ダイエット中の方必見!美しい体を手に入れるための必須栄養素

 ダイエット中の誤った糖質や脂質制限、カロリー制限は、どうしても栄養の偏りが出てきてしまいます。そうした食事はリバウンドに繋がりやすく、肌はボロボロになり、疲れは取れず、いくら綺麗になる為のダイエットは言え、不快な毎日が続いてしまいます。

そこで、体調をキープしながらダイエットをする為、体に必要な栄養素はどういうものなのかを見ていきましょう。

 

タンパク質

タンパク質は、人間にとって、とても重要な栄養素です。血液や筋肉のもととなり、生きていく上でのエネルギー源となるものです。

生まれながらの体質上、女性は男性よりも皮下脂肪が多く、筋肉がつきにくい為、ダイエットがうまくいきません。そして、ダイエットを始める事で、タンパク質の摂取量が減り、代謝も悪くなり、思う様にダイエットが成功しません。

タンパク質がもととなり、太くても細くても体を作り上げている為、ダイエット中には、必ず、タンパク質を意識して摂る様にしましょう。

高たんぱく質・低炭水化物の食事は、ダイエットに最もむいている方法と言えますが、食事に取り入れる食材が制限される為、食事の半分は野菜や海藻類やきのこで摂る事が推奨されています。

タンパク質を多く含む食材

高タンパク質ダイエットに役立つ食材は、次のとおりです。

黒豆

植物性タンパク質の中でも、とても優秀な食材。食物繊維も豊富であり、黒豆特有の黒紫色にある成分は、強い抗酸化作用のあるアントシアニン。非常に栄養価に優れている。

レンズ豆

食物繊維とマグネシウムが豊富であり、スープやトマトソースなどに、1カップ程度のレンズ豆を使用すると、1日の目標量の1/2量の食物繊維を摂る事ができる。

豆腐

植物性タンパク質源として最も使いやすく、レシピも豊富。調理方法により、毎日でも飽きずに食べられる食材であり、女性ホルモンの働きを活発にするイソフラボンやカルシウムなど、多種類の栄養を含んでいる。

ピーナッツ・アーモンド

高タンパク質であり、食物繊維やビタミンEを含み、ダイエット中のおやつとしてもオススメ。カロリーはやや高いので摂取量に注意。

枝豆

世界中で健康志向が注目される中、広く知れ渡っている枝豆。こちらも、食物繊維が豊富で、高タンパク質であり低糖質。脂肪の蓄積も防いでくれる嬉しい食材。

 

大豆製品の優秀なところは、動物性のタンパク質と比べ、食物繊維が豊富であり、様々な栄養素がバランスよく含まれています。ダイエット中に不足しがちなビタミンB群も含まれている為、一品で同時摂取ができる優れた食材です。

鉄分

ダイエット中の鉄分不足は、貧血や体のだるさに繋がります。ダイエットで運動を行う場合は、消費エネルギーが増える為、酸素を運び、エネルギーを作り出す鉄分が不足しがちになります。

 鉄分には2種類あり、動物性食品に含まれるヘム鉄と、植物性食品に含まれる非ヘム鉄。体内への吸収率は、ヘム鉄の方が数倍も良い為、植物性主体の場合は、摂取量の増加が必要となります。もちろん、大豆製品にも含まれていますが、特に含有率の高い納豆やホウレン草、小松菜や切干大根を摂取して、鉄分不足に陥らない様にしましょう

 

他、ビタミンやミネラルをバランス良く摂る事が前提ですが、大豆製品は、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維など、とても栄養価に優れた食品です。是非、ダイエット中には、大豆製品に活躍してもらいましょう。大豆製品だけでは、一日に必要な栄養はどうしても不足してしまう為、不足分は、適度な炭水化物や油、また、緑黄色野菜やキノコ、フルーツなどでしっかり栄養を補っていきましょう。

 

市販品を上手に利用しよう

忙しい方にとっては、栄養のバランスを毎食考えて食事を用意するのは意外と大変なもの。

そういった方には、手軽にたんぱく質などが補える商品もおすすめです。

ANOMA PROTEIN

↑こちらは動物性不使用!詳細はこちら

最近では上記の様な動物性を使用せず、環境にも配慮した商品も販売される様になりました。

有名菜食専門雑誌でも取り上げられた事もあり、今注目の商品だそうです。(ご興味のある方はバナーをクリックしてみて下さい)

上手に市販品を取り入れてストレスなく、かつ健康にダイエットに取り組みましょう。

関連記事