウカット玄米のメリットやデメリット、普通の玄米と比べ何が異なるのかなど、詳しくご紹介します。

目次

ロウカット玄米は食べすぎると太る危険アリ!

結論から言うとロウカット玄米は食べ過ぎると太るリスクがあります。

ロウカット玄米が太る理由 

  • 普通の玄米よりも食べやすいためたくさん食べてしまう 
  • 一般的な玄米よりも腹持ちが悪い
  • 柔らかいため噛む回数が減ってしまう

玄米がダイエットに有効な理由の1つに、白米よりも硬くて噛む回数が増えることがあります。しかしロウカット玄米は白米のように食べやすく、さほど噛む必要がありません。また玄米よりも美味しさがあることから、つい食べすぎてしまう人が多いのです。こうしたことから、主食をロウカット玄米にしても、なかなかダイエット効果がでない人もいます。

ロウカット玄米と普通の玄米の違いは5つ

ロウカット玄米と普通の玄米の違いは、主に以下の5つです。

  1. ロウカット玄米の方が炊き上げる時間が短い 
  2. ロウカット玄米の方がもちもちとした食感で食べやすい 
  3. ロウカット玄米の方が消化が早い
  4. 栄養価は玄米のほうがやや高い
  5. 玄米のほうが価格は安い

ちなみに白米と玄米、ロウカット玄米の栄養を比べると以下のようになります。

100gあたり(炊く前)白米玄米ロウカット玄米
エネルギー356kcal350kcal354kcal
糖質77.1g71.3g50.1g
食物繊維 0.5g3g3.5g
カルシウム 5mg9mg6mg
ビタミン B 1 0.08mg0.41mg0.36mg
日本食品標準成分表より

カルシウムやビタミンB1は玄米の方が若干高いものの、ロウカット玄米における含有量も高く、さほど大きな違いはありません。しかも、太る原因である糖質の含有量は、ロウカット玄米がもっとも低いので、食べすぎなければダイエット効果は高いのです。

こうしたことを踏まえると、ロウカット玄米は普通の玄米のいいとこどりであり、白米に近い味を楽しみながらダイエットをしたい人に向いています。

ロウカット玄米を食べ続けた結果ダイエットに成功した人が多い

口コミではロウカット玄米を主食に置き換えたところ、順調に体重を減らしていることがわかります。どの人もしっかりと食事を取りつつ、無理のないダイエットができていますね。

ロウカット玄米は、白米に比べて食後血糖値の上昇度であるGI値・糖質・カロリーが低いです。そのため白米を食べるより痩せやすい体になります。

ロウカット玄米のメリット・デメリット

ここまでロウカット玄米のメリットをまとめると次のようになります。

  • 白米に比べGI値・糖質・カロリーが低いので、ダイエットに役立つ
  • 一般的な玄米よりも食べやすい
  • 含まれている栄養はほぼ玄米と同じ
  • 無洗米として販売されていることが多く、米を洗う必要がない

しかしその一方、ロウカット玄米には次のようなデメリットもあります。

  • 玄米よりも1㎏あたり50円~100円ほど高い
  • ローカットではなく「ロウカット」、表示により誤解されることが多い

ロウカット玄米をはじめて見た人の多くは「ローカット玄米」だと思い、カロリーが低い米だと思い込むことが多いです。

しかし冒頭でも紹介したとおり、ロウカット玄米は玄米についている「ロウ層」を取り除いたお米であり、非常にカロリーが低いお米というわけではありません。これを理解せず食べすぎてしまい、ダイエットに失敗してしまう人もいます。

ロウカット玄米の美味しい炊き方について

ロウカット玄米は、基本的に無洗米です。製造過程でとぎ汁のもととなる肌ヌカを取り除いているため、洗う必要がありません。ただし、おいしく炊き上げるためには、1時間ほど水に浸す必要があります。

ロウカット玄米の美味しい炊き方

  • 通常の白米のように計量カップで測って炊飯器に入れる
  • 同カップの1.5~2倍の水を入れる
  • そのまま1時間ほど浸水させる
  • 白米モードで炊飯して完了

ポイントロウカット玄米1合につき、計量カップ1.5~2杯の水を入れる。1時間ほど水に浸けてから炊く

また普段からロウカット玄米を食べている人のなかには、炊く時に天然塩をひとつまみ入れる人もいます。こうすることで甘みが引き立ち、より美味しいロウカット玄米になるそうです。 

毒性の心配はなし!残留農薬の危険性もありません

ロウカット玄米には「体に悪い農薬が含まれているのではないか?」という噂もあります。

なぜなら玄米に含まれている「アブシジン酸」という物質が原因であり、アブシジン酸は摂取することで体の免疫が低下する成分といわれています。

しかし、アブシジン酸の毒性についてはエビデンスがはっきりしておらず、一概に体に悪いとは言い難いです。

また、ロウカット玄米の多くは国産メーカーが作っており、国産の米は厳しい残留農薬の検査が行われていています。さらにロウカット玄米の場合は表面のロウ層を取り除いたお米です。仮に農薬が残っていても、ロウカットして加工されることによって農薬の影響を受けにくいお米となります。こうしたことから、ロウカット玄米には毒性や農薬のリスクはありません。

【ズルい】ロウカット玄米よりも効率的にダイエットする方法

ロウカット玄米はダイエットに役立つ食品ですが、食べ続けたからといって必ずしもダイエットに成功するわけではありません。一般的な玄米よりも美味しいので食べ過ぎてしまい、なかなかダイエット効果が出ない人もいるのです。

ダイエットの効果をすぐに実感したいのであれば、メディカルダイエットという選択肢があります。

メディカルダイエットの特徴
ご飯を我慢しなくてもダイエット効果がある
無理な食事制限やハードな運動は必要ない
脂肪吸引などの手術は必要ない
医師監修のもと安心安全なダイエット施術を受けられる
リバウンドのリスクがほとんどない

メディカルダイエットは医療ダイエットとも言われており、その人に合った痩せ方を、専門知識を持った医師がサポートしてくれるダイエットです。

なかでもクリニックフォアが行うメディカルダイエットは、実績件数49万件以上、これまで肥満に悩んできた多くの患者さんを救ってきたダイエット方法です。

クリニックフォアのメディカルダイエットの特徴
内服薬や漢方薬、注射薬などダイエットのプランが豊富
お腹周りをへこませたいなど、部分痩せも可能
オンライン診療が可能でクリニックに足を運ぶ必要がない
必要な薬は最短翌日に自宅に届く

クリニックフォアのメディカルダイエットなら、ロウカット玄米などの糖質制限をする必要はありません。普通の食事を取りつつ、自身の体にあったダイエット法を実践することで、確実なダイエット成果が出ます。

医師が処方する安全な内服薬や注射指導を受けられる上、日常生活における必要なアドバイスももらえます。そしてもちろん、ロウカット玄米を主食にして糖質を抑えた食事と併用することにより、さらなるダイエット効果にも期待できます。

今まで何をやっても痩せなかった、なるべく食事を我慢せずに痩せたいという人は、ぜひ一度クリニックフォアのメディカルダイエットに相談してみてください。きっとあなたの理想とする体を、スムーズに手に入れることができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次